259件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

月島機械、下水汚泥を燃料化 (2021/4/27 機械・ロボット・航空機2)

月島機械は京都市で、下水汚泥を固形燃料化する事業を始めた。... バイオマス資源である下水汚泥由来の固形燃料を石炭の代わりに使うことで、温室効果ガス排出を抑制し、地球温暖化対策につなげる。

月島機械、大分で消化ガス発電 (2021/4/26 機械・ロボット・航空機2)

月島機械は大分県中津市で、下水汚泥由来の消化ガスによる発電事業を始めた。... 消化ガスはメタンを主成分とし、下水汚泥処理の過程で発生する。

月島機械、高知で消化ガス発電 (2021/4/8 機械・ロボット・航空機2)

月島機械と高知県は、下水汚泥処理の過程で発生する「消化ガス」を活用した発電事業を始めた。

東京都は埼玉県と、災害時に下水汚泥処理の相互協力をする。災害で処理が十分できなくなった場合、汚泥を余力のある方にトラック輸送して処理する。... これらのセンターは集まった下水を水分と汚泥に分け、水分...

タクマ、札幌の下水汚泥発電で焼却炉受注  (2021/2/17 機械・航空機 1)

タクマは16日、日本下水道事業団が札幌市に納入する下水汚泥焼却発電システムを受注したと発表した。既設焼却炉の更新に際し、1日当たり100トンの汚泥処理ができるストーカー炉1基と発電設備を組み合わせたシ...

日立造、下水汚泥の焼却事業に参入 (2021/1/13 機械・航空機 1)

日立造船は12日、下水汚泥の焼却事業に参入したと発表した。... 下水汚泥の焼却は850度C以下で低温燃焼した場合、一酸化二窒素(N2O)が発生する。... 日立造船は強みとするゴミ焼却のストーカー炉...

睦技研(徳島市、黒田睦社長、088・664・6040)は、表面処理工場から排出されるスラッジ(沈殿物)や下水汚泥などを、均一な粒状に乾燥処理する装置を発売した。

日鉄エンジニアリング(東京都品川区)などが出資する特別目的会社(SPC)空見バイオパートナーズ(名古屋市西区)は、名古屋市港区に下水汚泥を燃料化する「空見スラッジリサイクルセンター下水汚泥固形燃料化施...

9月10日は下水道の日 (2020/10/6 特集・広告)

下水処理工程では水と汚泥の分離法として活性汚泥法が採用されている。... 下水処理場に流入する汚泥中のリンは農業用途の貴重な資源になっている。... 下水汚泥中には海外輸入量の10%のリンが含...

環境装置事業では福島県いわき市の浄化センターの管理運営を行い、今後は市の下水汚泥利活用事業で設備建設の受注を狙う。

下水汚泥から水素を製造し、カーボンニュートラルな水素の活用なども想定している。

月島機械は、バイオマスボイラを活用して下水汚泥の熱利用と減量化を進める技術の実証研究が国土交通省の事業に採択された。... 減量化による汚泥処分費の削減効果などを検証。近隣の下水処理場の汚泥や地域の木...

月島機械は、中国・上海市の石洞口下水処理場で建設を進めていた汚泥処理2期工事が完了し、試運転を始めた。... 急速な経済発展や都市化を背景に、中国では下水処理場が急増。処理汚水量が増える中、下水汚泥処...

タクマ、石川のゴミ焼却発電施設受注 23年完成 (2020/4/21 機械・ロボット・航空機1)

ゴミと混焼する下水汚泥の乾燥用には、タクマの蒸気間接加熱型汚泥乾燥機を採用する。下水汚泥の量・質ごとに対応でき、焼却により発生する蒸気を乾燥に利用可能な同乾燥機は1日当たり30トンの汚泥を処理できる。...

月島機械など、千葉・市原市から下水汚泥処理施設を受注 (2020/4/2 機械・ロボット・航空機2)

月島機械とテスコ(東京都千代田区)、上野工業所(千葉県市原市)は、市原市から「松ケ島終末処理場下水汚泥固形燃料化事業」を受注した。... 今回、受注した事業は、老朽化した松ケ島終末処理場の汚泥焼却炉に...

住友大阪セメントなど、船橋市と協定締結 (2020/3/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

今は同市で発生した下水汚泥を栃木工場(栃木県佐野市)において、一般焼却灰を八戸セメントにおいて受け入れてセメント製造に使用している。

西松建・新潟大、下水汚泥焼却灰からリン 肥料用82%回収 (2020/1/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

西松建設と新潟大学は下水汚泥焼却灰から肥料用のリンを高効率に回収する技術を共同開発した。... 今後、下水汚泥灰の処理量を現在の約1キログラムから拡大して実証実験を行い、実用化につなげる。 &...

下水汚泥処理などの上下水道設備や化学・食品分野向け単体機器などの開発機能だけでなく、ショールームの役割も担う。

展望2020/住友大阪セメント社長・関根福一氏 新たな地域に輸出拡大 (2020/1/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

セメント工場では下水汚泥や産業廃棄物などの受け入れ契約があるため、稼働を抑えるわけにはいかない。

クボタ/下水汚泥脱水機 脱水ケーキ削減 (2019/10/28 新製品フラッシュ2)

クボタは下水汚泥の脱水処理に用いる遠心脱水機を発売した。... 汚泥に最大遠心力を長時間掛け続けられるため、汚泥から脱水した脱水ケーキの発生量削減につながる。... 自治体が保有する下水処理場向けに年...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる