87件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

明暗の周期が頻繁に変わり体内時計が適応できない環境では免疫に関わる遺伝子ネットワークに変化が起きた。... 明暗の周期が頻繁に変わり体内時計が適応できない条件では、マウスの寿命が短縮した。... 明暗...

(木曜日に掲載) ◇産総研 バイオメディカル研究部門 生物時計研究グループ 研究グループ長 大石勝隆 哺乳類における時計遺伝子の発見に沸いた98年より体内時計と代謝...

ノア、スイス社製切削油を発売 医療機器の規格準拠 (2019/10/22 機械・ロボット・航空機2)

医療機器部品用と時計など精密部品用の2製品を用意。... 医療機器の生物学的安全性評価に関する国際規格である「ISO10993」に準拠し、細胞毒性や体内への拒絶反応がない。

体内時計に関連する遺伝子が発現すると発光するよう遺伝子改変したマウスから、体内時計の中枢となる脳組織「視交叉(こうさ)上核(SCN)」を採取し、マイクロ流体デバイス上で培養した。その結果、培養開始から...

東京大学大学院理学系研究科の深田吉孝教授らは、約24時間周期の体内時計のリズムを生み出す全遺伝情報(ゲノム)配列を特定した。... D―boxの制御により、体内時計の時刻合わせができるようになると期待...

昨今、人の健康に配慮した製品に注目が集まる中、太陽光でサーカディアンリズム(体内時計)を整える効果も期待される。

作業員が身に付けた腕時計型のウエラブル端末などにより、温湿度といった周囲の環境や作業員の脈拍を測定する。 ... 熱中症は高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、調整...

この配列に異常があると、体内時計をつかさどる時計遺伝子が正常に働かなくなる。... その結果、マウス体内に時計遺伝子が存在するにもかかわらず、わずかな刺激で活動と睡眠のリズムが崩れた。このため、時計遺...

REV―ERBsはこれまで体内時計に関連する時計遺伝子として研究されていたが、痛みの制御機能については不明だった。

事業承継ストーリー(4)日本電鍍工業 (2018/12/11 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は長年、腕時計のメッキを大黒柱に、好業績を収めてきた。しかし、時計産業の構造変化などから需要が激減し、一本足打法のもろさが露呈した。... 「素人だから、『腕に付けるか体内に入るかの違いだけ。

体内時計との関連が明らかになり、ストレスマネジメントやストレスを原因とする疾患予防への応用が期待される。

体内時計の24時間周期、京大が決定酵素発見 (2018/5/22 科学技術・大学)

体内のリズムに関わる「時計遺伝子」の構造を安定化し、体内時計の周期をゆっくりにする酵素を新たに見つけた。... 時計遺伝子の突然変異を引き起こして体内時計を速める酵素を生み出す遺伝子を調べた。この遺伝...

昼夜逆転は「体内時計」の乱れによって生じる。

時差ぼけの主因は、脳波活動からホルモン生成や細胞再生に至る全てをつかさどる体内時計を狂わす24時間周期の乱れだ。  カンタスと共同研究を行っているシドニー大学・チャールズ・パーキンス...

午前中に体の状態をピークにするため、起きて太陽を浴びるタイミングと朝食の時間で体内時計を調整することが求められる。 ... 体内時計を数時間ほど前倒しするため、太陽と同じような高照度...

欧州宇宙機関(ESA)の「サーカディアンリズム」(体内時計)という医学実験に参加中です。

【名古屋】名古屋大学環境医学研究所の早坂直人特任准教授らは、リン酸化酵素である「SIK3」が哺乳類の体内時計の駆動に不可欠であることを突き止めた。SIK3を作る遺伝子が欠けたマウスを解析した結果、体内...

ショウジョウバエで体内時計の分子メカニズムを解明した研究者が受賞する。 日本では体内時計の健康への影響を調べる臨床研究が本格化する。... ひげを抜き、毛包細胞の遺伝子発現から体内時...

2017年のノーベル生理学医学賞では、いわゆる“体内時計”の研究者が受賞の栄に浴した。体内時計と関係が深い睡眠への注目も高まる可能性がある。

今年のノーベル賞の自然科学3賞は「体内時計」「重力波」「顕微鏡」に決まったが、いずれも精密な観測によって成果を上げた研究という共通点がある。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる