電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

3,882件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

研究者向けでは京大や日本IBM、医薬品関連企業で構築した研究体制を活用していく。

スズキ財団(東京都港区、鈴木俊宏理事長=スズキ社長)は、機械工業技術の発展を目的に優れた功績を上げた研究者を顕彰する「第4回やらまいか大賞・特別賞」の贈呈式...

天の川銀河内にあり、非常に強い磁場を持つ中性子星の一種「マグネター」を観測していた京都大学などの研究グループが、瞬間的に強力な電波を発する「高速電波バースト」(FRB)が起こった前後で...

【略歴】岸田光哉氏(きしだ・みつや)83年(昭58)京大教育卒、同年ソニー入社。

【フクビ化学工業】森克則氏(もり・かつのり)82年(昭57)京大工卒、同年三井物産入社。

京都大学の谷茉莉助教と立命館大学の和田浩史教授は、ひもの巻き付きの理論化に成功した。巻き付き間隔や巻き付きパターンを理論的に説明できるようになった。ホースなどの巻き付け方は収納効率...

【コムシスホールディングス】田辺博氏(たなべ・ひろし)87年(昭62)京大院土木工学専攻修了、同年NTT入社。

日立製作所の水野弘之日立京大ラボ長は「ステークホルダーが多様化する中で、一つひとつの意思決定をできる限り見える化し、共有していく仕組み作りが必要」と提起。

京都大学の渋谷将太郎大学院生と長尾一哲助教、大宮寛久教授は、温和な弱酸条件でハロゲン化アルキルを合成する手法を開発した。ハロゲン化アルキルは医薬品や機能性材料の合成で多用される。従来法は酸性条件が必要...

このほか、給付型奨学金制度の設立に2億円、京大全体への支援に2億円を割り振る。 ... 京大の湊長博総長は「長期視点で将来の科学技術の発展を担う人材の育成と研究環境を強化すべく、最大...

【中部電力ミライズ】神谷泰範氏(かみや・ひろのり)90年(平2)京大院工学研究科土木工学専攻修了、同年中部電力入社。

三十三FG社長に道広剛太郎氏 (2024/2/1 総合3)

【略歴】道広剛太郎氏(みちひろ・ごうたろう)83年(昭58)京大法卒、同年住友銀行(現三井住友銀行)入行。

京都大学の木内康平大学院生(研究当時)、下間靖彦准教授、三浦清貴教授らは、神戸大学と共同で、レーザーでダイヤモンドに優先的に配向した欠陥を書き込むことに成功した。ダイヤモンド製の量子情...

京大と武田薬、植物園の機能強化で連携協定 (2024/1/31 科学技術・大学)

京大フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地(京都市北区)と武田薬品工業京都薬用植物園(同左京区)の間で、主に国際種子交換事業で連携する。

京都工繊大、学長に吉本昌広氏 (2024/1/23 総合3)

【略歴】吉本昌広氏(よしもと・まさひろ)88年(昭63)京大院工学研究科博士後期課程修了、同年京大助手。

(浜松支局長・本荘昌宏) 【略歴】おぎ・たけお 06年(平18)京大院工学研究科後期博士課程修了、同年ヤマト製作所非常勤取締役。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は18日、早稲田大学と共同で機能性リボ核酸(RNA)配列の設計を支援する深層生成モデル「RfamGen(アールファムジェン&...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)はリジェネフロ(京都市左京区)、英アストラゼネカと共同で、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用し、血管内皮細胞を...

学生時代は日本一経験のある京大アメフト部でプレーした。

【略歴】滝野十一氏(たきの・といち)95年(平7)京大院薬学研究科博士修了、同年小野薬品工業入社。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン