111件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

社内でロボット活用の機運を醸成し、技術者不足への備えを万全にする。... デジタル化の一環でロボットの活用も進めてきた。17年から外観検査にロボットを活用。

緻密な生産管理を支えているのがロボットの存在だ。... ロボットと作業者が連携する新しい働き方も取り入れた。... 長沢専務は「ロボットそのものが好きな技術者が社内にもっと増えれば、ロボット活用効果も...

ロボットや工作機械などを配備し、自社工場のロボット化の事前検証などを進めながら、SIやデジタル変革(DX)関連の人材を育成する方針だ。 ... その上で、SIセンター...

ロボットの導入により、従来比5倍の生産性を実現した。... 1ラインにつき、ロボットの数は13台。主に6軸ロボットを使用している。

自社の自律移動ロボット(AMR)から試験導入し、現在は協調(協働)ロボットも活躍する。 ... この一連の工程を協働ロボットが担っている。... ロボ...

現在、現場では多数のロボットが稼働し、順次改良を繰り返している。... ブレージング(ロウ付け)での炉入れ工程には協働ロボットを導入した。... 人に無理をさせないためのロボット導入だ...

自動化(ロボット化)のきっかけは、2台の水平多関節(スカラ)ロボットだった。 ... 知り合いの経営者から「良かったら使ってみないか」と、2基のスカラロボットを...

そこで、10年ほど前にレーザー溶接を担う多軸ロボットを初めて導入した。... ロボットは社員が退勤・帰宅した後も稼働する。... ロボットと一緒に、もっと早く導入してもよかった」と振り返る。 ...

訓練施設で外科医 操作学ぶ 身体への負担が少ないロボット支援手術を選択する患者が増えている。... 藤田医大は08年に、手術支援ロボットの先駆け...

最新設備の一つとしてハンドリングロボットを導入した。 ... ハンドリングロボットの導入を実現できた背景には、ロボットが扱いやすい独自の小型容器を採用したことがある。... 今後、&...

ロボット活用では、独KUKA製ロボットアームを台湾・東台精機製5軸加工機と並べて運用中。... 他方、ロボット人材の育成もスタート。... 今後、ロボットと働く仲間をさらに沖縄で増やす機運を高める。

そこで活躍するのがスマートロボティクス(東京都千代田区、井島剛志社長)製の殺菌灯搭載ロボット「SR―UVC」だ。... 前田幸恵師長は「操作はとても簡単で、短い説明を受けた後、実際にロ...

スポット溶接用のロボットで「大きくて取り回しが悪かった」(鵜野政人会長)という苦い経験が、ロボットを自社開発するきっかけになった。 ... 二つのアンビルを...

工場には60台以上のロボットが並び、組み立てや塗装、梱包など主要部分の製造を担う。... オフィス用品のイメージが強い同社だが、40年ほど前には油圧式ロボットの開発・製造も手がけていた。... 例えば...

この点でロボットは動物より、アルコール消毒などの対策を講じやすい。... ロボットを医療現場で使うと、どのような効果があるかを検証する目的で神奈川県も「ロボット実証実験支援事業」の対象に20、21年度...

2021年10月には、コロナ禍の社員同士のコミュニケーション促進に向け、米テミのアバター(分身)ロボット「テミ」を導入。... 今後、CTCでは、人間の業務の一部を代行するようなロボッ...

リハビリロボットは、手や脚の関節の曲げ伸ばしを補助する医療機器から、歩行訓練支援ロボットまで多種多様だ。 ... サイバーダインの装着型サイボーグロボット「HAL」やホンダ...

(浅海宏規) アバターは、人工知能(AI)や仮想現実(VR)、通信、ロボット工学といった先端技術を結集して開発。インターネット技術を活...

いずれもロボットにとっては働きやすくなる条件で、追い風になる」 ―具体的には。 ... 調理する分量も決まっているため、ロボットが働きやすい」 &...

競争力の秘訣(ひけつ)は製造技術にあり、その一つがロボット技術を活用した布目の自動矯正だ。... 熱加工ラインは長く、50メートル程度のラインに作業員が3人程度ついて働く。 &...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン