電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,831件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

「960万平方キロメートルの国土に14億人が暮らし、新車販売は年3000万台を超える世界最大市場」と中国市場について説明するのは、トヨタ自動車副社長の中嶋裕樹さん。 ...

これらの地域に置けば一定の効果があるとみているので、積極的に進める」 ―経済が失速している中国市場のてこ入れは。 ... 中国国内の主要な市場はこれでカバーできる。...

中国市場ではホームエレベーターなど成長分野などに注力する。 日本市場では新設だけでなく更新需要を積極的に取り組むほか、人員の増強などで保守・修理市場の取りこぼしを...

電子部品8社の通期見通し、7社が当期増益 車載向け堅調に推移 (2024/5/16 電機・電子部品・情報・通信1)

太陽誘電の福田智光取締役常務執行役員は「魅力のある市場」と話した。... 車市場に注目が集まる一方、中国経済の動向は引き続き懸念材料となる。... オムロンの辻永順太社長は中国市場について「25年3月...

2024年3月期連結決算(国際会計基準)は為替の円安効果で売上高は増加したものの、デジタルピアノの市況の回復遅れや中国市場の不振、在庫削減のための生産調整の影響などで各利益段階は減益だ...

「24年度も中国市場の売上高はなかなか期待できない」とする。 同社は日系メーカーが取引の中心だが「中国の地場のメーカーにも使ってもらうよう取り組む」と力説する。市場環境の厳しさを緩和...

「大型の5軸加工機が数多く展示されていた」と4月に中国・上海で開かれた展示会「中国CNC工作機械展覧会(CCMT)」を振り返るのは、日本工作機械工業会会長(...

IT融合の遅れを取り戻すために中国IT企業との提携を進めることは、中国市場での生き残りを図るためには避けられない選択なのだろう。 ... 米国が目の敵にする中国I...

日産、26年度めど中国にNEV5車種 コンセプト車ベースに (2024/4/29 自動車・モビリティー)

日産自動車は2026年度までに中国市場で新エネルギー車(NEV)5車種を投入する。... コンセプト車をベースに開発し、市場投入を目指す。 ......

マツダ、新型NEV公開 (2024/4/26 自動車・モビリティー)

中国の合弁会社、長安マツダが2024年内に発売予定。... 創ARATAは25年内の中国市場への投入を予定する。両電動車は消費者の電動車指向が進み、内燃機関車が劣勢に立つ中国市場で、反転攻勢をかける戦...

世界の主要市場である中国市場は、急速な電動化の進展など変化が激しく、競争は熾烈(しれつ)だ。... 日産自動車は中国市場のニーズに合わせて開発した新エネルギー車(NEV)...

中国向けに反動減のあった半導体製造装置など、生産用機械の落ち込みが響いた。... ただ近畿経済に影響のある中国市場は注視が必要」と見通す。 中国/車・電子部品・デバイス大幅...

小型工作機械受注、1―3月期4%減 5期連続マイナス (2024/4/24 機械・ロボット・航空機1)

また中国市場に強い工作機械メーカーのある幹部は3月の受注状況を踏まえ、「全体的に様子見が続いており、市場の底打ちを確認するにはまだ数カ月様子を見る必要がある」としている。

中国NIO会長、米EV市場開放訴え (2024/4/16 総合4)

李氏は、中国でのEVの急成長は「開放的で競争的」な市場によってもたらされたと発言。中国市場ではブランドや生産地にかかわらず全てのEVが受け入れられていると説明した。 ... その上で...

関係者はいずれも中国経済に期待している。... 店売りの熱延薄板は、流通筋によると「中国メーカーの製造した板が不景気によって中国国内で消費しきれず、日本市場に多く輸入されてきている」という。... 同...

巨大市場の中国の景気後退が響く。... ―精密減速機の中国での需要動向は。 ... 航空需要が回復し、運航時間の増加に合わせて伸びている」 【記者の目/価...

米大統領選の結果を見極めて今後の投資判断をする」 ―一方、苦戦する欧州、中国事業の改善が必要です。 「欧州市場でHUDは過当競争の状態にある。... 中国市場では設...

ナカニシ、新工場一部竣工 歯科用ドリル生産倍増 (2024/4/4 機械・ロボット・航空機1)

歯科業界ではコロナ禍で歯科用ドリルの滅菌に時間をかけるようになったため、歯科医院で保有する歯科用ドリルの本数が増え、歯科用ドリルの市場規模が拡大している。 ... また市場成長率が高...

ただ、中国市場は台数が回復せず横ばいの見通しだ」 ―中国市場は新規顧客獲得に向けたパートナーシップ構築を戦略に掲げています。 ... 今後は北米の収益改善、欧州、中...

特に日産にとって中国市場は北米と並ぶ最大市場だが、22年度以降、中国ではEVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの新エネルギー車(NEV)の市場が拡大し、価格競争も...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン