電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

903件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

フローサイトメトリーの原理により流れてくる油中水滴にレーザーを照射し、散乱光と蛍光情報を取得。... (大阪市中央区) スペクトラ・クエスト・ラボ...

三菱電機、衛星不具合地上から発見 観測設備の知見蓄積 (2024/4/2 電機・電子部品・情報・通信2)

今後、光通信によるレーザー光の受信を目指しており、実現すれば従来の電波より高速・大容量な衛星―地上間の光通信技術の開発に役立つ。

京都大学の野田進教授、森田遼平特定研究員、三菱電機の榎健太郎研究員らは、宇宙空間での衛星間通信などに応用するため、レーザーの純度の指標となる固有スペクトル線幅を1キロヘルツと極めて狭くしたフォトニック...

米シルクは低コストで低消費電力のICチップ型LiDAR(ライダー)を開発しており、ライダー向けレーザーダイオードなどを手がけるロームは技術的に親和性が高いとして出資に踏み切った。......

第66回十大新製品賞/本賞 コマツ産機 (2024/2/1 機械・ロボット・航空機1)

一方、ファイバーレーザーの反射光や散乱光は眼に障害を起こす原因となる。... 切断時のレーザー光を水中で減光し、さらに遮光ボックスを取り付け、鋼板表面からの反射光も防ぎ、マシンカバー不要でレーザー安全...

バスに取り付けた三つのセンサーが、レーザー光で人や車との位置・距離を計測し、運転を制御。

2023年 第66回十大新製品賞 (2024/1/4 十大新製品賞)

レーザー発振器の出力は6キロワット。独自方式により切断時のレーザー光を水中で安全なレベルまで減光することでレーザー安全クラス1を実現。... 高速回転するルツボ内面の溶融スズ(Sn)に...

ライダーは上空にレーザー光を打ち上げ、戻ってくる光を分析して水蒸気量や気温、風速、風向きのデータを即時に取得する。

照射したレーザーの反射速度の時間差で物体との距離を計測するLiDARを用い、対象空間にある人物や物体の点を作成。... 将来はLiDARが照射するレーザー光(走査線)を増強するほか、現...

WRC日本大会閉幕 “世界トップの走り”身近に (2023/11/20 自動車・モビリティー)

ラリーカーが入場する際にはレーザー光や音響で演出。

ヤマトHD、米シルクに出資 ICチップ型ライダー開発 (2023/11/17 生活インフラ・医療・くらし1)

ヤマトホールディングス(HD)は16日、光半導体技術を活用したICチップ型LiDAR(ライダー)を開発する米シルクテクノロジーズに追加出資したと発表...

アマダのレーザー光操作技術、アマダウエルドテックの微細加工ノウハウなどグループ内のレーザー技術を結集し、新領域への展開を含めたレーザー・溶接事業の拡大を図る。 アマダは長期ビジョンで...

低出力のレーザーでも高い精度で測定できる信号処理技術に強みを持つ。 ドップラーライダーは上空にレーザー光を照射し、大気中のチリの散乱光を受信することで風速などを調べる装置。

ファイルいい話/ニイガタマシンテクノ ワーク測定システム (2023/11/2 機械・ロボット・航空機1)

イーナはワークに投影したレーザー光の縞模様をカメラで捉え、非接触でワークの形状や位置を検出する仕組み。

レーザー発振に必要なデバイス構造にし、光共振器を形成して縦型窒化アルミニウムガリウム系深紫外半導体レーザーを作製した。同レーザーは298・1ナノメートル(ナノは10億分の1)のUV―B...

天田財団、今年度前期の助成テーマ106件(5) (2023/10/27 機械・ロボット・航空機)

【研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽比田井洋史/千葉大学大学院工学研究院機械工学コース「フォトニック結晶によるレーザ光の強度・偏光分布と加工...

航空電子、車載用フィルムヒーター試作 格子状配線で均一に発熱 (2023/10/20 電機・電子部品・情報・通信)

さらにメタルメッシュは従来の電熱線よりも細いため、センサー装置から放射するレーザー光が配線によって遮られることを防げる。

レーザーマーキングは、金属の板などにレーザー光を照射してロゴや商品名、シリアル番号や型番などを印字する。... マーキングセルは全自動で扉の開閉とレーザーの起動を行うため作業ミスによるレーザーの露光リ...

「AI×ロボ」コンビニ無人 野村総研、夜間の人材難解消 (2023/10/17 電機・電子部品・情報・通信2)

手順は最初にロボット搭載のカメラとレーザー光で対象物を認識し、3次元(3D)で距離情報や商品の輪郭なども取得する。

レーザー光を用いて対象物までの距離などを計測する技術「LiDAR(ライダー)」を搭載したセンサーとカメラを商業施設内に設置。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン