65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

環境省、環境インフラ輸出支援 海外展開プラットフォーム設立 (2020/7/20 建設・生活・環境・エネルギー)

政府間で協議する政策対話で同省が聞き取ったニーズとプラットフォームの技術を合致させる。 さらに同省は、その技術を活用できるプロジェクトを検討し、日本企業による海外での温暖化対策を補助...

環境省、JCMに丸紅など10事業採択 (2020/7/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は日本の技術を活用して相手国の温暖化対策に貢献する「二国間クレジット制度」(JCM)に丸紅や三菱重工業、関西電力などが提案した合計10事業を採択した。丸紅はベトナムのインスタントコーヒー工場にバ...

ジェンダー平等の取り組みを加点するのは、「二国間クレジット制度(JCM)」による事業。JCMは海外のパートナー国で企業などが実行する温暖化対策事業を国が支援する。... 事業によって削減した二酸化炭素...

1月に環境省の「二国間クレジット制度」に採択された。

環境省は9日、日本の支援でサウジアラビアの塩素製造プラントを省エネルギー化し、二酸化炭素(CO2)5300トンの排出削減量に相当するクレジットを発行したと発表した。日本の技術を活用して相手国の温暖化対...

アズビル、インドネシアでCO2排出削減 (2020/3/5 機械・ロボット・航空機2)

アズビルはインドネシアで独自の最適化制御技術を用いて、10カ月で約3万5000トンの二酸化炭素(CO2)排出量を削減した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が同国政府と実施している二国間ク...

環境省は日本の支援によりインドネシアで展開中の温暖化対策事業3件について、二酸化炭素(CO2)1万7673トンの排出削減量に相当するクレジットを発行した。日本の技術を活用して相手国のCO2削減に貢献す...

環境省、二国間クレジット制度に5事業採択 (2019/11/27 建設・生活・環境・エネルギー1)

環境省は26日、日本の技術を活用して相手国の温暖化対策に貢献する「二国間クレジット制度」(JCM)に、シャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市)によるモルディブでの太陽光発電事業など5事業を採択...

日鉄エンジと大ガス、熱電併給設備を高効率化 タイで繊維工場向け (2019/11/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

同事業が環境省の二国間クレジット制度の設備補助事業に採択されたのを受け、実施する。... 高効率化で年間359トンの二酸化炭素(CO2)の追加削減が可能という。

環境省は、日本の技術を活用して海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」をテーマとしたシンポジウムを8日に東京、15日に大阪で開く。

環境省はベトナムの配電網に電気損失が少ないアモルファス変圧器を導入して排出を削減できた二酸化炭素(CO2)2477トン分の排出枠(クレジット)を発行した。日本の技術を活用して相手国の温暖化対策に貢献す...

環境省は、早稲田環境研究所(東京都新宿区)とNTTデータ経営研究所(同千代田区)がチリで実施する太陽光発電事業を二国間クレジット制度(JCM)に登録した。JCMは日本の技術による海外での二酸化炭素(C...

環境省、JCM設備補助事業でトヨタなど4件採択 (2019/8/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業にトヨタ自動車の事業など4件を採択した。

環境省、2519トン分のCO2排出枠発行 ソニーのタイ半導体工場に (2019/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

環境省は5日、タイにあるソニーグループの半導体工場への省エネルギー設備の導入によって、排出を抑制できた二酸化炭素(CO2)2519トン分の排出枠(クレジット)を発行したと発表した。日本の技術を活用して...

発電した電気は同工場で使い、年間2858トンの二酸化炭素(CO2)の排出量を減らせる見込み。 ... 今回、横浜ゴムとして初めて環境省の「二国間クレジット制度資金支援事業」の採択を受...

環境省は、モルディブの学校の屋根に太陽光発電システムを設置し、排出を抑制できた二酸化炭素(CO2)155トン分の排出枠(クレジット)を発行した。日本の技術を導入して相手国の排出量を削減する二国間クレジ...

環境省は、日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業に7件を採択した。

同事業は環境省の「二国間クレジット制度(JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」に採択され、9億円の補助を受けた。年間の二酸化炭素(CO2)削減量は3万1322トンを見込む。

環境省、2国間クレジットに4件採択 (2018/12/6 素材・ヘルスケア・環境)

環境省は日本の技術で海外の二酸化炭素(CO2)排出削減に貢献する事業を支援する「二国間クレジット制度(JCM)」の設備補助事業に4件を採択した。

キリン、海外拠点で省エネ対策 ミャンマーに最新設備 (2018/9/17 建設・エネルギー・生活)

キリンホールディングス(HD)は環境分野の取り組み強化の一環で、海外の生産拠点での二酸化炭素(CO2)排出削減や省エネルギー対策などを進める。... これに合わせ日本政府による二国間クレジット制度(J...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる