電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,518件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

収益基盤強化のため、33%出資する健康食品大手のファンケルをTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化する。これにより同事業の規模拡大と黒字化を進め、早期にビールや医薬などの...

武蔵精密が災害時電力供給 愛知・豊橋に小規模電力網 (2024/6/17 自動車・モビリティー)

持続可能な事業基盤を地域と共につくりあげる。... 同社が新規事業と位置付けるエネルギー事業の拡大にもつなげる考えだ。

麿氏は「印刷産業の持続的な成長を目指す」と決意を示し、具体策として新たな産業イメージの構築と発信、事業基盤の強化に向けたパートナーシップの推進、人材獲得と育成支援を挙げた。

―米国事業の総括を。 ... 連結の営業利益率2ケタを継続できるか占うのが24年度の米国事業だ。... 「アジアは着実に前進しており、安定的な事業基盤を作ることが重要になる。

双日の事業基盤とSIJが持つスタートアップとのネットワークを融合して新事業の創出を推進する。 SIJは低炭素化やリサイクルといった環境対応事業を手がける企業に投資する。投資先の経営支...

第一生命ホールディングス(HD)と丸紅は不動産事業における戦略的提携に関する覚書を締結した。... 両社が得意とする領域の事業基盤を組み合わせた戦略を推進する。 第一...

東急電鉄は鉄道事業の人材確保・定着のため、賃金や処遇の改善を進めている。... 「安定的な人材確保・定着を実現し、今後も継続して鉄道事業を維持していきたい」(同社担当者&#...

DXの先導者たち(155)スタメン 組織力強化、アプリで貢献 (2024/5/30 電機・電子部品・情報・通信2)

eラーニングなど機能充実 スタメンは情報共有や業務効率化、人材育成・交流促進など、企業の組織力強化に寄与する機能を搭載したプラットフォーム(基盤)「TUNAG(...

さあ出番/メビウスパッケージング社長・飯田高氏 働きがいある会社に (2024/5/28 素材・建設・環境・エネルギー1)

事業所の新設プロジェクトやロボット活用促進も経験した。 ... 従業員にとって働きがいがある会社にしたいという思いで、安定した事業基盤や社会貢献性の強化を目指す。現事業の土台を見つめ...

シスメックスの事業の土台は血液中の赤血球や白血球、血小板などの数や大きさを調べる血液検査の検査機器および試薬。... 「(顧客である)医師や検査技師といった専門家のニーズや要求を捉え、...

ヒラノテクシード、売上高27年度510億円 塗工機供給を拡大 (2024/5/28 機械・ロボット・航空機1)

収益源の多様化や塗工機・化工機の供給能力拡大、組織力向上で持続的な企業価値向上への事業基盤を確立する。

「技術の手の内化」(三部敏宏社長)を進め、電池を中心とした電動車の垂直統合型の事業基盤確立を目指す。

オータックス、佐鳥電から事業買収 (2024/5/22 電機・電子部品・情報・通信2)

佐鳥電機が8月30日付予定で同事業を会社分割(簡易新設分割)し、オータックスに全株式を1億円で譲渡する。同事業の売上高は2023年5月期実績で27億9000万円。 ....

これで事業基盤を固めつつ、ナノファイバーの可能性を発揮する事業領域やビジネスモデルを模索してきた。

帝人など、在宅腎不全治療で新会社 医療機関に関連情報提供 (2024/5/21 生活インフラ・医療・くらし)

両社の事業基盤を生かし、透析医療機関に対して腹膜透析関連製品の情報を提供する。... ジェイ・エム・エスの腹膜透析事業に関する営業機能を、帝人ファーマが持つ在宅医療事業のノウハウや地域包括ケア関連事業...

コアブリッジは、23年度の営業利益で個人向け年金事業が60%、団体向け年金事業が20%、生命保険事業が10%を占める。... 日本生命は出資を通じ、米国の生命保険市場に強固な事...

EVの本格普及期を迎える30年度に向け、強固な事業基盤を築く。 ... 三部敏宏社長は「足元の状況変化にとらわれすぎることなく、強いEVブランド、事業基盤を構築することが最大のミッシ...

経営ひと言/三菱重工業・泉沢清次社長「変革に挑む」 (2024/5/17 機械・ロボット・航空機)

2024年3月期までの中期経営計画の成果について「持続的に成長する基盤が構築できた」と胸を張るのは、三菱重工業社長の泉沢清次さん。 コロナ禍やエネルギー価格の高騰...

武田薬、効率化投資 構造改編・DXに1400億円 (2024/5/15 生活インフラ・医療・くらし1)

社内の効率化により事業基盤を強化し、中長期的な成長へ転換する。... 例えば組織の機動性向上においては、組織の階層を減らして意思決定を迅速化するほか、人員削減にも取り組み、事業の最適化を目指す。...

工作機械、再生エネ活用加速 多様な手法で脱炭素 (2024/5/15 機械・ロボット・航空機2)

持続可能な事業基盤構築 工作機械業界で再生可能エネルギー活用の動きが加速している。... 各社は多様な手法で持続可能な事業基盤を構築し、環境負荷低減に貢献する。... 同社は伊賀や奈...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン