電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

「食事支援にはロボットにとっての難問が詰まっている」と説明するのは、神奈川工科大学准教授の三枝亮さん。

神奈川工科大学の三枝亮准教授は日本女子大学と共同で、ロボット用のセンサーで高齢者の歩行機能評価するアプリケーション(応用ソフト)を開発した。

神奈川工科大学の杉本友迅学部生と三枝亮准教授らは、画面を見つめるだけで済む眼球ストレッチシステムを開発した。

しかし三枝亮社長は「初めからコメを売るつもりではなかった」と明かす。... 三枝社長によれば13世帯、35人ほどが暮らす。... 三枝社長は都会の子どもが自然体験ができる場を求めて15カ所を訪ね歩き、...

ロボットの製造コストがかなり下がった」と振り返るのは、神奈川工科大学准教授の三枝亮さん。

明確になっているニーズは少ない」と指摘するのは、豊橋技術科学大学特任准教授の三枝亮さん。

豊橋技術科学大学の三枝亮特任准教授は病院や介護施設のコンシェルジュロボット「ルチア」を新東工業などと共同開発する。... 三枝准教授は「現場の方もロボットを使った日常作業を想像できない。

豊橋技術科学大学人間・ロボット共生リサーチセンターの三枝亮特任准教授のグループは、医療機関や介護施設向けに歩行リハビリ訓練支援ロボット「ルチア=写真」を試作した。

今後は「対話や複雑なジェスチャーができるよう機能を強化したい」(三枝亮特任准教授)としている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン