電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

64件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

「オーダーメイド医療」の原点 中学2年生の時にスキーで右足の骨3本を複雑骨折して3カ月入院した。3学期は一度も学校に行けなかったが、手術を受けて普通に歩けるようになり「医療ってすごい...

ニュース拡大鏡/TXP、生成AIで医療現場支援 患者ごとに最適創薬 (2024/3/29 生活インフラ・医療・くらし2)

医療基盤・健康・栄養研究所と大阪国際がんセンターが取り組むがん治療や創薬のプラットフォーム事業に日本IBMなどとともに参画、患者還元型・臨床指向型の統合データ構築を目指す。

医療基盤研など、AI創薬基盤を拡充 有用なマーカー特定 (2024/3/7 生活インフラ・医療・くらし)

医薬基盤・健康・栄養研究所と大阪国際がんセンターなどは6日、人工知能(AI)を活用した創薬プラットフォーム事業を拡充すると発表した。... 医療現場の負担軽減にもつなげ「人為的ミスをゼ...

都合のよい時間に見て健康知識向上や健康管理につなげてもらう。 産学官連携フォーラムでは医薬基盤・健康・栄養研究所など研究機関が、がん免疫治療などでの研究成果を発表する。... 健康行...

住友ファーマなど、ワクチン候補製剤が多種インフルに効果 (2023/7/5 生活インフラ・医療・くらし1)

住友ファーマと医薬基盤・健康・栄養研究所、国立感染症研究所などのグループは、幅広いインフルエンザウイルスに予防効果を持つユニバーサルワクチンの候補製剤の作用メカニズムを解明した。

大阪府は国立循環器病研究センター、医薬基盤・健康・栄養研究所などと共同で出展する。

「医療を変える大きな力になる」と熱がこもるのは、医薬基盤・健康・栄養研究所理事長の中村祐輔さん。

ロート製薬など、薬用植物の工場栽培で連携 まず朝鮮ニンジン (2023/6/2 生活インフラ・医療・くらし1)

ロート製薬は医薬基盤・健康・栄養研究所(ニビオン、大阪府茨木市)、プランテックス(東京都中央区)と、薬用植物の工場栽培で共同研究契約を結んだ。... 供給を安定化できれ...

中部電など、再生医療・細胞凍結で連携 27年度実用化へ (2023/6/1 生活インフラ・医療・くらし)

【名古屋】中部電力と医薬基盤・健康・栄養研究所、菱豊フリーズシステムズ(奈良市、二宮一就社長)は、角膜や皮膚シートなど再生医療製品の凍結保存に向けた共同研究に取り組む。

乳幼児の健康に寄与する製品の開発や、適切な利用に役立つことが期待される。 東邦大学、国立健康・栄養研究所との共同研究。... ただ研究グループによると、日本のベビーフードの栄養学的な...

3月に国立健康・栄養研究所が東京都新宿区から大阪府摂津市への移転が完了し、2024年春に大阪市に未来医療国際拠点が開業予定。... 「吹田市民の協力ネットワークを活用して実証し、健康・栄養研や循環器病...

医薬基盤・健康・栄養研究所は、傘下の国立健康・栄養研究所を東京都新宿区から大阪府摂津市に移転し、開所式を開いた。医薬基盤・健康・栄養研究所は2015年に医薬基盤研究所と国立健康・栄...

3月までに北大阪健康医療都市(健都、大阪府吹田市・摂津市)に医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)の国立健康・栄養研究所やAI健康・医薬研究センターの東京からの移...

22年の3月には、地域で中核となりそれぞれの特色を発揮する福島県立医科大学、群馬大学、山梨大学、順天堂大学、滋賀医科大学、国立循環器病研究センター、医薬基盤・健康・栄養研究所、神戸薬科大学、徳島大学、...

医薬基盤・健康・栄養研究所などのプロジェクトチーム(PT)は、ヒトの成人は1日で総水分量の平均約10%を代謝によって体外に失っていることを突き止めた。... 同研究所運動ガイド...

12年のアメリカ細胞生物学会でのサンフランシスコ研究評価宣言(DORA)では、雇用、昇進、助成の際にJIFを含む学術誌ごとの定量的指標を用いないことが合意され、最近になって日本からもD...

日本では、医薬基盤・健康・栄養研究所(医薬健栄研)がこれまでAIによる創薬(創薬ターゲット探索、ターゲット分子や医薬品の構造予測、薬物動態予測)や医薬品のモダリティ&#...

ブラウティア菌を利用した創薬や健康食品などの開発につながると期待される。 医薬基盤・健康・栄養研究所やNoster(京都府向日市)などとの共同研究。

大阪府は、北大阪健康医療都市(健都、吹田市・摂津市)で産学連携コーディネート機能を構築する。健都の中核的機関である国立循環器病研究センター(国循)と医薬基盤・健康・栄養...

開発を進める厚生労働省所管の医薬基盤・健康・栄養研究所は15年度から、健康な日本人の腸内細菌のデータベース(DB)を構築し、これを公開して活用できるように取り組んできた。... 「2年...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン