177件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

【名古屋】デンソーは、運転手の監視下で車線変更などの一部操作を自動で行う「レベル2」の自動運転に対応するセンサーや部品を開発した。物体検知距離を世界最高レベルの200メートル以上にした高機能センサー「...

ホンダが、一定の条件下で自動運転が可能な「レベル3」の機能を備える高級セダン「レジェンド」を発売した。レベル3自動運転車の投入は世界初だ。... 自動運転レベル2は、運転操作の責任は運転手にあり、運転...

トヨタ自動車は8日、自動運転などの新たな運転支援技術を採用したモデルとして、高級車ブランド「レクサス」の新型「LS」を8日に、燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」を12日に発売すると発表...

経済産業省と国土交通省は23日、福井県永平寺町で、条件付きでシステムが運転する「レベル3」の自動運転サービスを25日に始めると発表した。... 2020年12月から保安要員が乗車し「レベル2」で試験運...

【宮崎】クリエイティブマシン(宮崎市、芳賀卓也社長、0985・71・2078)は、ロボットシミュレーター「icROBOSim(アイシーロボシム)」を発売した。... IRONCADの保守契約サービス「...

レベル1ではデータを見える化すること、レベル2ではデータをつなげること、と進め、レベル5では最適化、そしてレベル6では共生社会のための要件を定義して新たな価値を生んでいくなど、イノベーションを起こして...

政府は内閣官房を事務局とし、「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」を2015年12月に設立。... レベル1「目視内での操縦飛行」、レベル2「目視内での自動・自律飛行(操縦なし)」、レベル3「...

2020年度中にもレベル3の量販車が公道を走る見通し。... だが、レベル2は運転の主体はあくまで運転手。... 国交省は「レベル2は周辺監視を運転手が責任をもって実施する。

福井県永平寺町は、遠隔操作による自動運転移動サービスを22日から始める。... 当面は安全対策のため保安要員が乗車し、自動運転性能は「レベル2」に相当する。試験運行を通じて運行体制の整備を進め、20年...

22日から試験運行として同時に3台の電動カートを監視し、観光名所である永平寺までの約2キロメートルの区間を結ぶ。... 当面は安全対策のために保安要員が乗車して運行し、自動運転性能としては「レベル2」...

自動運転レベル2や、緊急時に運転者がハンドルを握る必要のある同レベル3に対応する技術として提案している。 住友理工は現行のステアリングタッチセンサーについて、2020年度中に小牧製作...

トヨタ、レクサスLS改良 高度運転支援レベル2対応 (2020/11/30 自動車・機械・ロボット・航空機)

高速道路上でほぼすべての運転操作をシステムが担う新機能を搭載した車両も、2021年に市場投入する。価格は1073万―1728万円(消費税込み)。 ... 自動運転では「レベル2」の技...

ホンダは11日、条件付きで運転を自動化する「レベル3」のシステムを高級セダン「レジェンド」に搭載し、2020年度内の発売を予定すると発表した。... 「レベル2」まではハンドルやアクセルを自動で操作し...

自動運転レベルはレベル2に相当し、一部区間は運転席が無人の遠隔レベル2で運行する。... 実証実験は京王プラザホテル(東京都新宿区)からKDDI新宿ビル(同)を経由して周辺を一周する約2キロメートルの...

賃料は月22万4400円(消費税込み)。... 同30平方メートルやバイオセーフティーレベル2に対応した実験室の入居も随時募集している。

日本は欧米に比べ法整備の面で遅れているため、レベル3以上の車両の市場は20年代前半まで低水準で推移すると予想する。... ただレベル3以上の車両の実現には、関連の法律やインフラ整備に時間がかかることか...

すでに足元ではハンドルの操作や加減速をシステムが担う「レベル2」、ハンズオフ機能など備えた「レベル2プラス」とされる技術が市場投入され実用化が進む。 ... 同研究所はレベル2に加え...

「昨今、開発が進んでいる自動運転の技術は、ドライバーの安全運転支援システムとしてレベル2まで進んでいる」と話すのは、日本自動車輸入組合(JAIA)理事長のティル・シェアさん。

高度運転支援技術「レクサスチームメート」は運転手の監視のもと、高速道路などの限定領域で車線変更や追い越しが自動で行える「レベル2」の自動運転に対応した。

(新潟支局長・丸山美由紀) 【実務400時間以上】 航空機部品は、航空宇宙分野の非破壊検査技術者認証の国際規格「NAS410」に基づくレベル2技術者が合否を判定し、...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる