1,121件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

これは、形状・品質が不定な原料の取り扱い、変種変量生産、衛生面など食品製造特有の要件があり、現状のロボット技術では実現が困難であることが課題である。... このような閉塞(へいそく)した状況を打破する...

最新のロボット技術や人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)を紹介し、デジタル変革(DX)を後押しする。... ロボットメーカーやシステムインテグレーター(SI)が協働、多関節、自律搬送などの...

アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本IBM、三菱自動車の5社は、人工知能(AI)とロボット技術を組み合わせることで、視覚障がい者が自立して街を移動することを助けるナビゲーシ...

【いわき】ふくしまロボット産業推進協議会(福島市)の廃炉・災害対応ロボット研究会(福島県郡山市)と福島県ハイテクプラザ(同)は、原子力発電所の廃炉や災害に対応したロボット技術を開発する県内企業や大学と...

ロボットの製品開発ではなく、既存ロボット技術を使って企業や社会に活用を提案するシステムや人材育成を目指す。... シンセシスは「新しい価値を統合し、創造する」科学技術の研究スタイルを指す。... ロボ...

南相馬ロボット産業協議会(福島県南相馬市)の加盟11社は、共同開発した災害対応・プラント点検のクローラーロボット「MISORA」を、会津大学によるロボット技術研修会の操作訓練講座で公開した。... ま...

【収集データ連携】 また、多くの生産現場では熟練技術者に依存する属人的な製造体制により、見積価格と作成期間、製造計画の稼働率などの設定、最終成果物である加工品製造などにバラつきが散見...

インフラ構造物の定期点検は近接目視での確認が基本だが、近接目視と同様の効果が得られる場合、トンネルや道路橋などの点検に新技術を活用できる。... 幅0・05ミリメートルのひび割れも高精度に検知でき、国...

【神戸】中小企業基盤整備機構近畿本部は、宮脇機械プラント(兵庫県明石市)など関西のロボットシステムインテグレーター(SIer)4社と連携し、中小企業のロボット導入支援事業に乗り出す。... また4社の...

【名古屋】豊橋商工会議所と豊橋技術科学大学は人材育成や産学共同研究の強化を狙いに、包括連携協定を結んだ。... 地元中小企業の人材育成を支援し、同大が得意とする人工知能(AI)やロボット技術を応用した...

西村康稔経済再生担当相は12日、東京・台場にある川崎重工業の事業所を訪問し、ロボット技術を応用した自動PCR検査システムのデモを見学した(写真)。

備え付けの固定型ディスプレーと異なり、ロボット技術を駆使することで自律移動を可能にした。... 同ロボットは「見る・動く・展示する」の3機能を搭載する。... ロボットは直径720ミリ×高さ...

◆ ◇ ビッグデータ(大量データ)、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、飛行ロボット(ドローン)などを活用した自社グループ向け設備の保守・点検の力を、今後は監視サービス...

極東産機、産業機器・FAのロセックを買収 (2020/9/21 機械・ロボット・航空機1)

ロセックは自動車業界向けにウオータージェット技術、ロボット技術を生かした自動化システムの企画・開発などを手がけている。... また、ロセックが強みとする工場自動化(FA)技術を自社のモノづくりに生かす...

会津大学が福島県南相馬市の県立小高産業技術高校、同テクノアカデミー浜の2校の学生22人を対象にロボット技術研修会を開いている。... 福島イノベーションコースト構想促進事業として、ロボットに関する技術...

ロボットゆうえんち(事務局=MANOI企画)が運営する。... ロボットゆうえんちの事務スペースをフィールドに改装した。... 厚木商工会議所の中村幹夫会頭は「事業としての成功とともに、日本のロボット...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とギタイ・ジャパン(東京都目黒区、中ノ瀬翔社長)は10日、宇宙空間でロボット化が求められる作業を識別し、作業に必要なロボット技術の獲得とサービス提供を目指した事業コンセ...

日本が強みを持つナノ構造材料やエネルギー変換材料などの重要技術領域にも着目。データの創出や活用、理論と計算、実験を融合した研究開発プロジェクトを実施し、AIやロボット技術を駆使し新材料を開発する「スマ...

東洋鉄工所がバリ取りロボットシステムの設計・製造を、バリ取り専業の藤本工業がティーチング支援やシステム開発に対する助言を、ロボット導入コンサルティングのアラキエンジニアリングが作業者の安全・技術教育の...

ロボット、IoT(モノのインターネット)技術の活用を中心に、建設現場で共通の機械や材料の共同開発や、量産化によるコスト削減などを進めるのが狙い。 新たに参画することになる清水建設は建...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる