1,320件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

複数の関係筋によると、中国政府は新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている自動車メーカーを支援するため、電気自動車(EV)の生産拡大を義務付ける規制を一時的に緩和することを検討している。... 中...

販売減も成長市場に魅力 【不確実性増す】 自動車部品各社は完成車メーカーの海外進出に合わせ、現地生産に取り組んできた。... 米中貿易摩擦などの影響で中国の自動車販...

巨大市場、コロナ後も課題 世界の新車販売の約3割を占めるとされる中国は自動車メーカーにとって最大市場。... 【日本勢は好調】 中国汽車工業協会...

THIS WEEK (2020/3/30 総合2)

30日 (月) 先負 ■産業・企業 ▽2月の自動車大手8社の生産・販売・輸出実績(各社集計) ▽上場=NexToneがマザーズ、ニッソウが名証セントレックス ...

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2月に中国の自動車工場が停止。... 日系メーカーにとって「米国事業は販売台数、採算性の両面で中国や欧州より重要」と遠藤功治SBI証券企業調査部長は指摘する。...

当社は中国にタイヤの生産拠点が2カ所あり徐々に戻ってきた。... 昨年、新車用タイヤをいくつかの車種で立ち上げた。... 「日本とアジア、中東で三菱商事の販売網活用を進める。

一方、中国新車市場の冷え込みは懸念材料。... 今後の大きな関心事は中国の新車販売がいつ正常化するかだ。... 3月に入っても「現地は『新車を買いたい』という消費ムードになっていない」(日系メーカー幹...

きょうの動き (2020/3/12 総合3)

■政治・経済■ ◇1―3月期の法人企業景気予測調査(8時50分、財務省・内閣府) ◇衆院本会議(13時) ■産業・企業■ ◇1月の産業機械受注(11時、産機工) ...

日系自動車メーカー6社の2月の中国での新車販売台数は、計5万3439台(前年同月比78・9%減)となり、大幅に落ち込んだ。... 足元では営業を再開した販売店は多いが、消費者の新車購買意欲の落ち込みが...

製造業関連需要は主力の自動車関連が世界レベルの景況悪化で、輸出を含めた新車販売および部品出荷が低調な動き。... 低調な需要にも販売価格を据え置き、価格重視の販売姿勢を崩していない。... 「年間で販...

一方、国内販売台数(新車登録台数)も11%減の23万9900台と不調。うち独系メーカーの販売は12%、外国メーカーは9%それぞれ減少した。 ... 中国の需要が予想通り低迷したという...

【北京=時事】中国自動車工業協会は、1月の新車販売台数が前年同月比18・7%減の192万7000台だったと発表した。... 中国は世界最大の自動車市場となっており、現地で生産を行う日系メーカーへの打撃...

【ニューヨーク=時事】米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2020年の世界新車販売見通しを前年比2・5%減(従来予想は0・9%減)の8800万台に下方修正した。... 新型ウイルスの発...

THIS WEEK (2020/3/2 総合2)

2日 (月) 先負 ■政治・経済 ▽2月のマネタリーベース(日銀) ▽19年10―12月期の法人企業統計(財務省) ▽1月末の税収実績(財務省) ▽参院予算委員...

日系自動車メーカー6社の1月の中国での新車販売台数はホンダを除く5社が前年同月比マイナスだった。... 新型肺炎の影響は1月は限定的との見方が多かったが、2月の新車販売には打撃を与えそうだ。 ...

世界の新車販売が伸び悩み新車用タイヤは落ち込む予想だが独自ブランドや高機能タイヤが市販用タイヤの世界販売を支える。... 各社が部材調達に影響が出ないよう、中国から別の地域への部材の代替調達を検討する...

「新車向けの販売数量は不振の自動車販売とほぼ連動。... ただ付加価値が高い貴金属プラグへの転換が予定通り進み、新車向けのシェアは上がった。補修用は前期比ほぼ横ばいだ」 ―中国やイン...

新型肺炎について、中国では3工場が稼働を再開し、売上高比率も全体の2%程度のため、影響は少ない見通し。中国市場の低迷でタイヤ価格の値崩れが起き、アジア事業に間接的なマイナス影響が出る可能性はある。&#...

増産投資を続ける中国勢の攻勢によって製品市況は悪化の一途をたどる見通し。... パイオニアはこれまで新車向けカーナビゲーションシステムの開発費が高騰し収益が悪化。... 価格を抑えた中国製品の台頭やス...

現地販売にも暗雲 中国の新車販売への影響も懸念材料だ。... このタイミングで新型肺炎の感染拡大が顕在化したため、現時点では新車販売へのインパクトは読めないが、マツダの梅下隆一執行役...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる