電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

224件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

大胆な資本・人材投下を 世界経済は緩やかな回復基調にあり、日本経済も堅調だ。... 日本企業が世界で戦っていくためには、もう一段の構造改革、生産性向上のためのデジタル変革(D...

経営ひと言/マルハニチロ・池見賢社長「魚食を身近に」 (2024/6/24 生活インフラ・医療・くらし)

世界人口が増加する中、たんぱく質不足は大きな課題だ。

世界人口の増加で食料需要の伸びが見込まれる中、環境保全と食料安全保障を両立できる点を訴求する。 ... 経済協力開発機構(OECD)などによると、2030年の世界の穀...

世界の食料需給の変動や地球温暖化の進行、国内の人口減少といった情勢の変化に対応するため、①食料安全保障の確保②環境と調和のとれた食料システムの確立③農業の持続的発展のための生産性向上④農村の振興―を目...

コマツ、岩塩・カリウム地下掘り掘削機 年内めどに開発 (2024/6/21 機械・ロボット・航空機)

岩塩は健康志向、カリウムは世界人口の増加に伴う農産物用肥料向けで高成長が見込める。

世界人口が増える中、石油・天然ガスを十分代替する熱量や汎用性を持つ手頃な価格のエネルギーはないことが再認識されつつある。... 「CNは勝者と敗者を生む世界規模のゲームだ。... 1969年に日本が始...

例えば2050年には世界人口の半数以上に当たる50億人が水不足に苦しむとの予測もある。

世界約40カ国で展開する農業資材の販売ではエリアを拡大し、世界人口の増加に伴う農作物関連の需要増を取り込む。

世界的な人口増加に伴うたんぱく源の不足や気候変動への対応を推進し、持続可能な社会形成を後押しする。(編集委員・田中明夫) 健康・環境、ニーズ多様化に配慮 &#...

参天製薬、日本で製販承認申請 近視進行抑制治療の点眼剤 (2024/3/1 生活インフラ・医療・くらし1)

近視の患者は2030年に世界人口の約4割、50年に約5割に達するとされる。

世界人口の増加に伴うたんぱく源の需給逼迫(ひっぱく)や健康志向の高まりに対応するため、大豆を使ったハンバーグなどを消費者ニーズに合わせて開発する。... 代替肉などを開発するスタートア...

世界人口の増加に伴う食糧不足や飼料価格の高騰が懸念される中、イワシなどで生産する魚粉の代替飼料ニーズを掘り起こす。... 新興国を中心とする世界人口の増加に伴う食糧需給の逼迫(ひっぱく)...

カゴメ、米トマト加工会社を買収 原料安定調達 (2024/1/30 生活インフラ・医療・くらし)

トマト加工事業は世界人口の増加や経済成長などにより、今後も底堅い需要が見込める一方で、気候変動リスクや地政学リスクなどが高まっている。... 年間約155万トンのトマトを加工し、その量は米国で2位、世...

他方、世界人口が2050年には100億人になる。

ローマクラブ、科学に基づく情報発信強化 1972年に発表されたローマクラブの『成長の限界』は、世界人口、食料生産、資源使用、工業化、汚染の増加率が一定なら、地球における成長は100年...

世界が新冷戦の時代に突入したことで、地球規模での協力は困難になる。... 世界人口のうち72%は専制国家に住む。... 新冷戦が始まって、世界は分断を深める。

エネルギーの安定供給と脱炭素の両立、世界人口が増える中での自然資本の水資源・食料の確保など、新中計で示した複雑な課題は短期間で解消されそうになく、横断的な事業創出力は商機となる。

世界の人口の2割に満たない中国が主要穀物の世界在庫量の半数以上を積み上げている。... それはさておき事実として世界在庫の半数以上を握っている。 ... 現在、ウクライナ情勢や台湾問...

新興国を中心に世界人口が増加する中、豊富なたんぱく源として需要拡大が見込まれる鶏肉の供給網の拡充を図る。... たんぱく質が豊富な鶏肉は飼料効率が高いほか、宗教制約も少ないため人口増加が見込まれる新興...

つまり第二次世界大戦後の復興期だ。... 他方、人口も爆発的に増加した。1950年には約25億人だった世界人口は、90年には50億人、2022年には80億人を超えた。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン