43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

三田工場(兵庫県三田市)で2月に開かれた役員会の前、個別に呼ばれ交代の意向を伝えられた》 「言われたのは『会社はチーム。

日本ピラー、インド新工場でバルブ部品の生産高度化 (2020/7/7 機械・ロボット・航空機2)

工場稼働の遅れを逆手に取り、三田工場(兵庫県三田市)に一旦、機械を運び、精度向上に向けて調整する。 インド工場の従業員は日本人3人を含む約20人。... これまでインド向けの製品は三...

モリタホールディングス(HD)は、消防車両を生産する子会社モリタの三田工場(兵庫県三田市)を5月6日まで閉鎖して休業する。... 同じ三田市に置いているゴミ収集車の生産工場や修理サービスを手がける工場...

「三田工場(兵庫県三田市)と三田西工場(同)で錠剤製造から包装まで担う一貫体制が整った。大阪府の包装工場も三田西工場に順次集約する。今後は土・日曜を活用した生産余力づくりや生産能力の高い設備開発、工場...

日本ピラー、印に軸封装置製販の現法 来年3月めど (2019/11/21 機械・ロボット・航空機2)

日本ピラー工業は2020年3月をめどに、産業機器用のシール製品を手がける新工場をインドに設置する。... インド新工場は延べ床面積約2000平方メートルのレンタル物件を活用する。... 従来、インド向...

パトライト、東京・大阪の2本社制 関東地区の営業強化 (2019/9/30 機械・ロボット・航空機2)

18年4月に三田工場(兵庫県三田市)を、自社のワイヤレス・データ通信システムを使ったIoTプロモーション工場として公開、システム販売を強化中。... 東京本社の「IoTラボ」では三田工場のIoTシステ...

錠剤製造に特化した「三田工場」のほか、包装専用工場として2016年9月に「三田西工場」を完工し、17年1月に製品出荷を始めた。... 三田西工場では「省人化、自動化が進んでいる」(肥後信弘三田工場兼三...

5月には待望の三田工場(兵庫県三田市)も稼働した。... 三田工場は製造と倉庫の建屋を完全に分離。... 【念願の新工場】 また三田工場には「低酸素体験室」も設けた。

同工場で医療用医薬品包装を手がけており、包装工程を三田西工場(兵庫県三田市)に移管する。... 同社は92年に三田工場(同)、16年に三田西工場を建設。... 大阪工場に勤務の従業員約100人は三田工...

■IoT導入、作業時間効率化 パトライト(大阪市中央区、高野尚登社長、06・7711・8950)は、三田工場(兵庫県三田市)にIoT(モノのインターネット)を導入し、稼働時間に占める...

「兵庫県の三田工場は操業50年以上が経過している。... 事業継続計画(BCP)対策も含め、三田工場は3年かけて改修中。... 電子関連向け製品を扱う九州工場(熊本県合志市)は、半導体製造装置の活況を...

日本ピラー工業は2022年度をめどに、ポンプに取り付ける軸封部品など産業機器向けシール製品を手がける三田工場(兵庫県三田市)内に研究開発棟を新設する。... 現在、三田工場内には技術棟と開発棟が別々に...

「最新の包装設備を持つ三田西工場が完成し、近隣の製剤専用の三田工場と合わせ後発薬の一貫生産体制が整った」と喜ぶのは、沢井製薬社長の澤井光郎さん。 ... それだけに三田西工場には多く...

沢井製薬、兵庫県の包装専用工場完成 (2016/10/6 ヘルスケア)

沢井製薬は兵庫県三田市に建設してきた包装専用工場「三田西工場=写真」を完成し、2017年1月に製品出荷を始める。加えて同工場完成で隣接する三田工場(同)に空いた包装工程スペースには新たに製剤設備を導入...

三菱マテリアルは28日、スパッタリングターゲットの「量産技術センター=写真」を三田工場(兵庫県三田市)に新設したと発表した。

高井さんには同社オリジナルグッズを贈るほか、日本最大級の消防車製造・メンテナンス工場の三田工場(兵庫県三田市)に招待する。

ジェネリック医薬品(後発薬)を中間品の段階まで製剤し、共和薬品の三田工場(兵庫県三田市)に受け入れ、検査、品質管理、包装を行い出荷する。... 今後は共和薬品の三田工場で製剤している量産品を中心に、イ...

主力の三田工場(兵庫県三田市)を管轄する佐藤聖之工場長に今後の対応などについて聞いた。(大阪・香西貴之) ―三田工場の位置づけと生産能力は。 ... 三田工場では約...

自ら企画し中国に工場を設立、責任者として就任するなど行動力も発揮。... 02年中国杭州菱慶高新材料(金線工場)総経理、08年三田工場技術開発室長、13年同工場長。

モリタ(兵庫県三田市、中島正博社長、079・568・7800)は、消防車製造の年間作業量の平準化を進める。三田工場(同市)で、製作工程や日数が多くかかるはしご部を見込み生産に切り替え、上期(4―9月)...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる