29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

根治を目指した抗体との併用療法の開発につながると期待される。 ... HIVの中和抗体を用いた抗体療法では、PEG化されたCD4ミミックが中和抗体の効果を飛躍的に増強させた。 ...

部分的に中和抗体の効果がなくなっても、他の中和抗体が機能すればワクチンの効果は期待できる。

神戸大学大学院医学研究科の森康子教授らは17日、兵庫県内の医療施設から提供を受けた血清を解析した結果、新型コロナウイルスの再感染を防ぐ「中和抗体」の保有率が0・15%であったことが判明したと発表した。

神戸大が選別した高い中和活性を持つ検体を使い、イーベックがヒト抗体を作製する。有効な抗体を欧米の大手製薬会社などへ橋渡しし、抗体医薬品の市場投入を後押しする。 ... 森教授は感染症...

新型コロナウイルス感染者のほとんどが再感染を防ぐ抗体を半年後にも持っている―。... 約620人の応募者のうち、10月26日の時点で血液検体の測定を完了した計376人について、新型コロナの働きを抑え再...

【神戸】神戸大学大学院医学研究科の森康子教授(写真中央)らは12日、新型コロナウイルスの再感染を防ぐ「中和抗体」について、より重症度の高い患者ほど多く生成できることが判明したと発表した。 &#...

感染時にウイルスの侵入を防ぐ中和抗体ができるが、同時に再感染阻止に役立たない抗体も作られる。「今まで測りやすい抗体を測定していたため中和抗体か判別できなかった」と肩を落とす。 中和抗...

再感染を防ぐ「中和抗体」の有無を調べる。... 新型コロナに感染すると体内で多くの抗体が作られるが、新型コロナを無力化する中和抗体だけでなく、そうした役割を果たさない抗体も作られる。一般的な抗体検査で...

国内で中和抗体が確認されたのは初めてという。同省は、中和抗体が体内でどの程度持続するかなどを引き続き調べる方針。 ... 厚労省は「抗体検査は民間企業でも行っているが、中和抗体まで確...

同研究所とは新型コロナ治療用ウイルス中和抗体の開発を進めてきた。... 同社は、東京理科大学と共同開発した体外免疫法を使って、新型コロナ向けの抗体医薬品を開発する計画。 体外免疫法は...

さらにウイルス阻害因子である中和抗体とインターフェロンを分泌しており、免疫細胞のような機能を持っていた。

特殊免疫研究所(東京都文京区、伊藤行夫社長、03・3814・4081)は、抗体医薬「TKM―011(開発コード)」の非臨床試験を通じ、同剤が肝臓疾患の一種である原発性胆汁性胆管炎(PBC)に効果的であ...

同プロジェクトは、がんに関わるたんぱく質「ポドプラニン」の機能を阻害する中和抗体を開発し、がん治療用抗体薬として市場投入を目指す。アピが抗体医薬品の製造技術開発、がん研究会が薬理評価をそれぞれ担う。&...

ただ頻回の静注は患者にも家族にも負担が大きい上、インヒビター(中和抗体)が生じて第VIII因子製剤が効かなくなる場合もある。... 第VIII因子を投与し続けて、抗体産生量をだんだんと低下させていくも...

中外薬、血友病A治療薬が承認 中和抗体保有者に対応 (2018/3/26 素材・ヘルスケア・環境)

中外製薬は血液凝固第VIII因子に対するインヒビター(中和抗体)保有の血友病A治療薬「ヘムライブラ皮下注」(一般名エミシズマブ遺伝子組み換え)の国内承認を取得した。... 定期的に第VIII因子製剤を...

中外製薬はインヒビター(中和抗体)保有の血友病Aに対する治療薬「エミシズマブ(一般名)」の承認申請が米国食品医薬品局(FDA)に受理され、優先審査に指定された。... 定期的に第VIII因子製剤を補充...

標的部位以外に拡散しにくく、中和抗体ができにくい。

対象は「インヒビター(中和抗体)を保有する先天性血液凝固第VIII因子欠乏患者における出血傾向の抑制」。... 定期的に第VIII因子製剤を補充して出血頻度を減らす治療が行われるが、一部の患者には補充...

抗血清製剤は病原体の増殖を阻害する抗体(中和抗体)を有効成分とする医薬品。

大阪大学大学院医学系研究科の谷山義明寄附講座准教授らの研究グループは、急性心筋梗塞の発症後に心不全を引き起こす原因たんぱく質を特定し、中和抗体を作製して発症の抑制に成功した。ペリオスチン1というたんぱ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる