電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

220件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.022秒)

「これは俺の仕事だ。

「俺はアートの存在理由を、人間の想像力の拡張だと思っている。

「絶対に俺がやると決めたらやるんだ」と奮い立たせた。

これまでは一番の専門家である俺の言う通りにしろというマネジメントをしてきた。

俺が埼玉県を愛しているなら、それでいい」とは川越市の17歳。

激動の経営/布目電機(4)注文ー標準品まで幅広く (2023/9/29 中小・ベンチャー・中小政策)

ワンマンで会社を引っ張ってきた布目の口癖は「俺が枕を高くして寝られるようにしろ」。

ボスは機嫌を損ね「俺の方こそ上げてもらいてぇな」と返す。 ... 労働者のおいらは、雇い主のボスに何度も給料を上げてと懇願するが、ボスは「お前のために俺の会社はつぶせねえな」とけんも...

2代目以降は「俺たちはそれはできない」と業界に先駆けて1968年、社内にコンピューターを導入した。

復興は君たち若い世代に託す』というごあいさつをいただき、俺たちの世代でやってやるんだ、という気持ちを強くしました。

「『俺に付いてこい』ではなく意識を共有すること。

数年前の部品メーカーの集まりでの発言を記事にした時に「俺、こんなこと言ったかなあ」と言われ血の気が引いた。

これは「俺の背中を見て学べ」的な発想で、慎重派の若い方には合いません。

「俺がやらねば誰がやる」。

激動の経営/岩田鉄工所(4)経営者という人生 (2023/2/3 中小・ベンチャー・中小政策)

しかし「俺にできることは何か」。

また「やっぱり『俺の背中を見て盗め』が必要だ」と考える人もいます。

愛知県内の中小企業で構成する「俺らFactory Man」(大藪めぐみ代表)は15日、「第3回くだらないものグランプリ」を開催する。

同社の製造現場はもともと「誰かが5マイクロメートルの精度で切ると、俺は4マイクロメートルで切る、というモノづくりが好きな職場」(熊田氏)と話す。

(誘った)俺に感謝しろよ」と言われた。

俺もやった』といえるのは大きいことかなと思っています。

激動の経営/三星毛糸(1)“アトツギ”のあり方模索 (2022/1/25 中小・ベンチャー・中小政策)

「俺が死んだ後にやってくれ」。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン