電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,137件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

「光通信用途のインジウムリンや、航空宇宙、医療向けのカドミウムジンクテルルは競争がかなり激しくなっている。

ISSが通過する間に100万ビットの秘密鍵を光通信で共有できた。... 光通信で暗号鍵を共有して、電波でデータを送る。光通信のレーザーを絞り限られた範囲にしか暗号鍵情報が届かない。

東大の本郷キャンパス(東京都文京区)と柏キャンパス(千葉県柏市)をNTTの次世代光通信基盤「IOWN(アイオン)」で結び、柏キャンパスにあるクライオ電子...

オーブレー、曲げに強いジルコニアセラフィルム 電子回路向け (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社は工業用宝石の加工技術を強みに、精密宝石部品や光通信部品、小型モーター、医療機器などを製造・販売する。

APNは次世代光通信基盤「IOWN(アイオン)」の構成要素。

NTTは自社パビリオンで次世代光通信基盤「IOWN(アイオン)」をはじめ最先端技術を活用し、未来のコミュニケーションのあり方を示す。

山一電機、光通信コネクター拡充 DC向け大容量対応 (2024/4/11 電機・電子部品・情報・通信2)

山一電機は主にデータセンター(DC)内で使う光通信モジュール用コネクターの種類を拡充する。

日本電波工業、差動出力の水晶発振器 光通信機器向け小型2種 (2024/4/8 電機・電子部品・情報・通信)

日本電波工業は小型光通信モジュール向けの差動出力水晶発振器「NP2016SA」と「NP2016SB」の2種類のサンプル出荷を始めた。... 新製品を搭載する光通信モジュールは主にデ...

日本が世界で戦う上でも重要で、当社が進める次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」との親和性も高く、期待している。

電気と光を変換する光トランシーバーなどの光源として、海外IT大手のAIサーバー間における近距離光通信用途を想定する。

収益性を高めて20年、30年と安定運用するためにもNTT東日本やNTT西日本が推進する地域創生につながる活動もしていく」 【記者の目/DC分散配置に重要な役割】 &...

NECと日本オラクルはNTTの次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」をベースに、両社の技術を組み合わせることで、場所を越えた新たな協働・体験の具現化に向けた共創活動を始めた。&...

NTTとオリンパス、内視鏡映像クラウド化 遠隔診断実現へ実証 (2024/4/2 電機・電子部品・情報・通信1)

次世代光通信基盤を活用 NTTは自社の次世代光通信基盤「IOWN(アイオン)」を用いて内視鏡の映像をクラウド上でリアルタイム処理する共同実証実験を...

三菱電機、衛星不具合地上から発見 観測設備の知見蓄積 (2024/4/2 電機・電子部品・情報・通信2)

人工衛星事業で培ってきた強みを生かし、衛星―地上間の光通信技術の確立も図っている。... 今後、光通信によるレーザー光の受信を目指しており、実現すれば従来の電波より高速・大容量な衛星―地上間の光通信技...

経営ひと言/総務相の松本剛明さん「世界のトップを」 (2024/3/29 電機・電子部品・情報・通信)

研究成果の開示義務の廃止などで次世代光通信基盤の普及につなげ「世界のトップを走って頂きたい」。

財務分析(155)NTT EBITDA、27年度4兆円 (2024/3/28 マネジメント)

その一方で、自社の次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」やデータセンター、AI(人工知能)・ロボットに加え、金融・決済などNTTドコモの携帯通信にひも付く非通信...

50キログラム級超小型人工衛星の開発・軌道上運用技術や先端撮像技術、世界最大級の地上データの構築、光通信技術などの最新技術の開発を進める。

光通信で顧客DCを監視・最適化できるようになり、高速化と省エネルギー化が進む。 ... NTTは光通信の波長ごとにネットワーク中の信号強度を計る独自技術を組み込んだ。顧客のDCまで光...

国産生成AI基盤の未来 NTT「ツヅミ」始動(2)サカナAIと連携 (2024/3/26 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTの川添副社長は、独自のLLM「tsuzumi(ツヅミ)」と次世代光通信基盤の構想「IOWN(アイオン)」を用いたAIコンステレーションを目指す自社と考え方がかなり...

国産生成AI基盤の未来 NTT「ツヅミ」始動(1)「小鼓」の特徴生かす (2024/3/25 電機・電子部品・情報・通信)

膨大なデータを解析する生成AIの急速な普及で電力消費量の増大が懸念される中、自社の次世代光通信基盤「IOWN(アイオン)」と組み合わせることで世界に存在感を示す。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン