762件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

「97年の京都議定書締結時には、日本は世界のリーダーとして活躍していたはず。

京都議定書もパリ協定も過去のCOPで決まりました。

京都議定書では国連管理下の取引だけだったが、パリ協定は自主ルールでの取引も認めた。

プライベートショーで訪れた京都の印象を語る。 ... 「京都議定書が採択された場所を開催地に選んだ。... (京都)

不撓不屈/Eプラン(2)洗浄技術普及へ決断 (2019/11/20 中小企業・地域経済1)

一方、京都議定書で万能とすら言えたフロン系洗浄剤の使用がオゾン層を破壊する恐れなどで禁じられた。

【Q】京都議定書との違いは。 【A】京都議定書は日本を含めた先進国だけが排出削減の義務を負いました。... どの国も削減目標を自由に設定できるのも京都議定書との違いです。

気候行動サミットに続き、24日には「SDGサミット」、25日には気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書の発表があり、削減強化への機運が醸成される。 ... 小泉環境相は...

97年に京都議定書が採択された。

平成の環境産業史(7)環境経営 持続可能性とは結びつかず (2019/5/15 建設・生活・環境・エネルギー2)

同年、先進国に温室効果ガス削減義務を課した京都議定書が発効した。 しかし、当時の最大排出国であった米国が議定書から離脱したことにより、「日本の経営者は“不平等条約”と口々に言い、真剣...

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が8日、京都市内で開幕した。... 日本は特に、温室ガスの排出量算定の分野に約20年間積極的に取り組んでおり、1997年に京都議定書が採択された京都...

昭和終盤に有害紫外線を防ぐオゾン層がフロンなどで破壊されることから、これらを規制するモントリオール議定書を1987年に採択した。... 各国が地球環境保全に向けて取り組むことで合意、その後、条約締約国...

「京都を繰り返してはいけない」と語るのは、地球環境戦略研究機関前理事長の浜中裕徳さん(現特別研究顧問)。1997年の京都議定書の議論を振り返る。 ... 採択された京都議定書に産業界...

1997年(平9)、京都市で開かれた気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)の政府代表団として京都議定書の採択にも立ち会った。先進国が温室効果ガス排出削減の義務を負った京都議定書は、気候変動対策...

COP24で運用ルールを合意できないと、現在の京都議定書が終わる20年からパリ協定をスタートできない可能性があった。

COP24開幕 パリ協定実施指針を議論 (2018/11/30 素材・ヘルスケア・環境)

(編集委員・松木喬) パリ協定は京都議定書の後継として20年以降に始まる。... 現状の京都議定書では国連の管理下で取引されている。

三菱日立ツール野洲工場 開発技術部技師 吉岡 尚吾  京都議定書やパリ協定といった、地球環境問題に対応するために、製品の軽量化や小型化...

気候変動、交渉本格化 国際会議、相次ぎ開催 (2018/9/5 素材・ヘルスケア・環境)

先進国だけが温室効果ガス削減義務を負った京都議定書と違い、パリ協定はすべての国が目標を掲げて参加する。

■京都でCOP3 97年12月に京都市で第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)が開かれた。採択された議定書は「京都議定書」として、地球環境保護の代名詞にもなった。 &#...

京都市、10日に地球環境京都会議 (2017/12/7 中小企業・地域経済1)

京都市は10日に国立京都国際会館(京都市左京区)で、京都議定書誕生20周年を記念した「地球環境京都会議2017(KYOTO+20)」を開く。「気候変動への更なる挑戦〜京都議定書からパリ協定へ〜」「環境...

(編集委員・青柳一弘) トランプ・ショック 前進ムードに水 パリ協定は先進国に温室効果ガス排出削減を義務付けた京都議定書(97年、COP3で採択...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる