電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

641件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

人手不足が進む日本の作業現場における負担軽減ニーズに対応する。 ... 中国では鉱山や港湾などの現場を中心にすでに100台超の機械の導入実績がある。 ... 住友商...

建設機械は岩盤やコンクリートの掘削など過酷な作業現場で使われることが多く、部品交換やメンテナンスは必須。... 「稼働時間から定期メンテナンスを案内したり、現場に行く前に修理内容を検討したりできる」。

日立建機、アフター強化 交換・修理など予防保全提案 (2024/4/8 機械・ロボット・航空機1)

従来はサービス員が一度帰社してから処理作業をしていたため対応に日数がかかり、他社製部品に流れてしまう例もあったという。 また実習用に導入した20トン級ショベルは、汎用モデルで現場で稼...

遠隔での油圧ショベルの操作性と作業効率の向上が見込める。2024年度中に顧客の作業現場で実証実験を行い、具体的な効果を検証する。... ダム建設など広大な作業現場や、洪水や地震で人が入りにくい現場など...

愛豊工業、2種の高圧ノズル採用 靴底クリーナー (2024/3/26 機械・ロボット・航空機2)

手すりに触らず、作業用具などを持ったままで利用できる。... 同時に、側面の2カ所に配置したパンカルーバーから吹き出す高圧エアで、靴周りと作業ズボンの裾に付いた粉じんを除去する。... 農作業やゴミ焼...

ものづくり現場のリアル英会話(13) (2024/3/14 マネジメント)

Real English Conversations LESSON 13 ...

沢井薬、品質保証体制を強化 専門2部署新設 (2024/3/8 生活インフラ・医療・くらし2)

デジタル変革(DX)で作業現場の透明性を高める。 ... 木村社長は「現場とマネジメントの距離短縮やコミュニケーション力向上など土壌を良くすることが使命だ」と捉え、自...

タクマ、ロボで金属くず搬送・回収 播磨工場に導入 (2024/3/1 機械・ロボット・航空機)

今回のシステムでは、切粉を搬送するAMR2台、切粉の回収作業を行うアーム型ロボット1台をそれぞれ導入した。... 切粉が満杯になると作業者が機械付近のボタンを押すことでAMRが作動。... 今後、部品...

非接触でタッチパネル操作 両備システムズが装置開発 (2024/2/27 電機・電子部品・情報・通信)

非接触でコンピューター類を操作できるため、医療現場や飲食店、手が汚れる作業現場などでの応用を想定。

アイホー、DXで生産性改善 年1300時間圧縮 (2024/2/20 機械・ロボット・航空機1)

これまで技術部門を中心に既存資料のデータ化に取り組んできたが、生産現場での導入も検討し始めた。 ... 現場に保存した標準仕様の部品図面は7万点以上で、特別仕様は10万点以上になる。...

SWCC、ケーブル工事遠隔支援・履歴管理システム 人材育成で採用 (2024/1/24 電機・電子部品・情報・通信2)

通信回線を通じてセンター事務所の技術支援者と作業現場を映像と音声で即時につなぐ。 ... 技術支援者は一つの画面で数カ所の現場を同時に管理可能。... 電力インフラ分野では、設備の老...

キャタピラージャパン/旋回アシスト 油圧ショベル (2024/1/22 新製品フラッシュ2)

作業現場の生産性向上と工期短縮に寄与する。

東海機械、工場にタブレット20台 紙を削減、作業効率向上 (2023/12/25 機械・ロボット・航空機)

製造現場にタブレット端末20台を配置して、作業指示書などの用紙を削減した。... 2023年春に、全社に無線LANのWi―Fi(ワイファイ)を導入し、このほど半導体製造装置関連の作業現...

作業員の運転支援や安全確保の機能により、作業現場の生産性向上と工期短縮につなげられる。... アドバンスドアシストは、仮想の設計面を作成してバケットの刃先と仮想設計面の距離を車載モニターなどで作業員に...

重機2台、効率作業 コベルコ建機は安藤ハザマと共同で、重機の遠隔操作システム「K―DIVE」と自動運転技術を複合的に活用した建設作業現場の安全運用検証を実施した。現場の油圧ショベル2...

ネジを優しくピッキング シンカーが新型ロボハンド開発 (2023/11/21 機械・ロボット・航空機1)

今後、作業現場などで実証実験を重ねながら製品化を進め、2024年度中に量産体制を整えて25年度の発売を想定する。

作業現場が見えない状況でも専用ゴーグルの立体視映像を見ながら操作できる。... 林業現場での労働災害の減少につなげる。 作業者の安全確保をテーマに約6000万円かけて開発した。

エヌエスティー、ボール盤巻き込まれ体験装置を刷新 (2023/10/31 機械・ロボット・航空機2)

【浜松】エヌエスティー(浜松市北区、服部貴応社長)は、作業現場の安全教育に使う「危険体験装置」シリーズの「ボール盤巻き込まれ体験装置 BT-100」...

山本光学、最適形状で曇り抑制 現場用保護メガネ (2023/10/4 機械・ロボット・航空機2)

【東大阪】山本光学(大阪府東大阪市、山本直之社長)は、顔にフィットしやすい作業現場用保護メガネ「SN―610=写真」を開発した。約300人の作業者の顔データ...

レグラス、後付けAIカメラを開発 建機の安全性向上 (2023/9/26 機械・ロボット・航空機2)

作業現場での使用試験などで改良を加え、2024年夏の商品化を目指す。... ベテラン運転者が退職した建設現場では運転初心者がハンドルを握ることも多く、「危険運転の防止やチェック、指導にも活用できる」&...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン