74件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

WIPO GREEN、日本10社が環境技術開放 開発成果を有効活用 (2020/2/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

パナソニック、キヤノン、ダイキン工業などが相次いで国連機関が主導する環境技術の普及活動「WIPO GREEN(ワイポグリーン)」のパートナー企業となり、保有技術を公開した。... ワイポグリーンは国連...

コニカミノルタは国連機関が主導する環境技術の普及活動「WIPO GREEN(ワイポグリーン)」のパートナー企業となり、データベースに24件の技術を登録した。... ワイポグリーンは国連の世界知的所有権...

特許庁は29日、2020年3月に予定される世界知的所有権機関(WIPO)次期事務局長選挙の候補者に同庁職員の夏目健一郎WIPO特許協力条約(PCT)法務・国際局上級部長(51)を擁立すると発表した。....

28日は世界銀行が「アフリカの食料安全保障、都市化と気候変動の観点から」と題したセミナーを開くほか、世界知的所有権機関(WIPO)が「知財でつかむアフリカンドリーム、スタートアップが語るイノベーション...

東芝、AIに成長賭ける 世界3位の技術力武器 (2019/5/28 電機・電子部品・情報・通信2)

世界知的所有権機関(WIPO)によるAI技術特許ランキングでは世界3位につけた。... (編集委員・鈴木岳志) 東芝はWIPOのAI技術特許ランキングで米IBMと同マイクロソフトに次...

【フランクフルト=時事】世界知的所有権機関(WIPO)が19日公表した2018年の特許の国際出願件数によると、企業別では中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が5405件で、2年連続の首位だった...

【フランクフルト=時事】世界知的所有権機関(WIPO)が3日公表した報告によると、2017年に各国・地域の当局が受け付けた特許出願件数は、中国が138万1594件と全体の約4割を占め、7年連続の首位と...

特許庁は米国と共同で、世界知的所有権機関(WIPO)における意匠法条約(DLT)の採択に向けたプロジェクトを始動した。... 日米が1年程度かけて議論を主導し、2019年秋をめどに中国など世界5大機関...

日本へ知的財産権を出願する需要が増えている。... 世界知的所有権機関(WIPO)によると、中国の特許の国際出願件数は2017年に初めて日本(4万8208件)を抜き、米国に次ぐ2位(4万8882件)に...

世界知的所有権機関(WIPO)などがまとめた「グローバル・イノベーション・インデックス(GII)2018」によると、日本は革新的な国のランキングで13位に入り、前年から順位を一つ上げた。... GII...

女性の発明者比率、日立化成が日本企業で1位に (2018/5/29 素材・ヘルスケア・環境)

世界では21位。世界知的所有権機関(WIPO)の日本事務所が、2015―17年に国際特許の出願件数が多かった企業について調べ公表した。企業別の世界トップは、韓国LG化学の72・5%だった。 &...

特許庁の調査では、特許権所有企業の方が業績は堅調で、経営にプラスの効果があることが明らかになっている。 ... 中小・ベンチャー企業がイノベーションを創出し、世界に羽ばたくことで、日...

事業推進と知的財産 国連の専門機関である「世界知的所有権機関」(WIPO)が3月、2017年の特許国際出願数を発表した。... ライフスタイルに合わせた商品開発を積極...

 米国のトランプ大統領が先週、中国の知的所有権侵害についての通商法301条による調査に基づき、中国製品に対する関税などの貿易制裁を課すと発表。... こうした動きは、世界の国々に連鎖し、影響をおよぼす...

国連の専門機関、世界知的所有権機関(WIPO)が21日公表した2017年の特許の国際出願件数によると、中国が日本を抜き、2位に浮上した。首位の米国に迫っており、知的財産権の分野でも中国勢の存在感が増し...

このほど開いた「世界知的所有権機関(WIPO、国連の専門機関)ハイレベルフォーラム」に合わせてPPH試行を合意した。 経済のグローバル化に伴い、世界の特許出願件数は06年から15年ま...

特許庁は21日、世界知的所有権機関(WIPO、国連の専門機関)と開発途上国の知的財産制度の整備支援で協力を拡大すると発表した。... 日本は30年前からWIPOへの任意拠出金を支出しており、その規模は...

さまざまな業種が持つ産業データや知的財産を駆使することで自動運転車など次世代技術が開花する。... 知的財産紛争が発生した際、時間や費用のかかる裁判に持ち込まずに解決を狙うものだ。... さらに強制実...

イノベーションが成長の源泉となるか 1978年の「改革・開放」以降の高度成長で世界第2位の経済大国に躍進を遂げた中国は、2006年に「イノベーション国家」志向を提...

近年、イノベーションの創出には知的財産権関連制度の整備が欠かせないとの認識が高まっている。... 世界知的所有権機関(World Intellectual Property O...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる