831件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

JX金属は1905年の日立鉱山(茨城県日立市)の開業以来、銅やレアメタルなどの非鉄金属素材メーカーとして、グローバルに事業を展開してきた。

収益性の高いリサイクル原料のウエートを高めた操業を行い、競争力の一層の向上を目指すとともに、下流事業で不可欠な各種レアメタル(希少金属)をリサイクル原料から回収する機能も高める。 ....

レアメタルへの表面処理技術を確立し、製品開発研究を進めているマルイ鍍金工業など、市内企業3社を選んだ。

この流れの中、銅やニッケルといった基礎素材からレアメタルまで、「わが社の既存の部材が使える部分が非常に多い」と活躍の場が広がっている。

JX金属、車載用リチウム電池 リサイクル設備稼働 (2020/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

同社は既に敦賀工場(福井県敦賀市)で民生用リチウムイオン電池のリサイクル実証試験を国内最大規模で行っており、廃正極材ではなく廃電池そのものからもレアメタルを回収できる技術を持つ。 こ...

今後は水害からの回復とレアメタル(希少金属)開発の見通しなどを踏まえ、高品位の技術を武器に事業を成長させる」 《今後の中核として、レアメタル再生事業に重点を置く》 ...

IHIは国内製に切り替えることでニッケル合金やチタン合金などの大型鍛造品を安定調達でき、レアメタル(希少金属)の使用量削減やコスト削減にも役立つと見ている。

先端素材に不可欠な素材として銅とともにレアメタルもドメインに位置付けた」 ―20年から始まる次期3カ年中計ではビジョン達成への具体的な道筋が描かれます。

ロール・ツー・ロールで大量生産できるし、高価なレアメタルや希少資源も使わない。

海洋基本計画(2008年度―現在)では、石油・天然ガスやレアメタルをはじめとするエネルギー・鉱物資源の供給や確保、そのための技術開発・科学的知見の充実などが求められている。

同31日には、中国で唯一となるレアアース・タングステンなどの多種の金属製品をネット上で取り扱うスポット取引市場として、贛(カン)州レアメタル取引所が、江西省贛州経済区に開設されたことが報じられた。&#...

検証2019/非鉄にSDGs浸透 金属資源の再利用拡大 (2019/12/13 素材・医療・ヘルスケア)

住友金属鉱山が廃LIBから銅やニッケルに加えてコバルトも再資源化するプロセスを開発するなど、レアメタル(希少金属)のリサイクル技術の確立は各社の重点成長戦略となる。

レアメタル確保が重要に 今回は鉱物資源事業に対するプロジェクトファイナンス(PF)を概観する。 ... 他方で、世界的な脱炭素化に向けた動きの中で、電気自動車の中核...

電力を光に100%変換できるが、素材にレアメタル(希少金属)を用いるため高コストで、発光スペクトルが広いため色純度も低い。 ... レアメタルを使わないため、材料コストも抑えられる。

当時、中国ではレアメタル投機熱の盛り上がりとともに投機的取引も過熱し、一時はインジウムの在庫が世界の95%にも達したとさえ言われていた。... 10月29日にセレンなど次のレアメタル。

コバルト製錬所を再稼働・拡張、北米・EV電池へ供給 電気自動車(EV)用電池に使用するレアメタル、コバルトの需要が高まっている。

沿岸警備はもちろん、石油やレアメタルなどの資源探査でも可能性を持つ。

一方、中国では7月2日に、かつて世界最大のレアメタル取引所と喧伝(けんでん)されて一世を風靡(ふうび)し、15年に支払い不能から取引停止となった泛亜取引所の清算として、アンチモンとレアアースの競売が決...

LIBはリチウムやニッケル、コバルトなどのレアメタル(希少金属)を含む。

ルテニウムは南アフリカ共和国に偏在するレアメタル(希少金属)。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる