31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日本自動車工業会(自工会)は、21日から12月末まで「自工会・2019年秋の交通安全キャンペーン」を実施する。日本交通心理学会が協力し、人の記憶に残りやすい交通安全のおまじないとして、夕方早めのヘッド...

このほかシニア向け会員組織や各種企画きっぷ、観光キャンペーン「デスティネーション・キャンペーン(DC)」やマルス発券システムの共同運用。... 「どういう交通モードが地域にあっているのか、個別に提案し...

競合国をおとしめるネガティブキャンペーンなどへの備えも欠かせない。 ... 態度が不明な国には改めて、日本が加盟国の社会的課題を協力して解決できる能力がある点や、安全・安心だと訴える...

ただ、最優先されるべき安全が脅かされた事態となり、今後の事業運営に影響を及ぼしかねない。 ... 国土交通省によれば、川重製の台車はJR東日本、JR北海道、JR九州にも納入されたが、...

当時、交通経済学を専攻する学生だった私は、物流会社に進路を定めていた。... そもそも身の安全が保障されなければ、自由な往来など実現しないし「特別な時間」を求めて旅することもないだろう。 &#...

同キャンペーンの一環として、森ビルは東京地下鉄、東京都交通局と、六本木ヒルズ(東京都港区)で「親子で学ぼう!安心・安全なエスカレーターの乗り方教室」を初めて開いた(写真)。小学生の親子20人ほどが参加...

有楽町のイベントは「春の全国交通安全運動」にあわせて実施する。... 小売店には景品付きのキャンペーンパックなどで販売強化を促し、アウトドアでビール風味飲料を楽しむなどを提案。

ミャンマーに進出する日系自動車関連企業などが中心となり、地元への貢献として最大都市ヤンゴンで交通安全運動を展開している。... 日系企業主導の官民一体型「交通安全キャンペーン」(1―7日)は、今回で3...

地元の商店街と組んだキャンペーンなども、考える必要がある」 ―下期(2016年10月―17年3月)の状況については、どのように考えていますか。 ... 国土交通省が...

主な視聴者層の若者がバイクに興味を持つきっかけになるとみて、タイアップイベントや販促キャンペーンを展開している。... このイベントは、バイクの日である8月19日近辺に、交通安全の啓発とバイクの知名度...

キリン横浜工場、飲酒運転ゼロを催事で啓発 (2016/4/12 中小企業・地域経済1)

キリンビール横浜工場(横浜市鶴見区)は、春の全国交通安全運動に合わせて飲酒運転根絶キャンペーン「春の適正飲酒ツアー=写真」を13日まで実施する。... 酒造会社として飲酒運転ゼロを目指し、交通安全運動...

エアバッグの全米リコール(無料の回収・修理)に関して、タカタと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が合意したことは、完成車メーカーにも大きな影響を与えそうだ。... ホンダは米国で大規模な広告キャンペ...

日本の観光政策では、03年に当時の小泉純一郎内閣で観光立国宣言がなされ、訪日外国人旅行者の拡大に向け「ビジット・ジャパン・キャンペーン」がスタート。... 日本には清潔、安全というイメージがあり、観光...

自動運転の技術は積極開発し、それを安全運転支援という領域に積極的に投下していく。... トヨタが11年から掲げている「Fun To Drive、Again(運転の楽しさをもう一度)」という広告キャンペ...

日本自動車工業会(自工会)は5月6日まで、政府が実施する春の全国交通安全運動と連動して「自工会・2012年春季交通安全キャンペーン」を実施する。

トヨタ自動車は、4月1―30日に全国の車両販売店、産業車両を扱うL&F店、部品共販店、レンタリース店で「トヨタ交通安全キャンペーン」を行う。... 高齢者の交通安全を啓発するチラシも配布。春の全国交通...

ホンダは「秋の全国交通安全運動」に呼応し、9月21―30日に「2011年度ホンダ秋のセーフティーキャンペーン」を行う。販売店の従業員が交通安全啓発リボンを付けて交通安全を呼びかけるとともに、各販売拠点...

21―30日の秋の全国交通安全運動の一環。キャンペーン用Tシャツを着用しながら皇居外周を回り、安全運転を訴える。

普及へのハードルが残る中、09年7月、ボッシュ、コンティネンタル・オートモーティブ(横浜市神奈川区)など外資系部品メーカーは、日本自動車連盟(JAF)と共同でESCの普及促進キャンペーンを始めた。&#...

国内では国土交通省が緊急時にブレーキ操作を優先する「ブレーキ・オーバーライド・システム」などを義務化する議論を2010年度に始める。... 国交省は保安基準改定の時期を明らかにしていないが、「国際基準...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる