78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

広島・清水信彦が担当しました) 【記者の目/技術志向、浮沈の歴史】 ロータリーエンジンに代表される独自技術、世界初の技術が大好きな社風。

73年のオイルショックを受けて燃費の悪いロータリーエンジン搭載車の在庫が積み上がり、業績悪化の最中にあったからだ。... エンジンも馬力や環境性能を高めた新型を投入した。... エンジン部品の機械加工...

東洋工業(現マツダ)のロータリーエンジン(RE)搭載車の中でも、最初の「コスモスポーツ」は最も有名なクルマだろう。... 松田恒次社長の死去を受け、70年11月に後任に就いた長男の松田耕平社長は、すべ...

戦後は何度か経営危機を迎え、一時は米フォードモーターの傘下に入りながらも、ロータリーエンジンに代表される独自技術へのこだわりが強い自動車メーカーとして生き残ってきた。... ガソリンタンクの中にエンジ...

同社の100年の歴史で、転機になったのはロータリーエンジンだ。... 数多くの難題をクリアし、67年には同エンジンを積んだ「コスモスポーツ」の発売にこぎ着けた。

館内は、三輪トラックに始まり、これまでのマツダの名車19台が顔をそろえる「歴史展示」、9機種のロータリーエンジン(RE)を並べて仕組みや技術的な特徴を解説した「RE展示」などで構成。

同エンジンは環境対応に備え生産終了を決めた。... 同社の主力エンジンはすでに「FA型」と「FB型」に移っている。 ... バッテリーEVのほか、航続距離延長(レンジエクステンダー)...

マツダはロータリーエンジンを発電動力とする電気自動車(EV)の市場投入を先延ばしする。... エンジンを積まない純粋なEVや、ロータリー搭載EVと同じ車体を使ったエンジン車は予定通り20年の発売を目指...

ロータリーエンジンの生みの親 ピストンの上下ではなく、おむすび型のローターを回転させて力を生み出すユニークなロータリーエンジンを東洋工業(現マツダ)が開発したのは1967年(昭42)...

ハイドローンは、日東工作所(大阪府枚方市)が開発した、振動が少ない小型の水素ロータリーエンジンを使用する。

リテンション(顧客維持)が、うちはまだ弱い」 ―「スカイアクティブX」という新しい燃焼方式のエンジンをどう訴求しますか。 ... ロータリーエンジンのようにストーリ...

ガルウイングが特徴の「デロリアン=写真」やロータリーエンジンの先駆けともなる「コスモスポーツ(マツダ)」など、140台のクラシックカーが埼玉県越谷市の総合体育館前に展示された。

電動化の進展に備えつつ、エンジンなどの技術を深耕する。 航続距離延長に向けては、ロータリーエンジンを発電に用いて自動車を開発する。... その一方で、ロータリーエンジンを直接の駆動力...

これに向けて電気自動車(EV)および航続距離延長(レンジエクステンダー)のために発電用ロータリーエンジンを搭載したEVを20年に発売する。... またロータリーエンジンを共通ユニットに用い、プラグイン...

日産自動車の「スカイラインGT―R」が搭載する直列6気筒「RB26DETT」エンジンを模型化し税込み3万2400円で売り出した。 ... 今ではマツダの「コスモスポーツ」のロータリー...

協業相手はネットサービスやライドシェアの巨人から飲食まで幅広く、マツダに関しては往年の「ロータリーエンジン」技術をEV向けに復活させるという役割も担っている。

ロータリーエンジン開発を率い、17年末になくなった山本健一元社長の残した「飽くなき挑戦」という言葉を引き、「マツダ規模の会社は、常に挑戦し続けることがきわめて重要」と自らを奮い立たせるように語る姿が印...

特有の低いエンジン音を響かせて走ると、昼休みにお披露目会場へ集まった社員から歓声が上がった。 ロータリーエンジン搭載車では唯一の前輪駆動(FF)車で、ルーチェを名乗る車では初代となる...

志賀取締役は「ちょうど日産に入社したころ(山本氏が開発を率いた)ロータリーエンジンが世の中を席巻していた」と、山本氏が生み出したエンジンの熱気を振り返った。

■アクセスランキング・ベスト10(1/15~1/21) 1位 新電元、120kW充電器開発 EV用、時間6割短縮 2位 量子コンピューテ...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる