186件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

天田財団(神奈川県伊勢原市、末岡愼弘理事長、0463・96・3580)は、塑性加工やレーザー技術に関する助成制度「2020年度研究開発助成・国際交流助成」の募集を始めた。... 対象分野は金属などの塑...

京セラ、NECの光学部品子会社買収 高耐力成膜で市場開拓 (2020/3/26 電機・電子部品・情報・通信1)

昭和オプトロニクスが有するハイエンドレンズ技術を手に入れ、光学部品事業でのシェアや事業領域を拡大する。 ... 超高精度にレンズを磨く技術や、半導体製造装置などに使われる高耐力・低損...

【国際会議等参加助成(レーザプロセッシング)】 ▽量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所光量子科学研究部先端レーザー技術開発グループグループリーダー桐山博光「The...

各社はカーナビで培った要素技術を次世代の製品・サービスに生かそうと開発でしのぎを削る状況だ。 ... さらにレーザー技術を応用して開発を進める高機能センサー「LiDAR(ライダー)」...

XTIA、17億円調達 ニコンなどと提携 (2020/2/24 機械・ロボット・航空機)

クティアは複雑形状の部品でも従来手法と比べ5万倍の高精度で全数インライン検査できる光コムレーザー技術を開発した。... ニコンは光加工機、JUKIは外観検査機に光コム技術を組み込んだ製品を開発。双日は...

研究するのは、鉛ガラスを材料として放射性物質を閉じ込めるチャンバーを作り、チャンバー外側からレーザーを鉛ガラス越しに当てて切断対象物を細かく切る技術。 ... 次に1辺1メートル程度...

ダイヘン、アルミ・鋼板の異材溶接装置 年明け発売 (2019/12/3 機械・ロボット・航空機1)

古河電気工業と共同開発し、アーク溶接とレーザー溶接の技術を組み合わせた。... ダイヘンが持つアーク溶接の電流波形制御と、古河電工が持つレーザー技術を組み合わせた。... 自動車業界では、軽量素材とし...

板金機械世界大手ながら経営危機に陥っていた旧アマダ(現アマダHD)を売上高で2倍の企業に再生し、加工技術や周辺装置一体の製品提案、高効率レーザー技術といった現在の板金業界の潮流をつくった一人。

「レーザー技術はツールに過ぎない」と語るのは、LDF(東京都八王子市)最高経営責任者(CEO)の夏山一彦さん。レーザー加工機の輸入販売などを手がける。 ... 「モノづくり技術を通じ...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」▽東口武史/宇都宮大学工学...

18年はレーザー技術の開発で海外の研究者3人が受賞した。... 副生成物を抑え、目的の反応を優先的に進ませる技術を確立した。 同技術は医薬品など機能性化合物に重要な、不斉の炭素―炭素...

もともと原子や電子などの動きを扱う量子力学は、20世紀に半導体技術の基礎となった学問である。それが21世紀に入り、レーザー技術、エレクトロニクスの進展により量子状態をある程度制御できるようになったため...

【名古屋】最新レーザ技術研究センター(愛知県安城市、沓名宗春社長、0566・91・2281)は、溶接ワイヤを引き戻すタイプのアーク溶接機向けに、寿命を一般の製品に比べ最大10倍の10時間に延ばせる、溶...

経営ひと言/ニコン・馬立稔和社長「光の野望」 (2019/7/22 電機・電子部品・情報・通信)

持ち前の光学技術を生かし、新たな加工機械市場を創出する。 ... 材料加工は「精密な位置制御やパターニングなど、露光装置の技術をかなり応用できる」という。「レーザー技術は進展した。

日本におけるレーザー加工技術の開発は、YAGレーザーに続いて1980年を前後して国産の炭酸ガスレーザー加工機が誕生し、高出力レーザーによる切断や溶接を中心に従来の熱加工の代替技術として本格化した。&#...

サーボプレス機とサーボ駆動の搬送装置を組み合わせ、互いに位置を把握、制御することで実現できるようになった」 ―板金機械は高生産性のファイバーレーザー加工機が全盛です。 ...

天田財団(神奈川県伊勢原市、岡本満夫理事長、0463・96・3580)は、塑性加工、レーザー技術に関する助成制度「2019年度研究開発助成・国際交流助成」の募集を10日に始める。 対...

18年にはセルを直列回路で結ぶセル間の幅を、成膜にレーザー技術を導入してパターニングし、従来の3分の1に細線化。

【浜松】浜松ホトニクスは半導体レーザー励起では世界最高の出力117ジュールの産業用パルスレーザー装置を開発した。... 出力を高めるためにはレーザーを増幅させる部品である「レーザー媒質」をいかに効率よ...

板金系機械はレーザー技術の革新が需要を喚起したとみられる。従来主流の金型や二酸化炭素(CO2)レーザーから、生産性の高いファイバーレーザーへの置き換えが進んでいる。「レーザー・プラズマ」は、同19・5...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる