583件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

小林氏は三菱レイヨンや田辺三菱製薬などグループの統合を主導し、巨大グループ形成に貢献した。

田口栄一氏(89歳、たぐち・えいいち=元三菱レイヨン〈現三菱ケミカル〉社長)18日老衰のため死去。

3代目の越智仁氏はグループ再編を引き継ぎ、三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンを統合して三菱ケミカルを発足。

10年に三菱レイヨンを、14年に大陽日酸(現日本酸素HD)を連結子会社化。17年に三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンの素材系3社を統合して「三菱ケミカル」とし、グループの形を変えてきた。...

【三菱ケミカルメタクリレーツ】佐々木等氏(ささき・ひとし)83年(昭58)慶応大法卒、同年三菱レイヨン(現三菱ケミカル)入社。

17年の三菱化学と三菱樹脂と三菱レイヨンの合併も「気心が知れていて話が進みやすかったから」と明かす。

(梶原洵子) 【社外と連携強化】 三菱ケミカルは、三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンの3社統合から日が浅く、CE関連の技術は分散している。

【三菱ケミカルインフラテック】福居雄一氏(ふくい・ゆういち)82年(昭57)阪大院プロセス工学専攻修士修了、同年三菱レイヨン(現三菱ケミカル)入社。

三菱ケミ、4月にフェロー制度新設 (2019/2/28 素材・ヘルスケア・環境)

旧三菱化学は同制度を有していたが、2017年4月の三菱樹脂、三菱レイヨンとの統合後は引き継いでいなかった。

人類にとってどれほど深刻な問題かを学術的に突き止めなければいけない」 ―17年の三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンの3社統合後も事業所数はほぼ変わっていません。

今回の開発は三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンが2017年4月に合併して技術融合を進めてきた成果。

(起用理由を推測するなら)欧米に駐在していたほか、新商品開発はフィルム時代にゼロから立ち上げた経験がある」 ―前身の三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンが持っていた計12...

(鈴木岳志) 【略歴】かねこ・ひろし 85年(昭60)山口大工卒、同年三菱レイヨン(現三菱ケミカル)入社。

3工場は09年に旧三菱レイヨンが買収した英ルーサイト・インターナショナル・グループの拠点だった。

3工場は09年に旧三菱レイヨンが買収した英ルーサイト・インターナショナル・グループの拠点だった。

三菱ケミ、4月に物流子会社統合−事業拠点・販路を拡充 (2018/1/15 素材・ヘルスケア・環境)

旧三菱化学と旧三菱樹脂、旧三菱レイヨンが統合し三菱ケミカルが発足した一環で、重複していた物流機能を再編する。

旧三菱化学や旧三菱レイヨンの拠点も視野に入れ、3社統合の効果も引き出す。

岩佐重雄氏(89歳、いわさ・しげお=元三菱レイヨン〈現三菱ケミカル〉副社長)10月22日死去。

三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨンが4月に統合。

宇部興産など3社、樹脂事業統合を延期 法手続きに時間 (2017/9/4 素材・ヘルスケア・環境)

JSR完全子会社のテクノポリマー(東京都港区)と、宇部と旧三菱レイヨン(現三菱ケミカル)が折半出資するUMGABS(東京都中央区)を統合し新会社を立ち上...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン