電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2件中、1ページ目 1〜2件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

一方、中性子散乱法はその水素原子の観測を得意とする。そのため、中性子散乱法はプラスチック、繊維、洗剤、化粧品などの化学製品や、食品、たんぱく質といった生体物質などの水素を主成分とする材料の構造解析に広...

それを地球に帰し、顕微鏡散乱と中性子散乱法で構造解析する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン