161件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

下請け取引適正化に向けた仕組みとして、個社レベルで「自主行動宣言」を策定し、適正化への意識を高めることを提案した。... 取引適正化に向けて価格決定や型管理、支払い条件といった従来の課題に加え、知的財...

経済産業省・中小企業庁は下請け取引適正化を推進するため、今春にも「下請Gメン(取引調査員)」の人員を現状比で約3割増の約150人に増員する。... 買いたたきや知的財産の不当な吸い上げなどの“下請けい...

出席した梶山弘志経産相は、下請け取引適正化を浸透させる取り組みの重要性を強調。従来の業界団体に加え個社にも取り組みを促す仕組みの構築や、中小企業と大企業がともに成長し共存共栄するためサプライチェーン(...

下請け取引適正化に向けた「自主行動計画」を策定する業界団体が広がっている。... 策定団体を広げて取引の適正化を促し、中小下請けの稼ぐ力の向上を後押ししたい考えだ。 ... 19年度...

経済産業省は下請け取引の適正化に向け、下請け事業者の振興を目的とする下請中小企業振興法の「振興基準」を月末をめどに改正、施行する。... 下請け取引の適正化をめぐっては、経産省が16年から取引適正化に...

経済産業省・中小企業庁は下請け取引適正化に関する各業界団体が実施した調査結果をまとめ、公表した。... 企業庁は日本自動車工業会(自工会)など各業界団体が下請け取引適正化に向けて策定した「自主行動計画...

ただゼネコンをはじめファブリケーターや下請け加工業者は焦って仕事を求める対応を見せなかった。 ... トップはこう見る 在庫適正化で市況回復 古賀オール社長・古畑勝...

企業庁、取引適正化で関西中小と意見交換 (2019/12/18 中小企業・地域経済1)

経済産業省・中小企業庁は17日、大阪市内で「取引適正化推進会議」を開き、関西地域の中小企業経営者らと下請けの取引状況について意見交換した。 出席した中野洋昌経済産業大臣政務官(写真中...

経済産業省・中小企業庁は9日、下請け取引の適正化に向けて協議する「取引問題小委員会」を開いた。日本自動車部品工業会(部工会)など各業界団体が参加し、取引実態や課題を説明した。... 企業庁は「今後は受...

経済産業省がまとめた金型など型取引の適正化に向けた規範(ルール)に注目する中小企業は多い。... こうした対策を講じる中で、経産省が新たにルール策定に踏み切ったのは、取引の適正化が想定より進まなかった...

中小企業を大手企業の下請けではなく「価値創造企業」と位置付けた上で、大手企業とともに成長するための新たな中小政策の在り方を議論する。... 同会議では、中小企業が適正なマージン(売上高から売上原価を差...

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(226) (2019/12/3 中小・ベンチャー・中小政策)

■下請け取引適正化に関する親事業者への要請 先日、経済産業相と公正取引委員長との連名で、親事業者20万社および関係事業者団体約1100団体に対し、下請け取引の適正化に関して、文章をも...

経済産業省・中小企業庁は27日、下請け取引の適正化に向けて議論する「取引問題小委員会」を開いた。... 日本自動車工業会(自工会)では適正な原価低減要請の徹底について、全14社が実施したと回答。......

産学官の有識者協議会で10月中旬にまとめた型取引の適正化に向けた規範(ルール)案について内容を確認。... 取引開始時に取引条件を書面化することが望ましいとし、ルールに沿った書面のひな型も示した。型の...

適正な取引の実現へ また国内市場の縮小により、特に大手製造業の系列に縛られる中小製造業は競争激化で適正なマージンが得られず、廃業に追い込まれるケースが増加する見通しだ。 &#...

経済産業省は、金型など型管理の適正化に向けた規範(ルール)案をまとめた。... ルールを順守しているかを官民で検証できる仕組みを整備して実効性を担保し、下請け中小企業の資金繰り改善につなげる。 ...

初会合では経産省・中小企業庁の担当者が下請け取引適正化に関する政策「未来志向型の取引慣行に向けて(世耕プラン)」で掲げた重点課題のうち「型の返却・廃棄」や「保管費用の発注側負担」が進んでいない実態やル...

横顔/北海道経済産業局長に就任した安藤保彦氏 (2019/7/31 中小企業・地域経済2)

通商産業省(現経済産業省)入省以来、ベンチャー支援や中小企業対策、地域活性化などに携わってきた。... 中小企業庁で下請け取引の適正化に取り組んだ時には、200社以上の中小企業を回り、施策に反映した。...

成長が続いた世界自動車市場は減速感が表れ始め、業界は「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」と呼ぶ新潮流が押し寄せる。... ただ中長期的には事業環境は良くなると思うし、企業として...

下請け企業が発注企業から量産終了後の型の保管費用を長期にわたり強いられ、経営の圧迫要因になっている。... さらに経産省は中小企業庁や公正取引委員会など関係省庁と連携し、ルールを軸に大企業や下請けへの...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる