37件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

土方亘准教授は、移動体を給電対象としたワイヤレス給電システムの開発について説明した。同システムはパワーアシストスーツや自律走行ロボット、電気自動車(EV)、飛行ロボット(ドローン)などでの活用が想定さ...

LIBは世界的なEV開発を中心に需要の伸長が見込め、車載用ワイヤレス給電システムの開発、インバーターなど省エネルギー機器の技術革新でもこれら電子測定器の重要性が高まっていく。 ...

だが現在はハンドリングロボット、搬送ロボット、ワイヤレス給電システムなど溶接以外の品ぞろえを拡充中。... レーザー加工、研磨、切削などの用途に合わせたシステムに仕上げて提供する。... だからこそシ...

青山学院大、研究成果を紹介 産学連携イベント開く (2019/12/12 中小企業・地域経済2)

今回は知能ロボットや高効率ワイヤレス給電システムといった研究事例、産学連携を支援するリエゾンセンターの取り組みを紹介。

ベルニクス、無線給電システムで新会社 新電源インフラに挑戦 (2019/10/31 電機・電子部品・情報・通信1)

ベルニクス(さいたま市南区、鈴木健一郎社長、048・864・7733)は、ワイヤレス給電システム「パワースポット」を展開する新会社「ベルデザイン」を立ち上げた。... ワイヤレス給電は電極が表面に出な...

都産技研、首都大東京と共同研究 都市課題解決へ (2019/7/3 中小企業・地域経済2)

スマートシティーの実現では、ワイヤレス給電技術を開発する。都産技研の「挟み込み構造のワイヤレス給電システム」に首都大の人体防護の安全性検証技術を加え、給電システムの実用化を目指す。

産機向けワイヤレス給電システムを開発するなど、エネルギー変革に向けた新分野にも挑戦している。... 社会基盤となる鉄道は信頼性や品質が求められるため、これまで日本で開発した製品を投入していたが、最近は...

TDK、ワイヤレス給電システム開発 無人搬送車向け (2019/5/9 電機・電子部品・情報・通信2)

TDKは送電電力1キロワットクラスの産業機器向けワイヤレス給電システム「WPX1000=写真」を開発し、受注を始めた。... 給電可能範囲の長辺方向のズレ許容差はプラスマイナス30ミリメートル、コイル...

ポニー電機、パワエレ開発強化 無線給電研究で技術力向上 (2019/4/23 電機・電子部品・情報・通信2)

産学協同の研究プロジェクトに参画し、高周波のワイヤレス給電システムの開発に取り組むことで技術力や認知度向上を図る。... 参画した産学協同の研究プロジェクトのテーマは、「ワイヤレス電力伝送基盤技術の開...

ダイヘンは自律飛行型の商用飛行ロボット(ドローン)などをターゲットに、自動充電できる小型ワイヤレス給電システムを9月にも実用化する。... 実用化するワイヤレス給電システムは、飛行終了時に地上で簡単に...

【キャパシタを用いたAGV用ワイヤレス給電システム(D−Broad)】 産業機器分野で世界初の磁界共鳴方式を採用したダイヘンの無人搬送車(AGV)用ワイヤレス給電システムは、蓄電デバ...

【エネ庁長官賞】▽「焼結機点火用二段燃焼式ジェットバーナ」JFEスチール 【日機連会長賞】▽「下水処理用3次元翼プロペラ水中ミキサ(SMEシリーズ)」新明和工業▽「小型高性能熱交換器...

ロボット本体に給電するワイヤレス給電システムを含め提案し、22年度に売上高10億円を目指す。

【無人搬送車(AGV)用ワイヤレス給電システム「D―Broadシリーズ」】 産業機器分野で世界初の磁界共鳴方式を用いた無人搬送車(AGV)用ワイヤレス給電システム。... 人体や周辺...

【クボタ・久保俊裕副社長/開発の励み】 農機に全地球測位システム(GPS)を使った当社初の製品での受賞は開発者の励みになる。... 【ダイヘン・蓑毛正一郎取締役執行役員/新しい柱期待...

ダイヘンはAGV(無人搬送車)用ワイヤレス給電システムを応用し、電気自動車(EV)用など、複数のワイヤレス給電システムの開発に着手した。... ワイヤレス給電システム事業で、2020年度に売上高100...

ダイヘンの「無人搬送車(AGV)用ワイヤレス給電システム D―Broadシリーズ」は、工場で稼働するAGVに対し、生産ライン上で非接触自動給電を行える。... 位置ずれ許容範囲が広く、高効率に給電する...

電力や半導体機器、ワイヤレス給電システムなど、他製品も紹介するショールーム併設で「ダイヘンがどんな会社なのかPRする」(同社幹部)役割も担う。 ... 【異材接合】 ...

例えば土砂災害予兆検知システムでは、土砂の重量、粘着力、摩擦、土中の水圧などをAIで分析し、砂斜面崩壊の危険性を見える化する。 ... レーザーロボットシステムの...

日立製作所はAGVとロボットを組み合わせたシステムを開発、2020年をめどに物流施設の自動化を目指す。... 物流施設全体を自動化するシステムを構築する計画だ。 ... ワイヤレス給...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる