82件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

民間では、米フェイスブックがステーブルコイン(裏付け資産のある通貨)「リブラ」の発行計画を進めている。

米フェイスブックが計画している仮想通貨(暗号資産)「リブラ」がもたらしたIT企業によるデジタル通貨の課題について、各国中銀と民間企業が連携して研究を進めるべきだと訴えた。

各国当局は米フェイスブックによる暗号資産「リブラ」の発行計画を警戒する中、金融の安定性を確保するのが狙い。

業界羅針盤(11)デジタル通貨 (2020/5/26 金融・商品市況)

「リブラ」機に各中銀検討 暗号資産(仮想通貨)をはじめとするデジタル通貨への関心が高まっている。2019年6月に米フェイスブック(FB)が暗号資産「リブラ」の構想を示したことを機に、...

東京都立産業技術研究センターが開発した自律移動案内ロボット「Libra(リブラ)」が、電気安全環境研究所(JET)の適合性評価を受け、安全性が証明された。... リブラは安全な運動エネルギーの目安「9...

また、ブロックチェーン技術を活用したデジタル通貨の開発も行われており、フェイスブックのリブラ、JPモルガンのJPMコインなどが注目されている。

リブラをめぐり、豪州など世界の中銀が規制面での対応を議論している。... リブラに関する需要も不透明だと分析した。 ... FBの子会社であるカリブラのほか、ウーバー、スポティファイ...

ビットコインは、昨年6月には150万円近辺に迫るなど高値で推移していたが、7月以降は米フェイスブックが発行を計画する「リブラ」に対する期待感の後退、中国の暗号資産取引に対する規制強化などを映して下落基...

FBなどの企業で構成するリブラ協会は、「シンプルでグローバルな通貨と金融インフラになる」ことがリブラの使命だとした。... FBは規制当局から承認されるまでリブラを提供しないと表明せざるを得なかった。...

リブラに先手 マネロン・脱税警戒 中国のデジタル通貨導入には、米フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に対して先手を打つ狙いがあるとみられている。... フェイスブックは今年...

一方、フェイスブックは6月、仮想通貨「リブラ」を発行する計画を打ち出したが、世界中の通貨当局の反発を招いたため、議論は停滞。

米リップルのシュワルツ最高技術責任者(CTO)は米フェイスブック(FB)が計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、多くの課題が山積しており、実現は難しいとの見解を示した。シュワルツ氏はリブラと...

米フェイスブック(FB)のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が米議会公聴会での証言で、同社が主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の発行計画に疑念を抱いたため。

主要国の金融規制当局は、リブラの拙速な発行に警戒感を示している。... ムニューシン長官は下院金融サービス委員会での証言でワシントンで先週に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議でリ...

フェイスブックの暗号資産(仮想通貨)「リブラ」計画の責任者、デービッド・マーカス氏は、当初提案した合成通貨ではなく、ドルなど各国の通貨をベースとした複数の種類のものを使用する可能性があると述べた。&#...

米フェイスブックが発行を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」なども念頭に、黒田総裁は講演で「金融分野でのデジタル技術活用が金融システムの安定性や金融政策の有効性に与える影響について十分な検討が必要だ...

暗号資産(仮想通貨)「リブラ」プロジェクトの責任者を務める米フェイスブック(FB)のデビッド・マーカス氏は16日、ワシントンでの国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会関連会合で、規制面での懸念に対処...

ただ、「(米フェイスブックなどが計画する仮想通貨)『リブラ』は本当に使われるかもしれない。

その上で、リブラ計画は世界金融の安定を脅かすと強調した。 ショルツ氏は「リブラ計画は国家の自治や、我々の社会での民主的なガバナンスに対する脅威と考えている。... FBによる世界的な...

フランス銀行(中央銀行)のボー第1副総裁は、米フェイスブック(FB)が主導する「リブラ」など暗号資産(仮想通貨)が使われ始める前に、それらがもたらすリスクに対処しなくてはならないとの認識を示した。&#...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる