181件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

欧州一般データ保護規則(GDPR)、日本の改正個人情報保護法など、自国外への事業者にも適用を求める個人データ保護規制が世界各地で制定されている。製品・サー...

データ保護規制の最前線(9)KPMG AIシステムのリスク (2021/12/3 電機・電子部品・情報・通信)

これまでも、趣味・嗜好や経済・健康状態といった個人のプライバシーの推定や差別的な取り扱いにつながるリスクがあるAIシステムは、各国の個人データ保護法令による規制の対象となる場合があった。 &#...

データ保護規制の最前線(8)IoTデータ活用時のリスク (2021/11/26 電機・電子部品・情報・通信)

IoT機器から収集したデータは、機器の操作情報や家電のオン・オフの情報など、一般的にそれら単体の情報で個人を特定することは難しい。しかし、個人の誰かの情報や人が操作した情報は、特定できる場合が多い。....

データ保護規制の最前線(7)域外移転に必要な措置 (2021/11/19 電機・電子部品・情報・通信)

令和2年改正個人情報保護法では、海外にある第三者への個人データの提供に関する改正が行われた。個人データ取り扱いの透明性を高めるため、個人データを域外移転する際、移転先でど...

こうした背景から令和2年改正個人情報保護法では、個人の権利を重要視する方向で要件を大きく見直した。 従来から個人データの提供者である本人に利用目的など情報を通知する必要があ...

令和2年改正個人情報保護法では、データ利活用の促進を目的に「仮名加工情報」を創設した。 ... 一方で、個人の権益を保護するために創設した概念もある。... 多くの企業は、個人情報を...

データ保護規制の最前線(4)中国データ統制への対応 (2021/10/29 電機・電子部品・情報・通信)

21年9月には「サイバーセキュリティー法」で対象とするネットワーク上の脅威だけでなく、データ自体のセキュリティー保護にも着眼した「データセキュリティー法」を制定した。11月には個人の権利や利益を保護す...

データ保護規制の最前線(2)改正個人情報保護法への対応 (2021/10/15 電機・電子部品・情報・通信)

令和2年改正個人情報保護法の施行が、2022年4月1日に迫っている。政府の個人情報保護委員会もガイドラインやQ&Aを公表した。 ...

データ保護規制の最前線(1)複雑化する法令順守対応 (2021/10/8 電機・電子部品・情報・通信)

世界各国でデータ保護規制を強化する動きが広がっている。... いずれも前述のリスクに対する企業の管理責任を厳しく要求する傾向にあり、2022年4月に予定される日...

DACなど、電力情報生かし広告配信 地域特性を分析 (2021/9/3 建設・生活・環境・エネルギー)

電力使用情報から地域特性を明確にし、地域に見合った広告情報を配信するのが狙い。 ... この情報を元に、ウェブ広告配信の大手のDACがエリアターゲティング広告配信に活用する。 ...

経営ひと言/ディー・エヌ・エー・岡村信悟社長「感度を高く」 (2021/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

「個人情報保護法が改正されるのはニーズが変わっているということ。... 前身の総務省では情報通信行政に携わった。... 対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」問題で個人情報保護...

指針となる個人情報保護法はデータの利活用と規制のバランスがカギとなる。... 個人情報保護法は3年ごとに見直しがある。... 個人情報の取り扱いを定めた法令は「個人情報保護法」だけではない。

通信アプリ大手「LINE」の利用者情報が業務委託先の中国企業で閲覧可能となっていた問題で、総務省は26日、LINEに対し、電気通信事業法に基づき行政指導を行ったと発表した。個人情報や通信の秘密の保護で...

併せて、フィッシングの模擬演習などを定期的に実施することで、個人や部署、組織ごとのリスクを可視化し、組織全体の強みや弱みを数値で評価する。 ... 欧米を中心に拡大し、国内でも巧妙化...

LINEは業務委託先の中国子会社からの個人情報へのアクセスを即刻遮断したが、政府の個人情報保護委員会が指摘するように現状は「いわば止血した状態」にすぎない。... ここ数年は個人情報保護法の改正を受け...

個人情報管理不備、信頼回復急ぐLINE ZHD、特別委で企業統治検証 (2021/3/23 電機・電子部品・情報・通信1)

対話アプリ「LINE」利用者の個人情報が中国から閲覧可能になっていた問題が波紋を広げている。... LINEは個人情報の扱いに関する説明が不十分なまま、中国の関連会社から日本国内の利用者データへアクセ...

対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の個人情報管理に不備があった問題で、政府の個人情報保護委員会は運営会社のLINE(東京都新宿区)と親会社のZホールディング...

個人情報の取り扱いを定めた規約で十分に説明していなかった。政府の個人情報保護委員会に報告するとともに、近く調査のための第三者委員会を立ち上げ、運用の見直しを検討する。 ... 個人情...

国、地方、民間で異なる個人情報の定義を統一し、個人情報保護委員会が一元的に監視、監督する体制に改める。 ... また、民間事業者向け、国の行政機関向け、独立行政法人向けにそれぞれ個人...

これらの内容を盛り込んだ個人情報保護法改正案を2021年1月召集の通常国会に提出、成立を目指す。... 現行の三つの法制は民間事業者が対象の「個人情報保護法」、国の行政機関が対象の「行政機関個人情報保...

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる