電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

548件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

元住友金属工業(現日本製鉄)会長・社長で関西経済連合会会長や関西経済同友会代表幹事を歴任した新宮康男(しんぐう・やすお)氏が10日死去した。... 新宮氏は1948年に...

同計画は住友金属工業(現日本製鉄)の埋め立て地で1995年に検討開始。

激動の経営/尾高ゴム工業(1)「ガチャマン」の狂騒 (2023/9/5 中小・ベンチャー・中小政策)

脱繊維、鉄鋼向けにシフト 鉄鋼向けゴムロールで国内トップシェアを誇る尾高ゴム工業。... 和歌山は住友金属工業(現日本製鉄)の企業城下町“鉄の街”として栄えていた。&...

熟練作業を分析、技能「見える化」 住友精密工業は航空機の脚・プロペラ、熱交換器、油空圧機器、半導体製造装置など多様で精密なモノづくりを強みとする。... (大阪・田...

【和歌山地区】雇用「影響出ていない」 新日本製鉄(現日本製鉄)と住友金属工業が合併して10月で丸9年。

日鉄は住友金属工業との統合、日新製鋼の買収など再編を繰り返してきたが、設備の多くは温存してきた。

最長の41年務めた後、当時30%出資する筆頭株主だった住友金属工業(現日本製鉄)出身で専務の土屋義夫氏が社長を継いだ。

住友金属工業と経営統合の検討に当たった宗岡正二氏は、12年の新日鉄住金発足で住金の友野宏氏と会長―社長の二頭体制を敷いた。

新日本製鉄と住友金属工業の合併、日新製鋼の買収を経て大きな再編は一段落しつつあるが、選択と集中に終わりはない。

フェローテックセラミックスはベンチャー企業として創業し、住友金属工業(現日本製鉄)の一部事業も継承している。

経営ひと言/明電舎・竹川徳雄取締役「安全を体感」 (2019/10/29 電機・電子部品・情報・通信2)

「住友金属工業(現日本製鉄)鹿島製鉄所で体感したのがきっかけ」と振り返るのは、明電舎取締役兼専務執行役員の竹川徳雄さん。

鹿島アントラーズは新日本製鉄(現日本製鉄)と合併する前の住友金属工業(同)で活動していたサッカー同好会が母体。

山下社長も住友金属工業(現日本製鉄)を経て、兵庫県立大学工学研究科准教授だったという経歴の持ち主。

八幡製鉄と富士製鉄の合併で新日本製鉄が70年に誕生して以来30年余り続いた新日鉄、川鉄、NKK、神戸製鋼所、住友金属工業、日新製鋼(現日鉄日新製鋼)の大手6社体制が幕を下ろした。...

住友金属工業(現新日鉄住金)の鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市)でも激しい揺れで港を含む設備が損壊し、燃料ガス貯蔵庫から火の手が上がった。

住友金属工業(現新日鉄住金)との共同出資会社、新日鉄住金ステンレスへ2003年に移ってから7年後、取締役常務執行役員営業本部長の時に、現役復帰の機会が訪れる。

1960年に東京大学を卒業後、住友金属工業(現新日鉄住金)に入社。

「現社名には“鋼板の新日本製鉄(現新日鉄住金)”と“鋼管の住友金属工業(同)”の両ブランド力を生かそうという狙いを込めた。

1977年に高校卒業後、住友金属工業(現新日鉄住金)鹿島製鉄所に入社した。

2012年10月、当時の新日本製鉄と住友金属工業が合併して現社名になった時から新日鉄出身のある最高幹部はこの日が来るのを予想していた。 現社名の新日鉄住金という商号も「『住友』の名称...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン