電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,120件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

製品市況は流通間の唱え上げに反応、4月半ば同2000―3000円の上伸を見た。

市況は4月に電炉条鋼品を中心に浸透したトン当たり2000―3000円の上伸を維持。

市況は4月に入り一定の転嫁上伸を見た後、受注を優先した一部流通間の動きなどから様子見へ移行している。... 結果、現状では同5000円の唱え上げに対し同2000―3000円程度の上伸で停滞している。

ただ長びく建設実需の低迷に荷動きが振るわず、4月当初一定額上伸した市況に停滞感が広がる。... 製品市況は製販の値上げ姿勢に4月以降、平均値が同2000―3000円上伸。

ただ荷動きの停滞感に上伸力を欠き「メーカー指定のない製品取引では9万円台も散見できる」(流通筋)展開。

製品市況は店売り市場で主体となる電炉品の値上げ幅に連動し、同1万円プラスアルファで上伸。

製品市況は4月に入り、流通間の唱えが進展し同2000―3000円の上伸を見た。... 流通間による値上げ方針の差異に市況上伸への勢力は鈍化している。

ただ流通間で価格施策に協調性を欠き、トン当たり5000円の再販値上げに対し、同2000―3000円程度の上伸でとどまっている。

形鋼類など電炉条鋼品種を中心にトン当たり2000―3000円程度上伸した。 ... 市況は低調な需要環境に再度予定していた唱え上げが延期され上値上伸が難しい情勢。

市況は内外製品の仕入れ高に底上げが必要な状況ながら「需要減少とともに中国材の影響で上伸力を欠き膠着(こうちゃく)した展開」(流通筋)が続く。

ただ新年度以降は荷動き停滞感とともに上伸力に陰りが見える。

製品市況は4月入り以降、流通間の唱え上げに上伸基調で推移。... 結果、値上げ転嫁は段階的に進み、足元同2000―3000円の上伸にとどまる状況だ。

21年当初からの値上げ幅は高炉品が同9万円、電炉品はサーチャージ分を除き同8万円の上伸推移。 ... SC材の実勢価格は先月末比でトン当たり1万円上伸し19万5000―20万円どころ...

流通も連動し再販価格の唱えを上げたことで、4月以降の市場価格は上伸傾向。... 足元では採算割れの超安値域は解消され、流通が唱える同5000円の値上げに対し、同2000―3000円程度の上伸。 ...

専業メーカーは販価是正機運を崩さず、流通も安値販売を回避し一段上の市況形成に本腰を入れている。... 従来ならば5月の大型連休明けに下期明細が出始めるようだが、統計上の需要低迷予測から「今年は見通しが...

鉄鋼 【鋼材・大阪地区】本格復調は下期以降 大阪地区の鋼材市況は品種によって基調を違えるものの、総じて上伸含みで新年度入りした。

市況は4月に入り上伸、段階的に上値を試す展開にある。

市況は溶協品種が4月に入り同5000円の上伸経過。

大阪地区の平鋼相場は上伸基調で推移している。... 従来の超安値域は解消に向かい、流通が唱える同5000円値上げに対し、4月入りを機に先月末比同2000―3000円上伸した。...

市況は4月に入りトン当たり約2000円の上伸。... 市場ではこれまでメーカー間で異なる値上げ施策や打ち出し時期に販売上での様子見対応が拭えなかった。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン