170件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

2020年度中にもレベル3の量販車が公道を走る見通し。... だが、レベル2は運転の主体はあくまで運転手。... 国交省は「レベル2は周辺監視を運転手が責任をもって実施する。

福井県永平寺町は、遠隔操作による自動運転移動サービスを22日から始める。... 当面は安全対策のため保安要員が乗車し、自動運転性能は「レベル2」に相当する。試験運行を通じて運行体制の整備を進め、20年...

22日から試験運行として同時に3台の電動カートを監視し、観光名所である永平寺までの約2キロメートルの区間を結ぶ。... 当面は安全対策のために保安要員が乗車して運行し、自動運転性能としては「レベル2」...

自動運転レベル2や、緊急時に運転者がハンドルを握る必要のある同レベル3に対応する技術として提案している。 住友理工は現行のステアリングタッチセンサーについて、2020年度中に小牧製作...

トヨタ、レクサスLS改良 高度運転支援レベル2対応 (2020/11/30 自動車・機械・ロボット・航空機)

高速道路上でほぼすべての運転操作をシステムが担う新機能を搭載した車両も、2021年に市場投入する。価格は1073万―1728万円(消費税込み)。 ... 自動運転では「レベル2」の技...

ホンダは11日、条件付きで運転を自動化する「レベル3」のシステムを高級セダン「レジェンド」に搭載し、2020年度内の発売を予定すると発表した。... 「レベル2」まではハンドルやアクセルを自動で操作し...

自動運転レベルはレベル2に相当し、一部区間は運転席が無人の遠隔レベル2で運行する。... 実証実験は京王プラザホテル(東京都新宿区)からKDDI新宿ビル(同)を経由して周辺を一周する約2キロメートルの...

賃料は月22万4400円(消費税込み)。... 同30平方メートルやバイオセーフティーレベル2に対応した実験室の入居も随時募集している。

日本は欧米に比べ法整備の面で遅れているため、レベル3以上の車両の市場は20年代前半まで低水準で推移すると予想する。... ただレベル3以上の車両の実現には、関連の法律やインフラ整備に時間がかかることか...

すでに足元ではハンドルの操作や加減速をシステムが担う「レベル2」、ハンズオフ機能など備えた「レベル2プラス」とされる技術が市場投入され実用化が進む。 ... 同研究所はレベル2に加え...

「昨今、開発が進んでいる自動運転の技術は、ドライバーの安全運転支援システムとしてレベル2まで進んでいる」と話すのは、日本自動車輸入組合(JAIA)理事長のティル・シェアさん。

高度運転支援技術「レクサスチームメート」は運転手の監視のもと、高速道路などの限定領域で車線変更や追い越しが自動で行える「レベル2」の自動運転に対応した。

(新潟支局長・丸山美由紀) 【実務400時間以上】 航空機部品は、航空宇宙分野の非破壊検査技術者認証の国際規格「NAS410」に基づくレベル2技術者が合否を判定し、...

経済産業省は2020年度末までに小型カートによる無人自動運転移動サービスの事業化に乗り出す。... カートは一定の条件下で運転をシステムに任せる「レベル3」の車両を導入する。... 19年度には補助の...

ソニーは20年初頭にイメージセンサーなどの技術を使った自動運転対応の電気自動車(EV)を公開した。... 自動運転性能はレベル2相当。... 30年度の自動車・運輸・交通インフラの投資額予測は18年度...

作成時はレベル2だった。... それ以前の「レベル2(制限―中)」では、必要最小限の研究室関係者は大学に立ち入れたが、より厳しくなった。... 4月17日付でガイドラインに定めた5段階の活動制限をレベ...

商用車が運ぶ将来(上)CASE開発費の軽減 国内各社、協業を加速 (2020/4/20 自動車・機械・ロボット・航空機)

2020年、次世代の商用車として燃料電池(FC)トラックの研究開発に各社が乗り出す一方、足元では整備士の不足など課題への対策も欠かせない。... いすゞはボルボ傘下のUDトラックスを20年末にも完全子...

すでに一部地域がレベル3となっていた中国と韓国は全土に範囲を拡大した。レベル3は4段階あるうち、上から2番目に強い措置。レベル3の国・地域以外の全世界については、不要不急の渡航自粛を求めるレベル2に引...

パスコ、技術者400人にAI教育 来年度から (2020/3/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

パスコは23日、2020年度から約400人の技術者を対象に空間情報事業分野の人工知能(AI)人材の教育に特化した独自教育プログラムを使い、AI人材を育成すると発表した。... レベル1「eラーニングに...

26日0時に開始し、4月末まで実施する。... 外務省は米国全土を、感染症危険情報で4段階中、上から三つ目のレベル2とし「不要不急の渡航中止」を呼びかけている。 また、萩生田光一文部...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる