電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

産業春秋/ウクライナの桜 (2024/3/26 総合1)

中国とロシアの桜。中国武漢市の武漢大学内の桜は、日中戦争で侵略した日本軍が植樹し、無錫市の桜は日中友好のため元日本兵が植えたのが始まりとされる。... 部隊を補充した上で、ロシア軍が今夏に攻勢を強める...

ロシアによる侵攻が続く同国の経済的な復興にもつなげる。 ... ロシア軍の侵攻により厳しい生活を強いられるウクライナの支援を進める。

AI兵器が戦局を左右 ウクライナ、開発推進 (2024/2/26 科学技術・大学)

過熱する技術競争に懸念も ロシアの侵攻が長期化する中、ウクライナは人工知能(AI)に活路を見いだそうとしている。... 偵察用の機体でロシア軍部隊や戦車の位置を把握し...

2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻を開始してからちょうど2年が経過した。連日ウクライナ軍とロシア軍の間で一進一退の激しい戦闘が続いているが、収束の兆しは見えず、むしろ長...

ロシアのウクライナ侵攻から24日で2年になる。... 共和党のトランプ前大統領の「米国第一」が、ロシアの「武力による現状変更」を後押ししかねない。 ... ウクライナは前線で使える砲...

内訳は中国機が304機で約72%、ロシア機が110機で約26%。特異な飛行では中国無人機の与那国島―台湾間の飛行が4月と5月、8月にそれぞれ確認されたほか、中国軍爆撃機とロシア軍爆撃機...

【ワシントン=時事】バイデン米政権は、安全保障上の懸念がある外国企業のリストに、中国やロシアなどの28社・団体を追加した。このうち中ロ、フィンランド、ドイツの計9社は、ロシア軍のドローンに部品...

米国では国防権限法(NDAA)が施行され、華為技術(ファーウェイ)やZTEをはじめとする中国通信大手のほか、ロシア製と中国製ドローンの政府調達が禁止になった。... こ...

異なる手段で実社会の状況把握 2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻の行方に、世界の注目が集まっている。... この紛争がこれまでの国際紛争と異なるのは、両軍の部隊規模や展開...

ただロシアの緊張を高めかねず、弱体化が指摘されるロシア軍はむしろ危険との見方もある。... NATOは今首脳会議で、ウクライナ軍の兵器を旧ソ連基準からNATO基準に近づけることで、NATOとの相互適応...

創設者のプリゴジン氏が企てたロシア軍への武装蜂起は失敗に終わった。... 疲弊するロシア軍はワグネルを頼りつつも、ロシア国防省はワグネルを指揮下に置こうと画策。... ワグネルに翻弄(ほんろう...

合計件数は778回で、内訳は中国機が約74%の575回、ロシア機が同19%の150回。... 22年度は5月と11月に中国海軍空母「遼寧」の艦載戦闘機による発着艦が太平洋上で確認された...

連日ウクライナ軍とロシア軍の激しい戦闘が続いているが、収束の兆しは見えていない。... ロシア軍は5月から7月ごろまで東部ルハンスク州とドネツク州への攻勢を強めたが、8月以降ウクライナ軍の反転攻勢が開...

短期間でのウクライナ掌握を目指した“プーチンの戦争”は失敗し、西側諸国によるウクライナへの軍事支援がロシア軍を消耗させている。 ... ロシアはウクライナ領土の2割程度しか掌握できて...

ロシア軍が数週間後にウクライナ東部掌握へ大規模攻撃に出る可能性がある。... フィンランドはロシアと約1300キロメートルの国境を接し、ロシアはNATOとの緩衝地帯を失う。対米共闘でロシアと結束する中...

今春にも想定されるロシア軍の大規模攻撃に備え、G7はロシア制裁とウクライナ支援の強化を確認し、国際秩序の再構築に向けた結束を強化したい。... ロシア軍は民間施設やエネルギー拠点への非人道的な攻撃を繰...

ウクライナでロシア軍の侵攻に抗議する人たちの所作も同様である。

【ベルリン=時事】国際原子力機関(IAEA)は、ロシア軍が占拠するウクライナ南東部ザポロジエ原発の周辺で27、28の両日、地雷の爆発が3回あったと明らかにした。

ウクライナ軍の東・南部での反転攻勢を受け、東部ハリコフ州ではロシア軍が撤退を余儀なくされた。親ロシア派が東・南部4州で23日からロシア編入に向けた住民投票を決めたのも、戦果を急ぐプーチン政権の焦燥感の...

またウクライナ紛争では、ロシア軍の進路上空に偵察用のドローンを飛行させ、攻撃型ドローンにミサイル攻撃させる新たな戦術での活用が注目を集めた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン