841件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

データや人工知能(AI)などで材料開発を効率化する手法「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」、「製造プロセス技術」、「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」、レアメタルを含む「資源」を4本の柱に...

回収したレアメタルは電池メーカーに供給する。... いわき工場では現在、リチウム電池からレアメタルを小規模回収している。... 25年までには国内の商社やレアメタルの販売会社などと組んでさらに処理能力...

その材料にはニッケルやコバルト、銅など金属資源が使われるが、特にレアメタル(希少金属)であるコバルトは、需給逼迫(ひっぱく)の可能性が懸念されている。

工作機械の超硬工具などに使われるレアメタルのタングステンの国際価格が、約1年ぶりの安値圏で膠着(こうちゃく)している。... 市中では「年内のAPT相場は200ドルから230ドルの範囲で推移し、底上げ...

子会社でレアメタル専門商社のアドバンストマテリアルジャパン(AMJ、東京都千代田区)が、台湾のリサイクル業者リエンヨウ・メタルズ(屏東県、写真)の出資持ち分の20%を取得する。

これまで国内採掘が難しかったレアメタル(希少金属)のうち、コバルトやニッケルで新たな可能性が出てきた。... (高田圭介) 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、南鳥島南...

タングステンやモリブデンなど、金属3Dプリンターによるレアメタルでの造形が可能になる。... 金属3Dプリンター向けに鉄やステンレスの粉末を球状にする装置はあるが、レアメタルは珍しい。

非鉄、成長戦略実行 長期ビジョン・中計策定 (2020/4/30 素材・医療・ヘルスケア)

先端素材に不可欠な素材として、銅とともにレアメタル(希少金属)も注力分野に据えた。

酸化チタンとアパタイト、鉄を組み合わせることで、レアメタルを使う従来タイプよりコストを大幅に低減。

「鉄、非鉄金属、プラスチック資源の加工・処理の資源循環事業と、レアメタルや金などの資源物循環を世界展開している。... 電池を焼成処理しコバルトやニッケルの混合物を取り出す製錬プロセスと、回収レアメタ...

JX金属は1905年の日立鉱山(茨城県日立市)の開業以来、銅やレアメタルなどの非鉄金属素材メーカーとして、グローバルに事業を展開してきた。

収益性の高いリサイクル原料のウエートを高めた操業を行い、競争力の一層の向上を目指すとともに、下流事業で不可欠な各種レアメタル(希少金属)をリサイクル原料から回収する機能も高める。 ....

レアメタルへの表面処理技術を確立し、製品開発研究を進めているマルイ鍍金工業など、市内企業3社を選んだ。

この流れの中、銅やニッケルといった基礎素材からレアメタルまで、「わが社の既存の部材が使える部分が非常に多い」と活躍の場が広がっている。

JX金属、車載用リチウム電池 リサイクル設備稼働 (2020/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

同社は既に敦賀工場(福井県敦賀市)で民生用リチウムイオン電池のリサイクル実証試験を国内最大規模で行っており、廃正極材ではなく廃電池そのものからもレアメタルを回収できる技術を持つ。 こ...

今後は水害からの回復とレアメタル(希少金属)開発の見通しなどを踏まえ、高品位の技術を武器に事業を成長させる」 《今後の中核として、レアメタル再生事業に重点を置く》 ...

IHIは国内製に切り替えることでニッケル合金やチタン合金などの大型鍛造品を安定調達でき、レアメタル(希少金属)の使用量削減やコスト削減にも役立つと見ている。

先端素材に不可欠な素材として銅とともにレアメタルもドメインに位置付けた」 ―20年から始まる次期3カ年中計ではビジョン達成への具体的な道筋が描かれます。

ロール・ツー・ロールで大量生産できるし、高価なレアメタルや希少資源も使わない。

海洋基本計画(2008年度―現在)では、石油・天然ガスやレアメタルをはじめとするエネルギー・鉱物資源の供給や確保、そのための技術開発・科学的知見の充実などが求められている。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる