電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

NTN、軸受異常検知で設備診断詳細に 振動・周波数を分析 (2023/7/25 機械・ロボット・航空機1)

設備の振動測定や周波数分析で損傷部位を推定し、設備機器の不具合や停止の未然防止を支援する。... 自治体の上下水道設備に提案したサービス事例では、配水ポンプやモーターの測定データから、顧客では認識でき...

展望2023/明電舎社長・三井田健氏 海外黒字化へ攻勢着々 (2023/1/17 電機・電子部品・情報・通信2)

上下水道設備については減災、防災投資が増加している」 ―水力発電などの再生可能エネルギー事業に注力しています。

展望2022/明電舎社長・三井田健氏 EV成長、来年度以降期待 (2022/1/24 電機・電子部品・情報・通信)

「国土強靱(きょうじん)化の流れを背景に、上下水道設備の更新に国の予算がかなりついている。... 当社はポンプを動かす電気関連の設備・システムを手がけており、受注が好調だ」 &...

明電舎、24年度上期黒字化 EV向け部品事業加速 (2022/1/6 電機・電子部品・情報・通信1)

国土強靱(きょうじん)化の流れを受けて上下水道設備の投資が旺盛で、中継ポンプ場向けの設備・システムの受注が増えている。

下水汚泥処理などの上下水道設備や化学・食品分野向け単体機器などの開発機能だけでなく、ショールームの役割も担う。

阪神交易、工業用内視鏡 手届かない場所も確認 (2019/7/22 機械・ロボット・航空機2)

配管・空調設備のメンテナンスや機械内部、道路、上下水道設備の検査、建築・リフォーム業者の屋根裏の確認など向けに提案する。

月島機械は室蘭工業大学と、上下水道設備や産業プラントの運転効率化を実現するための共同研究を開始した。

新日本電工、建設子会社を鴻池運輸に売却 (2019/2/7 素材・ヘルスケア・環境)

中電産業は総合建設事業やプラント設備の建設・保守・点検、上下水道設備の受託管理などのエンジニアリング事業を北陸地域で幅広く手がける。

「TOWAILET(トワイレ)」は、上下水道設備や電源がなくても設置可能な「完全自己処理型水洗トイレ」。... 使用状況や設備の異常、利用者の緊急通報などは、通信機能によってタブレット...

ニシム電子、上下水道不要の水洗トイレ開発 (2018/2/7 建設・エネルギー・生活1)

上下水道設備や電気が不要で災害時ほか常設でも利用できる。... 使用状況や設備の異常、利用者の緊急通報などを通信機能によって遠隔管理できる。

―成長分野に位置付づける上下水道分野のPPP(官民連携)事業は進捗(しんちょく)していますか。 ... すでにクラウドコンピューティングで上下水道設備...

SDGsと密接な関わりがある上下水道設備を手がけるメタウォーターは「仕事の内容が変わるわけではないが、SDGsに対応して社外へ説明できるようにする」(中村靖社長)とする。

東京センチュリー、月島機械と業務提携 (2017/5/23 機械・ロボット・航空機2)

3月に同社の発行済み株式の3・85%を取得していて、再生可能エネルギーを活用した発電事業の共同検討や、上下水道設備での官民連携事業の提案などに取り組む。

富士通は設備の運転や保守業務の技術伝承を支援するソリューションを発売した。... このソリューションはメタウォーター、メタウォーターサービス(東京都千代田区)と行った上下水道設備に関す...

経済産業省は上下水道設備などの水インフラにIoT(モノのインターネット)を導入し、効率化を促す実証事業を2016年度に始める。設備の状態や水質に関するビッグデータ&...

現在も「改修工事などの相談は来ている」(同)とした上で、「道路や上下水道設備といった生活インフラの整備が先ではないか」と慎重な姿勢を崩さない。

国内は上下水道設備向けが下支えした。

月島機械が29日発表した2015年4―9月期連結決算は、上下水道設備などを扱う水環境事業が振るわず、各利益段階で赤字となった。... 一方、各種プラント設備を扱う産業事業は堅調に推移。

このほか、産業事業では製造業における一般産業機械設備、自動車開発用試験機、社会インフラ設備(発電装置、上下水道設備システムなど)を手掛ける。

全国にある上下水道設備の老朽化が進んでいるため、今後は更新需要の増加が予測される。... 上下水道設備に関する現場の情報をICTで集めて分析・活用し、効率的な運営につなげるというものだ。... 【有力...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン