19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

住友鉱山、SDGsを経営の柱に 「30年の姿」示す (2020/3/5 素材・医療・ヘルスケア)

これらのありたい姿を実現するための具体的な施策として、JV銅鉱山の生産体制強化やニッケル低品位鉱石のさらなる活用などを掲げた。 また、二酸化炭素(CO2)排出抑制の効果が期待される車...

2020年1月から予定されていたインドネシアの低品位鉱石の輸出禁止措置が即時発動されるとの報道などを受けて、供給不安が高まっている。... ニッケル鉱の最大産地であるインドネシアは、精錬業の強化のため...

湿式製錬法のMCLE法(マット塩素浸出電解採取法)により高純度の電気ニッケルを生産するとともに、HPAL(高圧硫酸浸出)という技術を導入し、従来処理できなかった低品位鉱石を用いたニッケルの商業生産にも...

ニッケル鉱石の最大産地であるインドネシアが、2020年1月から低品位鉱石について輸出を禁止すると発表したことを受け、需給の逼迫(ひっぱく)懸念が価格を下支えしている。... インドネシアは、精錬業の強...

インドネシアは、精錬業の強化のためニッケル鉱石の輸出を14年から禁止したが、17年からは5年間の限定措置として低品位鉱石の輸出を解禁していた。... インドネシアはニッケル鉱石の生産量で世界シェアの約...

ニッケル鉱石の最大産地であるインドネシアが12月に鉱石輸出を禁止するとの報道を受け、供給懸念の高まりが相場を押し上げている。... 14年には精錬産業の育成のためニッケルなどの鉱石輸出を禁止したが、1...

インドネシアの政府高官が7月上旬の議会で、2022年からニッケルなどの鉱石の禁輸再開を示唆したことで急激に上昇していた。... インドネシアは精錬産業などの育成のため14年から鉱石輸出を禁止し、17年...

14年には国内精錬業の育成のためにニッケルなどの鉱石輸出を禁止したが、17年以降は、22年までの時限的措置として低品位鉱石の輸出を認めていた。 ... 低品位鉱石の精錬も可能となるこ...

【高品位鉱石枯渇、需給構造が変化】 スズ価格が急伸している。... 今最もはやされているのは、ミャンマーの高品位鉱石の枯渇だ。... 現在では低品位鉱石の採掘に移行し、選鉱設備の遊休...

住友鉱はフィリピンの2拠点で低品位なニッケル酸化鉱からニッケル・混合硫化物(MS原料)と呼ぶ中間原料を回収する。... 従来は廃棄していた低品位鉱石から有価金属の回収を実現し、高いコスト競争力をもつ。...

急伸の背景としては、中国の環境保護部門による8省区での環境保護検査、インドネシアの政策、そしてミャンマーでのスズ鉱石採掘の変化などがある。... 大部分はミャンマーからの低品位鉱石である。 &...

チタン鉱石を製錬して作るスポンジチタンは、溶解・成形されたインゴットを経て、合金に加工され、ジェットエンジンや発電・化学プラントの部材などに使われる。... そこで両社は安価な低品位鉱石の利用率拡大と...

受注したニッケル製錬プロジェクトの一部工程は原料の低品位鉱石を洗ってふるい分ける前処理設備、中和用の石灰石を粉砕して粘性液体(スラリー)を生成する設備の2種類。

同社はニッケル製錬を戦略事業と位置づけ、低品位鉱石から中間製品であるニッケルコバルト混合硫化物(MS)を回収するHPAL(高圧硫酸浸出)法を使うフィリピン・タガニート建設プロジェクトに着手している。

自社の製錬所で使う鉱石を確保することに力を入れ、鉱山事業の収益基盤を固めたい。... 独自に開発してきた湿式製錬技術、日鉱式塩化法は低品位鉱石を資源化できる。これまで原料として使えなかった鉱石が使える...

住友金属鉱山は低品位のニッケル鉱石を濃縮処理するフィリピン・コーラルベイ(CBNC)プロジェクトの拠点に2011年夏までに渇水対策用の貯水池と周辺設備を造成する。... 住友鉱のCBNCプロジェクトは...

地中深くに手つかずで残るばく大な低品位鉱石からも銅を生産できる手法として期待が高い。... (北東京・東和宏、山形支局長・大矢修一) 【一部で実用化】 銅製錬は、鉱石を高温で溶かして銅...

また、09年度の協会の課題として低品位鉱石からの金属製錬技術など技術の提供を通じた資源の安定確保やリサイクル体制の構築、レアメタル(希少金属)の回収などを挙げた。

一つは低品位鉱石の積極利用だ。... それに対して低品位の鉱石を利用した金属をつくろうという考え方があり、鉄では既に始まっている。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる