電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

8,151件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

国内は利益重視、海外はM&A推進 大王製紙の若林頼房社長は16日、2035年度までに営業利益を23年度比8・3倍の1200億円に引き上げる長期ビジョンについて「国内事業は利益...

スペシャリティー医薬品市場の拡大に伴い、今後も物流や製造受託の拡大が想定される中、スズケンは名古屋・大阪地域にも同様の機能を持った拠点の設置を検討する。... 首都圏物流センターのモデルを皮切りに、医...

島精機、横編み機再編 26年度の事業売上高385億円 (2024/5/17 機械・ロボット・航空機)

【和歌山】島精機製作所は無縫製の衣服を実現する「ホールガーメント横編み機」などの横編み機事業を再編する。... 自動裁断機事業も、機械性能を高めた製品の拡充や販売メンテナンス拠点の増設などで、幅広い業...

アマダ、「共創」本格化 顧客と加工課題解決 (2024/5/17 機械・ロボット・航空機)

アマダは16日、神奈川県伊勢原市の本社内に23年に開所した誘客施設「アマダ・グローバルイノベーションセンター(AGIC)」で事業戦略説明会を開いた。... 長期ビジョンではレーザー・溶...

米ウーバー・テクノロジーズ、台湾の料理宅配買収 (2024/5/17 生活インフラ・医療・くらし2)

米ウーバー・テクノロジーズは、ドイツの料理宅配大手デリバリーヒーロー傘下フードパンダの台湾事業を現金9億5000万ドル(約1490億円)で買収する。... 今回の買収は、日本のフードデ...

新機材を入れつつ主要空港でのビジネス拡大をやり遂げたい」とした。

財務分析(162)artience ROE、26年7%以上に (2024/5/16 マネジメント)

既存事業の構造改革とリチウムイオン電池(LiB)用カーボンナノチューブ(CNT)分散体など成長が期待される事業への投資を中心に、24―26年の3カ年で総額600億円の投...

JFEHDの次期中計、インドなど重点投資地域に 高付加価値品で攻め (2024/5/15 素材・建設・環境・エネルギー1)

インド鉄鋼大手JSWとの電力インフラ向け電磁鋼板の新会社を通じ、現地での事業拡大につなげる。... 今後の国内での事業展開については「日本の産業界を支えるのは鉄鋼業界であり高付加価値品だ。

事業が確立し拡大期に入ると、成長性を判断しやすくなり民間の銀行が登場し始める。... 日本公庫は事業拡大期向けのスタートアップ資金の融資限度額も約1・4倍の約20億円に引き上げた。... デット調達の...

スタートアップの事業拡大や資金調達、他社や大学とのマッチングなどの取り組みを拡充するほか、新規創業を後押しする取り組みも実施する。... 県内の大学に対しては、研究シーズの成長につなげるため、事業化に...

ミネベアミツミ、カンボジアに第2工場 ターボ用軸部品など生産 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信2)

既存の第1工場が手狭になったことに加え、今後の事業拡大を見据えて新工場の建設を決めた。

富裕層が持つ資産の総合管理サービスやプライベートアセット(未公開資産)の運用など、安定収益を生むビジネスの成長拡大を図る一方、中期ではバンキングビジネスなどの成長事業も伸ばす。 ...

日立造船、バイオガス関連事業に300億円投資 (2024/5/14 機械・ロボット・航空機1)

バイオガスプラントの自社保有・運営事業を拡大するほか、それに伴う人材確保などを目的にM&A(合併・買収)も視野に入れる。 欧州連合(EU)のバ...

インダストリーアルファ、工場・倉庫の省人化提案 (2024/5/14 中小・ベンチャー・中小政策)

事業拡大をにらみ海外展開も視野に入れる。

千葉工場(千葉県市原市)での冷凍機油原料の増強工事も計画通り進み、事業拡大につなげる。

情報サービス7社の通期見通し、全社増収 (2024/5/10 電機・電子部品・情報・通信)

苦戦していた海外事業は下期に回復する見込み。「24年3月期は海外事業の下振れ分を国内事業でカバー。... 事業拡大による営業増益のほか、NTTリミテッドとの海外事業統合による営業利益のシナジーで同期に...

生産、開発、販売など豊富な事業経験があり、新たな挑戦を現場に落とし込んで実行するCOOの役割に適している」と太鼓判を押す。 ... (大阪・錦織承平)...

高炉3社の通期見通し、2社が事業減益 鋼材市況停滞が継続 (2024/5/10 素材・建設・環境・エネルギー)

各社は厳しい事業環境の中で価格改善やコスト削減などを進めるとともに、海外事業拡大といった成長戦略を加速する。... 「未曾有の厳しい事業環境を前提に、26年3月期に向けてどのように取り組むかが重要だ」...

事業の取得額は非公表。... 厳しい温度管理が必要な食品や医薬品などの運搬に使える物流サービスを顧客に提供し、事業拡大を目指す。 ... 事業譲受で新しい保冷輸送方法を開発し、顧客へ...

鉄鋼事業では需要の伸びが見込まれる米国やインドなどで事業拡大を図る。... 世界約40カ国で展開する農業資材の販売ではエリアを拡大し、世界人口の増加に伴う農作物関連の需要増を取り込む。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン