電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,086件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

日立建機、既存建機をICT化 後付け装置発売 (2024/5/16 機械・ロボット・航空機1)

日立建機は15日、国内市場向けに、標準仕様の油圧ショベルに3次元(3D)設計データとバケットの位置情報との差のガイド機能を後付けする装置を発売したと発表した。顧客は...

車両の位置情報などデータ取得に用いる。

位置情報を基に近隣のあらゆる情報を取得できる「iエリア」といったiモード関連サービスを複数手がけ、その反響の大きさに携帯通信の可能性を感じた。

ブルートゥースに対応し、点検場所の位置情報や時間、漏洩の有無をリアルタイムで管理して送信。

日野自、ゴミ収集状況を可視化 車両の動態管理 (2024/5/7 自動車・モビリティー)

管理者との迅速で正確な情報共有が可能になる。... 同サービスはゴミ収集車両に専用の機器を取り付けて位置情報を取得する。... 住民から寄せられた収集漏れの連絡など、管理者と現場作業員との迅速な情報共...

ランプ、変革期照らす新技術 (2024/5/6 自動車・モビリティー)

ライダーは対象物までの距離や方向といった位置情報を高精度に測定できる。... 市光工業は車載ランプが車の前方に位置している利点を活用。... 光らせ方やどんな情報を表示したいかなどは完成車メーカーごと...

GRIFFY、建設作業員向け体調管理ソリューション 大林組と開発 (2024/4/18 電機・電子部品・情報・通信1)

リストバンドにより収集された現場作業員の心拍数と位置情報、計測器により収集された建設現場内の暑さ指数から、独自計算アルゴリズムで計算された指標が閾値を超えた場合、作業管理者に対し注意喚起メールを送信す...

ニューノーマルで輝く(108)レスター キャラが案内、自然な対話 (2024/4/16 電機・電子部品・情報・通信2)

商業施設に設置されているシェルルは、顧客が探している店舗の位置情報、ベビーカーや車いすを借りられる場所などの案内ができる。... 導入企業はシェルルを通じて、問い合わせ内容や問い合わせをした人の年齢、...

「これまで蓄積したデータなどの強みを生かし、電気自動車(EV)向けに航続距離を算出するアルゴリズムなどを含む位置情報サービス(LBS)を提供していきたい。

「(農機を使う場所が)都会だと位置情報の取得は全地球測位システム(GPS)で事足りるが、地方だと電波が届かなかったり、乱れたりすることがたくさんある。

ブルーイノベ、ドローンで超音波測定 船舶など足場不要 (2024/4/11 機械・ロボット・航空機1)

測定結果は即時に表示され、ドローンの飛行位置情報とセットで記録されるため飛行後の解析で位置を特定できる。

小糸、車載向け短距離LiDARを初受注 「レベル4」対応 (2024/4/11 自動車・モビリティー)

受注したのは車両の周囲40メートル程度の対象物について、距離や方向といった位置情報を高精度に測定できるライダー。

NTTコム、SIMにアプレット領域 自販機用決済端末に (2024/4/10 電機・電子部品・情報・通信1)

SIM内部で決済関連の機微情報を安全に処理可能。... NTTコムは今後、アプレット領域を持つSIMが収集できる回線品質や簡易位置情報などを一元管理できる基盤を実装予定。... アプレット領域の情報を...

日本トムソン、高精度位置決めテーブルに新仕様 (2024/4/10 機械・ロボット・航空機2)

リニアスケール上の絶対位置情報を読み取るため、電源再投入時の原点検出動作や磁極位置検出が不要となる。... 高速シリアル通信で要求に応じて位置計測を実施するため、高分解能でありながら高速移動が可能。ま...

ソフトバンク、ARで座席案内 福岡PayPayドームで実証成功 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信1)

参加者がパネルに近づくとBLEビーコンからの信号で位置情報を測定。カメラからの画像情報を通して機器の位置や向きを測定するバーチャル・ポジショニングシステムを用い、ARグラスを通してパネルを認識すること...

ドローンは画像と位置情報を入手できるため、有事の際、敵側に機体を乗っ取られるなど悪用される可能性がある。... 内倉浩昭航空幕僚長は、「宇宙分野を手がける企業は裾野が広く、さまざまな交流情報で刺激を得...

ドコモなど、自動運転型の草刈り機実証 衛星通信活用 (2024/4/9 電機・電子部品・情報・通信2)

機体の四方に設置したカメラから映像や機体の位置情報、自動運転走行ルート情報などを複合的に目視で確認することで、遠隔地からでも機体の状態をリアルタイムに把握可能。

1990年代初頭に開発したロータリーエンコーダー(位置検出器)は世界最小クラスを実現し、その特徴から「マイクロエンコーダー」と称される。... ロボットハンドなどの位置情報から力をセン...

JR東の気仙沼線BRT、自動運転レベル4認可 (2024/3/25 生活インフラ・医療・くらし)

BRT専用道内に2メートルごとに敷設された磁気マーカー(一部無線識別〈RFID〉付き)と車両の磁気センサーで自車位置を特定、正確な自動運転を実現する。 レベル4ではさ...

マリーナを利用する側はアプリから2次元コードを読み取ることにより、利用海域の特徴や自船の位置情報などを画面上で確認できる。 マリーナを管理する側は所属するレンタル船の位置情報を陸上で...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン