9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

京都メカニズムクレジットの効果などを反映させた「調整後」の値。

J―クレジット、活況−12月、大手が”爆買い” (2016/2/2 素材・ヘルスケア・環境)

国連の京都メカニズムクレジットを活用できなくなり、J―クレジットの購入に大手企業が殺到した。... 京都クレジットの活用期間の終了が、J―クレジットの需要を喚起した。日本が京都議定書の第二約束期間(1...

京都メカニズムクレジットの効果などを反映させた「調整後」のCO2排出量は前年度比5・8%減の約4億5600万トンとなり、排出係数は13年度の0・570キログラムから0・554キログラムに低減した。&#...

環境省、経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1日、2012年度の京都メカニズムクレジット取得事業で406万トン(二酸化炭素換算)のクレジットが日本政府の口座に移転されたと発表し...

環境省と経済産業省は京都議定書に基づき日本政府が海外と取得契約した温室効果ガス排出枠(京都メカニズムクレジット)の量が3月末時点で累計9782万トンに達したことを明らかにした。

京都メカニズムクレジットを反映した調整後のCO2排出量は同5%減の9070万トン、調整後のCO2排出原単位は1キロワット時当たり0・324キログラムだった。

【特別講演/環境省地球環境局 地球温暖化対策課課長補佐・山本博之氏】 《改正温対法の要点〜温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度》 京都議定書の目標達成(90年比でマイナス6%)を実現...

丸紅は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による京都メカニズムクレジット(認証排出削減量など)取得事業に応募し、NEDOと合計103万5000トンの排出枠を転売する契約を結んだと発表した。

さらに1、2号機の中央制御盤のデジタル化工事など重要案件がめじろ押しで、これらを通じて電力の安定供給基盤の再構築を進めていく」 ―クリーン開発メカニズム(CDM)へのスタンスは。 .....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる