975件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.028秒)

欧米では感染拡大を防ぐために人の移動が厳しく制限され、企業活動は収縮し続けている。... 「3月以降、中国以外の国に感染が広がり局面が変わった。... 「コロナ問題は世界の中国依存度の高さを浮き彫りに...

日本の配車業界は米ウーバー・テクノロジーズや中国の滴滴出行(ディディチューシン)など外資企業が参入し、攻勢を強める。... 乗車距離や時間で料金を払うのではなく、移動する間に交通広告を見ることを代価と...

これに対応するため、要員をシフトしている」 【記者の目/金融の目詰まり防ぐ努力を】 新型コロナウイルスは発生源とされる中国から欧米に感染場所が移動した。

三菱電、フィリピンに対空レーダー輸出 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信2)

輸出するのは固定式防空レーダー「FPS3」と移動式「TPSP14」のいずれも改良型で、ミサイルや航空機の探知・追尾に使われる。日本政府は南シナ海での中国の軍備増強に懸念を強めており、比軍の警戒監視能力...

一部メーカーは中国製部品の供給遅れで中国以外の生産にも影響が及んでいる。 ... 今後も当面は人やモノの移動が厳しく制限される。... 国内最大都市の東京での感染爆発を防ぐため、周辺...

だが、製造拠点が集まる国や地域では新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受けて政府による工場の休止や移動制限などの指示が相次いでいる。... (国広伽奈子) 家電の生産拠点が集まる...

それはとてもつらい生き方だろう」 「一方、米国や中国では80%以上が好きと答えている。嫌いな人の多くは辞めて好きなところに移動するからだ。... 嫌いと感じるのなら本当に納得できる場...

主に日産がリードする分野としては、商品は中型車、技術は電動化と自動運転、地域は日本や米国、中国とする方向でルノー・三菱自との調整が進む。 ... コネクテッドや自動運転技術の進化に伴...

最大消費国である中国の経済活動の再開を受けて原油に比べると下げ幅は限定的だが、欧米の景気悪化による需要減少懸念が強まり水準を切り下げている。 ... 英豪リオ・ティントは物資の移動制...

一方、中国では新規感染者の増加ペースが既にスローダウンし、ピークアウトの兆しが見られている。... 言うまでもないが、旧正月から始まった隔離や移動制限、企業活動の停止などによる実体経済への打撃は避けら...

「遠隔化した約400件に移動時間やコストがかかると思うと、対面営業には後戻りできない」と振り返る。 ... 英国は1・72倍、米国は2・27倍、韓国は4・45倍、中国は12・95倍だ...

全国数カ所で2022年度以降に実現し、“未来都市”で先行する中国・雄安やカナダ・トロントなどを追いかけます。... 【A】ビッグデータ(大量データ)や人工知能(AI)を活用し、移動や支払い、医療・介護...

先週後半は安値を拾われて同28ドル近くまで戻したが、欧米での移動制限の動きがさらに広がり再び下値を探る展開となっている。 ... 最大消費国である中国の経済活動の再開で、原油に比べ下...

中国に次いで感染者が多いイタリアでは、日立製作所が4工場の操業を停止し、ダイキン工業は稼働率を抑制している。... イタリアでは新型コロナの感染拡大を防止するため、人の移動を制限する措置を敷いている。

新型コロナの流行は中国で落ち着く一方、欧州全域で爆発的な勢いを見せるようになった。... 米国は欧州に対する国境を閉じ、欧州に大規模支援を申し出たのは中国だった。... 人間の移動が大きく制限される中...

感染拡大が中国などアジア地域に集中していた時点では、欧州経済への悪影響は限定的との見方が支配的だった。... イタリア同様に外出・移動制限、大規模集会の禁止など、相次いで対策強化に乗り出している。.....

欧米諸国で国内外の移動を制限する動きが加速し、航空機や自動車などの輸送向け燃料需要が一段と下押しされている。... 中国の国内総生産(GDP)が18年の約9分の1と、同国が急激な経済成長を遂げる前の水...

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためマレーシア政府が出した全国規模の移動制限を受けた措置。 ... 移動制限の期日となる31日までを予定する。 ... 家電...

発生源とされる中国で最初に報告があったのは2019年12月。... 人の移動によってこのサイクルが形成されれば、収束までに長期間を要することになる。 ... イタリアやスペインなど域...

欧州連合(EU)は域外からの渡航禁止案を加盟国に提示するなど、移動制限の動きが広がっている。... 中国以外でも景況悪化が顕在化しており、個人消費や雇用などにも影響が広がりそうだ。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる