電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

705件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

「自動化の歩みは1980年代に数値制御(NC)旋盤を取り入れてから」と製造部の尾崎崇部長は振り返る。... 老朽化した搬送機をロボットに置き換え稼働率を上げる。... 最新工場と言って...

2台の協働ハンドリングロボットを組み合わせ、コンベヤー上を流れてくる段ボール箱を手前のロボットが金属板を使って開封した後、もう一方が段ボールの中から空気圧吸着ハンドを使って中身を取り出す。... 協働...

来場者が12万人を上回って活況だった展示会場では「ロボット化や自動化が非常に目立った。

倉庫が挑む「24年問題」 物流変革待ったなし (2024/5/3 生活インフラ・医療・くらし)

特に倉庫は物流効率化への貢献が期待されると同時に影響も大きい。ロボット化が進む電子商取引(EC)向け倉庫はごく一部で、大多数は原料などを保管する従来型倉庫だ。... 運送の現場が改善し...

人間が手のひらや指で物を扱うような制御をロボットで可能にした。 ... 大手牛丼チェーンの吉野家(東京都中央区)向けに、食器洗浄工程のロボット化にも取り組む。浸漬槽か...

ロボ進化、人手不足救う 食品工場・飲食店に切り札 (2024/4/30 機械・ロボット・航空機)

AI・センサー威力発揮 「つかむ」動作精度アップ 食品産業や外食産業で深刻な人手不足が言われる中、解決策としての自動化ロボットの開発が進んでいる。... (編集委員・...

老朽化対策や安全対策は必要なレベルに抑え、重点投資領域の分を別枠で設けた。... 「買収したイタリアと英国の企業をうまく活用し、ロボット化や自動化で社会課題を解決する。減速機とモーター、ドライバーとの...

農家減少、高性能化で歯止め 井関農機は農業機械で国内シェア3位の専業大手。... 現状ではロボット化や自動運転については、かなりの程度まで実現できるようになった」 ...

基盤モデルと研究自動化(5)現場につなぐ (2024/4/4 科学技術・大学1)

大阪大学の小野寛太教授らは乳鉢で粉末を砕く作業をロボット化した。... 成膜や測定などの定型化できる部分から標準化・自動化し、それらをつなぎ合わせて研究システムを構築する。... 我々はモジュール化の...

ロボット変革―ゼネコン技術連合が描く未来像(6)コンクリ施工効率化 (2024/4/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

操作・メンテ両立を追求 建設RXコンソーシアムのコンクリート施工効率化分科会は、コンクリート工事に関係する作業の生産性向上と省力化、省人化に取り組む。... 打設に用いるディストリビ...

トヨタ自動車向けの補給部品を手がける豊川製造所(愛知県豊川市)のスタンピング工場では、部品溶接作業のロボット化を進めている。... 2000年代初頭から品質の維持と省人化を目的に、ロボ...

基盤モデルと研究自動化(4)実験にロボ技術 (2024/4/1 科学技術・大学)

ここで実験のロボット化が注目されている。ロボット化する手間はかかるが、細かな手技までデータに残る。... 東京大学の長藤圭介准教授は粉体の塗布成膜工程をロボット実験で最適化した。

DXの実現に向け、基盤モデルや標準化、自動化が複雑に絡み合っている。... データの品質や再現性を標準化するために進めるのが、試料調製などのロボット化だ。ロボットが作業することでプロトコルが固定され、...

製薬企業 変革への道筋(7)佐藤薬品工業社長・佐藤雅大氏 (2024/3/15 生活インフラ・医療・くらし1)

「生産性向上に向けてライン化や自動化、ロボット化で一つの作業の人員を減らす。単一工程ではアームロボットを導入する。... 「生成AIによる事務業務の効率化、顧客からの問い合わせへの対応、生産管理、ブラ...

「機械化を進めていく。例えば、経験や高い技能が求められる付加価値の高い工程は技術者が行い、物の運搬やデータの入力作業など単純な工程は積極的に機械化やロボット化する。一方、高い技術を要する工程も長期的に...

ロボットに関する専門知識のない化学者が実験を自動化しやすくなる。 ... XDLはロボットの作業計画として利用する。... 実際に粉末を溶媒に溶かして濁度から溶解度を求める実験や炭素...

数が限られる実験動物やヒトの生体試料などを用いた実験手技をロボット化できるようになる。 ... 手技ごとに最適な自動化率やAI補助の在り方が変わるがシミュレーターで検証できる。またシ...

産業用ロボットによる自動化システムを通じても、顧客の課題解決を図る。 ロボット分野では本社に併設するショールームに2台のデモ用システムを展示する。... 亀山電機の北口会長は地域のロ...

展望2024/日本精工社長・市井明俊氏 電動車向けシェア拡大 (2024/1/16 機械・ロボット・航空機2)

「足元では中国市場の低迷が予想以上に長期化しているが、24年は正常化へ動き出すことを期待する。少子高齢化が進む中、省人化や自動化、ロボット化のテーマは不変だろう。半導体に関しても世界でサプライチェーン...

同社のロボット化構想は道半ばだ。... それをロボットで取り出すことでスピードアップと省人化を図った。 ... 「中子の取り出しよりも工数がかかるこの工程こそロボット化したかった」&...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン