283件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

丹陽栄嘉精密機械は中国・江蘇省の丹陽市にある機械部品メーカー。自動車や農業機械用のアルミダイカストや板金、溶接などを行っている。 ... 丹陽栄嘉は政府のジャガイモ収量拡大の方針を踏...

施策は総務省、経済産業省を中心に各府省庁にまたがる。... その根拠は国産と中国製の端末価格差が現状約30%あるからで、その是正を狙った。... 自動運転や遠隔医療、スマート農業、遠隔操作など国民の利...

インドネシア農業省、中国向けパーム油輸出減少 (2020/2/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

インドネシア農業省はインドネシア産パーム油の中国向け輸出は、新型コロナウイルスの影響による需要落ち込みで減少している。... 17日公表の農業省統計によると、2月の中国向けパーム油輸出は現時点で8万4...

クボタの今期、増収見通し 新型肺炎懸念も農機好調 (2020/2/17 機械・ロボット・航空機)

新型肺炎により、中国・江蘇省の農業機械工場などでの人員の確保が現状5割程度という。

クボタ子会社でトラクターなど農業機械の製造・販売を手がける久保田農業機械(蘇州市、KAMS)は10日、必要最小限の従業員による各部門の状況把握に留め、その他の従業員は自宅待機にした。... 中国広東省...

井関農機、中国関連会社への出資下げ (2020/1/23 機械・ロボット・航空機1)

井関農機は中国の持ち分法適用関連会社である東風井関農業機械(湖北省襄陽市)への出資比率を50%から25%に引き下げた。共同で出資する東風汽車グループが中国国内での事業拡大のために追加出資を行ったため。

アフリカに新たな商機 成長市場に挑む日本企業 経済産業省の公式情報サイト『METI Journal』の政策特集。... これら製品は、マラウイをはじめ、タイや中国、バングラデシュなど...

私たちの声を伝えたい 日刊工業新聞社は「第42回フレッシャーズ産業論文コンクール」(経済産業省・日本商工会議所など後援)の上位入賞8人による座談会を、11月29日に都内で開いた。.....

ロボットと創る!/中核部品で存在感 (2019/12/18 電機・電子部品・情報・通信2)

米中貿易摩擦による中国の景気減速が影響して足元の需要は落ち込むものの、工場に限らず社会全体での自動化・省人化の流れは止まらない。... 同社は倉庫やセキュリティー、清掃、農業用のAGVに強い。... ...

愛知県、中国・山東省と経済交流で覚書 (2019/12/16 中小企業・地域経済)

【名古屋】愛知県は中国・山東省の工業・情報化庁と経済交流推進の覚書を締結した。... 山東省は人口約1億人で、総生産は約117兆5000億円。金や石こうなどの天然資源が産出され、製造業や農業が盛ん。

島津製作所が北京市、上海市に次ぐ中国第3の都市、広東省広州市の拠点を移転増強した。... 化学、先端素材、製薬、医療、環境、農業分野などを扱う現地大学、研究機関では同社のハイエンド分析装置が忙しく稼働...

経済産業省がまとめた2019年7―9月の地域経済産業調査(全10地区)によると、生産は自動車など輸送機械が底堅く、設備投資が増加傾向である一方、米中貿易摩擦の影響によりスマートフォン向けなどの電子部品...

【岡山】オカネツ工業(岡山市東区、和田俊博社長、086・948・3981)は、10月から自社ブランドの農業機械を中国で生産、現地販売する。... 江蘇省常州市の子会社、岡熱機械(常州)で小型耕運機を生...

すでに、米国の18年10月―19年6月の大豆の対中輸出量は65%、綿花は同39%のそれぞれ大幅減となった(8月5日米農務省発表)。米政府はすでに240億ドルの救済策を実施しているが、輸出市場の確保を求...

豊かな森と水の恵みがあり、有機農業が盛んなところで、食料自給率は300%以上もある。... 国際的な電機メーカー、オランダのフィリップスの管理職で、欧州各国や日本、中国、香港、インドでの勤務経験がある...

古代日本について中国の史料などを基に事実を見つけていく内容で、国際情勢や民族、政治にも目を向けていた。... 政府も掲げているが、観光と農業を活性化することにより、地域の生業を盛んにすることが重要だと...

ビッグデータの産業作り(下)貴安新区で進むデータ活用 (2019/6/25 電機・電子部品・情報・通信1)

【地域を活性化】 ビッグデータ(大量データ)の活用拠点として注目が集まる中国貴州省。... 中国には北京や深圳などにハイテク産業地域があるが、貴安新区は通信や交通、農業、医療などを手...

FAO、事務局長に初の中国人 (2019/6/25 総合3)

【北京=時事】新華社電によると、国連食糧農業機関(FAO)は本部ローマで総会を開き、次期事務局長に中国の屈冬玉・農業農村省次官(55)を選出した。... 中国、フランス、ジョージア(グルジア)が立てた...

地方農業を活性化 DENBA(東京都千代田区、後藤錦隆最高経営責任者〈CEO〉、03・3518・6718)は、中国のコールドチェーン事業に参入する。同社の海南省の支店が約3億人民元(...

米国やドイツにも事業拠点を設けて事業展開しているほか、中国や東南アジアでは現地企業と開拓している。 ... 欧米や豪州では農業地帯の一軒家などに高性能の合併浄化槽を提案する。... ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる