497件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

JDI、“仮想訓練場”提供 液晶パネル依存から脱却 (2020/2/26 電機・電子部品・情報・通信1)

ジャパンディスプレイ(JDI)は、仮想現実(VR)ソリューション市場へ参入する。... HMDだけでなく、複数台のカメラとパソコンを設置して利用者の動きをVR空間内に再現するトラッキングシステム構築や...

産業春秋/オンライン発表 (2020/2/25 総合1)

2030年頃の6Gの世界ではオンライン上の仮想空間に記者と社長の分身が集まった発表会が開かれ、人工知能(AI)が原稿を自動執筆するかもしれない。

【A.仮想空間でサービス提供】 NTTドコモは、2030年頃の導入を見込む携帯通信規格「第6世代通信(6G)」に関する技術概念(ホワイトペーパー)を公開しました。... 【A】メガネ...

デジタルツインとは、センサーやカメラなどから得た現実世界の大量のデータを基に、デジタル空間に物や人、仕組みなどの事象を再現する。

5Gの特徴は超高速大容量、高信頼低遅延、同時多数接続で、これらの特徴を正しく使うとサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実世界)が高度に融合し、社会構造革命が起きる。... サイバー空間にフィジ...

フォークリフト編では仮想空間を舞台に、事故に至る動画の中から注意ポイントを見つける。

自動で目的地まで航行するヨットや仮想現実(VR)の動きに合わせて匂いを広げる付属装置、植物の育成状況を観察できるIoT(モノのインターネット)プラントなどを手がけている。... 同社が見据えるのは生活...

仮想空間内でバレンタインチョコを渡されたり、渡せたりするVチューバーもいる。

音響定位技術普及へ NECなど6社が新組織 (2020/2/5 電機・電子部品・情報・通信1)

NECなど6社は4日、音響定位技術や拡張現実(AR)技術を活用した「空間音響MR(SSMR=写真)」サービス事業の促進に向けて「SSMRビジネス推進コンソーシアム」を設立したと発表した。... SSM...

現実空間を仮想空間に再現するデジタルツイン、3次元データを活用するアディティブマニュファクチャリング(付加製造、AM)など、最新デジタル技術を駆使し、北陸で未来のモノづくりを先んじて実現するのが目的だ...

ラティス・テクノロジー(東京都文京区、鳥谷浩志社長、03・3830・0333)は、大容量3次元(3D)モデルを仮想現実(VR)で検証できるソフトウエア「XVL Studio VRオプション(XVL V...

ドアを開けエンジンを始動させるのはスマホに配信された仮想キー。... AR・VR 【旅行・ライブ、臨場感再現】 軽量化したメガネ型の拡張現実(AR)/仮想現実(VR...

6Gの世界ではメガネ型端末の進化で、現実の体感品質を超えるような仮想世界でのサービスを提供できるようになると分析。 サイバー空間上の仮想空間内で複数の人物が会議や作業を行える。...

展望2020/NTT社長・澤田純氏 光通信基盤で国際連携 (2020/1/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ビッグデータ(大量データ)を効率良く収集する基盤技術、(サイバー空間上に現実世界と同様の仮想世界を作り出す)デジタルツイン技術などIOWNの核となる技術開発に強みを持つ当社や、通信機器技術や素材技術に...

オプション機能として専用ソフトでワークのCADデータを取り込み、仮想空間上で加工箇所や条件を入力すると、ロボットの動作経路を自動生成。... 19年12月に都内で開かれた展示会「国際ロボット展」で、仮...

不二越、ロボットセル投入 動作経路自動生成、導入容易に (2020/1/9 機械・ロボット・航空機1)

オプション機能として専用のソフトウエアでワークのCADデータを取り込み、仮想空間上で加工箇所や加工条件を入力すると、ロボットの動作経路を自動生成する。装着したワークの位置をロボットに教示すると、実機と...

車いすでも乗降しやすいよう、低床で広い車室空間と停留所に正確に止まる制御技術などを採用した。... LQはAIを使った仮想の車載アシスタント「YUI」が会話や表情、動作などから乗員の状態を把握し、最適...

明電舎、沼津に研修拠点 保守・サービス人員育成 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

新棟には仮想現実(VR)などを利用した教育プログラムを導入する計画で、現場の実経験が求められる同事業の分野で人員を充実させる。... 社外向けにも活用する計画で、日常の現場で起こり得る危険な事例などを...

人間と同じ空間で、共に活動するサービスロボットが本格始動することになる。 ... 入場無料で、仮想現実(VR)ゲームの体験デモのほか、ゲームアプリ開発や周辺機器・アイテム、VRなどの...

2―3年後の海外展開も視野に入れ、同分野で現実世界の情報を仮想空間で即時に再現する「デジタルツイン」の活用を国内外で加速させる。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる