2,523件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

普通鋼電炉12社の通期見通し、8社増収 2社黒字転換 (2022/5/19 素材・医療・ヘルスケア2)

主原料の鉄スクラップなどの高騰が収益を圧迫する中、工期がある建設案件向けの棒鋼系メーカーが円滑に価格転嫁できるかが焦点となる。... 事業展開する国・地域で濃淡はあるが現時点で「価格転嫁ができている」...

経営ひと言/虹技・山本幹雄社長「過去最高を予想」 (2022/5/19 機械・ロボット・航空機2)

利益は減少しており価格転嫁が「後手後手に回った」と振り返る。

全国地方銀行協会の柴田久会長(静岡銀行頭取)は18日の会見で「価格転嫁できるかが(取引先の)企業収益に大きく影響する」と危惧。... 円安などの影響では「原材料高を中小...

また原油・原材料高に伴う中小向けの支援では、特にロシアへの経済制裁で価格高騰の影響を受ける業界への重点的な価格転嫁対策の検討を要請した。

特殊鋼7社の通期見通し、6社増収・5社経常減益 (2022/5/18 素材・医療・ヘルスケア)

鉄スクラップなど原材料価格の上昇分を鋼材価格に反映させるが、企業によっては転嫁の時期ズレも生じかねない。... 特殊鋼以外に磁性材料、電線材料など広く手がけており、自動車、半導体関連需要増を見込みつつ...

伝動ベルト3社、原材料費高騰も好業績 車・産機需要が回復 (2022/5/18 機械・ロボット・航空機1)

製品価格転嫁や経費削減などの活動が一層重要となる。

十分とは言えない、中小による発注企業への価格転嫁を促す必要がある。 ... 原材料・部品の仕入れ価格上昇に頭を悩ませており、発注企業への適正な価格転嫁が求められる。 ...

電機8社の通期見通し、5社増収 市況回復・販価引き上げ (2022/5/17 電機・電子部品・情報・通信1)

23年3月期は「21―22年度のコストアップ分の約40%を価格転嫁できるよう顧客と相談し進める」(増田邦昭常務執行役)方針。... パナソニックホールディングス(HD&...

電線4社の通期見通し、全社営業増益に 競争力高め世界で稼ぐ (2022/5/17 電機・電子部品・情報・通信2)

利益を死守するためコスト低減を徹底するほか、適正な価格転嫁も顧客に要請する考えだ。

店売り流通は仕入れ値高に伴う採算確保を図るため「荷動きに関わらず粛々と価格転嫁を進めていく」(流通筋)と販売姿勢を一段と強めている。... 流通は原料事情を主因とするメーカー値上げに即...

中国のマグネシウム地金の対日輸出価格は、足元の気配値がトン当たり5650ドル前後と、前月比で約9%安く、年初比では約2割安い。... また、日本のアルミ圧延品メーカーは当面必要なマグネシウム添...

価格転嫁も徐々に進み、全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)も4月に2%前後の高水準が見込まれ、22年春闘の賃上げ分が相殺されかねない。 ... 原材料やエネル...

総合化学5社の通期見通し、4社増収 製品値上げ進展カギ (2022/5/16 素材・医療・ヘルスケア)

総合化学5社の2023年3月期業績は、原燃料価格高騰に合わせた製品値上げの進展がポイントとなる。... 各社は原料価格が上振れても、値上げにより利益確保に努める。 ...

東レの通期見通し、売上高12%増 (2022/5/16 素材・医療・ヘルスケア)

原燃料価格高騰などは価格転嫁の推進で対応する。

日本も石油や天然ガスの契約更新時、価格交渉が難しくなる可能性はある。... ところが今は脱炭素関連や食料など幅広い資源価格が上昇し、円安がそれを増幅させている。... 資源高や円安で幅広い輸入品の価格...

【A.取引適正化で価格転嫁実現】 経済産業省・中小企業庁は2022年度から受発注間の取引実態を調査する専門調査員「下請Gメン」を倍増したよ。... 【A】「岸田文雄...

高炉3社、「実力事業利益」どう確保 前3月期は高水準 (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

業界の足元は原材料価格高騰、部品不足の影響長期化で下振れ懸念もある。... 鉄鋼部門で原材料上昇分の価格転嫁の遅れが解消し、素材系全般で自動車の挽回生産による販売数量増を見込むため。 ...

セントラル硝子、板ガラス事業を子会社に移管 (2022/5/12 素材・医療・ヘルスケア2)

板ガラス生産2窯を停止し、固定費削減や高騰する原燃材料の価格転嫁を進めているが、収益改善に特化した体制に抜本的に変える必要があると判断した。

ただ出荷時期などから「価格転嫁の足並みがそろうのは6月以降になりそうだ」(同)とする向きが多い。 ... 転嫁未達だった高炉系ガス管など...

経営ひと言/東リ・永嶋元博社長「原価低減に注力」 (2022/5/11 建設・生活・環境・エネルギー2)

「価格転嫁が後追いになり、値上げが追いついていないことが要因」と分析。 ... 「販売価格の早期浸透、原価低減に向けた取り組みに注力」し、収益改善に急ぐ。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる