697件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

住友重機械工業/圧縮機1台で最大11台運転可能 住友重機械工業はクライオポンプ「SICERA=写真」を出展する。

住重、電動射出成形機を拡充 超高速型8機種に (2020/9/28 機械・ロボット・航空機1)

住友重機械工業は超高速全電動射出成形機「SEEV―A―SHR」シリーズの品ぞろえを強化する。

住重の通期見通し、当期益77%減 回復は下期以降 (2020/8/31 機械・ロボット・航空機1)

住友重機械工業は新型コロナウイルス感染拡大の影響で未定だった2021年3月期連結業績予想を開示し、当期利益は前期比77・1%減の75億円の見通しとした。... 受注後のリードタイムが比較的短い精密機械...

三菱重工業(国際会計基準)は事業損益で新型コロナによる影響が430億円の減益要因、川崎重工業も営業損益で同202億円の減益要因となった。... 川重は同社として過去最大の社債600億円を6月に発行し、...

重工業では、三菱重工業が「殺菌機能を備えた空調設備」、川崎重工業が「ロボットによるPCR検査の自動化」、IHIが「オゾン機器」の開発などに取り組む。... 二つの設問を合わせて、現状は「1割以下」だが...

建設機械大手4社の2020年4―6月期連結決算は、全社の売上高が前年同期比2割を超える減少となった。... 住友建機を主体とする住友重機械工業の建機部門も国内需要は堅調で、油圧ショベルや部品・サービス...

住友重機械工業は5日、造船子会社がロイド船級協会から液化天然ガス(LNG)と重油を燃料に使う中型タンカー(写真)の設計基本承認を取得したと発表した。... 子会社の住友重機械マリンエンジニアリング(東...

欧米や中国でハイパワーの高級機種を展開し、車向けとそれ以外の航空宇宙・産業機械向けがそれぞれ販売の約半分を占める。日本スピンドルも同じ機械を手がけ、日本国内やアジア向けを中心にカスタマイズしたコンパク...

三菱重工業は経団連の方針に沿った対策ガイドライン(指針)を運用する。... 三井E&Sホールディングスは工場のシフト勤務や毎日の検温を行い、川崎重工業と住友重機械工業も対策を強化している。

工作機械技術表彰・助成決まる 振興財団 (2020/6/18 機械・ロボット・航空機)

工作機械技術振興財団(東京都目黒区、河野博文代表理事、03・5731・0709)は、工作機械に関する優れた論文に贈る「第41次工作機械技術振興賞」に計21件を選んだ。... (敬称略) ...

三菱重工業とIHIは在宅勤務を継続して、社員の出社率を5割を目安に抑える。川崎重工業は各部門や事業所の状況を踏まえながら徐々に通常勤務に戻す。... 住友重機械工業は社員に在宅勤務を推奨する。

新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、建設機械各社は2021年3月期の利益確保に向けてIoT(モノのインターネット)やレンタル事業などに活路を見いだす。... 新型コロナの影響で建機の販売が落ち込み...

造船・重機5社の2020年3月期連結決算が28日出そろい、営業(事業)損益は3社が減益、三菱重工業(国際会計基準)と三井E&Sホールディングス(HD)は赤字だった。... 川崎重工業は新型コロナが営業...

【高知】高知工科大学総合研究所マテリアルズデザインセンター(高知県香美市、山本哲也センター長、0887・57・2180)とリガク(東京都昭島市、志村晶社長、042・545・8111)、住友重機械工業の...

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた安倍晋三首相の緊急事態宣言から一夜明けた8日、機械各社は在宅勤務の拡大など対応強化に乗り出した。... 住友重機械工業も在宅勤務だが、工場は稼働を続けている。.....

住重、使い勝手向上したインバーター (2020/4/6 機械・ロボット・航空機2)

住友重機械工業は、インバーターの新商品「HF―430NEOシリーズ=写真」を発売した。

【ブレない軸持て 三菱重工業・泉沢清次社長】 新型コロナウイルスや景気不透明な時代だからこそ、ブレない軸を持ち、社会に貢献することが必要だ。... 【まず基礎固めを 川崎重工業・金花...

石巻に国内最大級バイオマス発電施設 日揮が受注 (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

ボイラは住友重機械工業の再熱方式の循環流動層(CFB)ボイラを採用した。

感染による死者が急増しているイタリアでは、IHIや住友重機械工業が現地工場を停止。... 住友重機械工業も、イタリアにあるサーボモーター関係の工場を16日に操業停止した。... また三菱重工業は欧州で...

住友重機械工業は、加速器を用いたホウ素中性子捕捉療法(BNCT)治療システム「ニューキュア=写真」と線量計算プログラム「ドーズエンジン」について、厚生労働省から新医療機器としての承認を取得した。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる