137件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

京都産業大学は前期の授業を全てオンライン化した中、一部授業で自宅でも実践的な授業を行っている。... 経営学部のゼミでは「京都航空宇宙産業ネットワーク」に参画する地元京都の企業8社と課題解決型学習に取...

京都産大、学長に黒坂氏 (2020/7/29 総合3)

京都産業大学は大城光正学長(71)が9月30日付で任期満了となるのに伴い、次期学長に同大学生命科学部教授の黒坂光氏(63)を選任した。... 【略歴】黒坂光氏(くろさか・あきら)86年(昭61)京大院...

大阪大学歯学研究科の野田健司教授と山本洋平助教、京都産業大学の永田和宏名誉教授らは、細胞が自身の成分を分解する「オートファジー」で、分解の標的を運ぶ“ゴミ袋”となる膜構造「オートファゴソーム」の大きさ...

慣れてくれば、いろいろ可能性が広がる」と語る、京都産業大学教授の広田茂さん。 ... 「地域活性化に少しでもお役に立てれば」と、京都経済界メンバーに対面できる日を心待ちにする。...

東海大、28日の講演会中止 (2020/2/26 科学技術・大学)

東海大学は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け28日に予定していた講演会「臓器線維症の病態解明と新たな診断・予防・治療法開発のための拠点形成」を中止すると発表した。京都産業大学タンパク質動態研究...

東海大、臓器線維症で講演 (2020/2/25 科学技術・大学)

東海大学は28日13時―17時15分、東京・霞が関の東海大学校友会館で講演会「臓器線維症の病態解明と新たな診断・予防・治療法開発のための拠点形成」を開く。京都産業大学タンパク質動態研究所の永田和宏所長...

東京大学の飯野孝浩特任准教授らは、太陽系の外から降り注ぐ放射線の一種である「銀河宇宙線」が土星の衛星「タイタン」の大気の成分に影響を与えていることを明らかにした。... 国立天文台と京都産業大学との共...

東京大学大学院理学系研究科の福井暁彦特任助教らは、質量が海王星と同等の惑星が太陽系外に豊富に存在する可能性を示した。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と国立天文台、京都産業大学などとの共同研究。

京都産業大学神山天文台の河北秀世教授らは、宇宙空間の星間物質中の温度や密度を高精度に推定することに成功した。

京都産業大学生命科学部の遠藤斗志也教授らは、名古屋市立大学や山形大学、熊本大学と共同で、細胞内のたんぱく質の配送で間違いが起きたとき、校正するシステムを発見した。

【京都】京都産業大学生命科学部の加藤啓子教授や藤田明子研究助教らは、突然意識を失うなどの発作を繰り返す「てんかん」を発症したマウスの尿中から、てんかんのバイオマーカー(目印となる物質)を発見した。

早速カリキュラムのブラッシュアップを議論し始めている」と京都産業大学の平井重行准教授はうれしい悲鳴を上げる。... 通学はせず、働きながら講義を受ける大学だ。... 大学、対抗勢力の役割 ルール・市場...

神戸大学大学院理学研究科の樫村博基助教らは、金星探査機「あかつき」の観測結果から、金星の分厚い雲の中に巨大な筋状の構造を発見した。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)や慶応義塾大学、京都産業大学、...

パナソニック、東京で宅配ボックス実証 子育て世帯向け (2018/12/4 建設・エネルギー・生活1)

同社は16年に福井県あわら市、17年に京都市や京都産業大学と連携し、再配達率の削減など物流問題に対する貢献度を検証した。

ホームズ彗星の起源、京都産大が解明 (2018/11/5 科学技術・大学)

京都産業大学神山天文台の新中善晴研究員らは、太陽の周りを約7年で公転する「ホームズ彗星(すいせい)」の起源を明らかにした。

スピード感持って質向上 京都産業大学は1965年に「学問と企業を結ぶ」ことを掲げて創立された。... 86年京都産業大外国語学部助教授。... 【記者の目/変化・維持のバランスに注目...

東京大学大学院理学系研究科の小林尚人准教授と京都産業大学理学部の河北秀世教授らは、太陽の8倍以上の質量を持つ重い星が死に近付くとき、その星のすぐ近くで発生するガス放出に伴う衝撃波の観測に成功した。.....

これがどうなるのかを注視したい」(梶原洵子) 【略歴】いずみや・なおき 京都府出身。72年京都産業大学法卒、同年アサヒビール入社。... 東洋大短期大学などを経て04年より東洋大文学...

京都産業大学の益川敏英教授と1973年に発表した「小林・益川理論」は、01年に高エネ機構の加速器実験によって証明され、両氏は08年にノーベル物理学賞を受賞した。 ... 宇宙を理解す...

京都産業大学総合生命科学部の永田和宏教授と東京大学大学院薬学系研究科の平山尚志郎助教らは、異常のあるたんぱく質が細胞核の外に運び出される仕組みを解明した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる