電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

5件中、1ページ目 1〜5件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

慶大、パーキンソン病薬でALSの進行抑制 (2023/6/5 科学技術・大学)

研究グループは2016年、iPS細胞を使い、ロピニロールがALSに有効であることを発見。今回の臨床試験では13人のALS患者にロピニロールを投与した。... 細胞実験での結果を実証し、ALS患者へのロ...

協和キリンは、経皮吸収型パーキンソン病治療剤「ハルロピテープ」(一般名ロピニロール塩酸塩)を発売した。

さらに同大の神経内科では筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬候補としてパーキンソン病の治療に使われる薬剤「ロピニロール塩酸塩」を同定し、治験を進めている。

iPS、臨床応用へ前進 (2019/1/4 科学技術・大学)

さらに岡野教授は同大医学部中原仁教授、高橋慎一准教授らと共同で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬候補としてパーキンソン病の治療に使われる薬剤「ロピニロール塩酸塩」を特定し、治験を開...

ロピニロール塩酸塩を1日1回服用すると、症状の進行が抑制される効果が期待できるという。 ... その結果、神経伝達物質「ドーパミン」の受容体を作動させるロピニロール塩酸塩が治療薬候補...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン