電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

249件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

高い解像度と低価格を両立する光造形樹脂3Dプリンターをモデルチェンジした。試作の域を出るために、新しい印刷機構を開発し高速造形を実現。... 従来機はレーザーによる点での造形だったが、面で造形するため...

光造形方式の樹脂型向けのセットなども販売し、年間合計120台の販売を目指す。

従来モデルは一点でのレーザー照射により造形する光造形(SLA)方式だったが、今回は液晶表示装置(LCD)での面照射造形により高速造形を実現した。... 高速造形に加え、...

株式上場ニューフェース/SOLIZE 実践・変革力で車設計支援 (2024/3/26 中小・ベンチャー・中小政策)

3次元(3D)プリンターの光造形技術を日本でいち早く採り入れ、金型製作に応用した同社の創業から35年目。... マニュファクチュアリングサービスでは量産品の製造にも手を広げており、23...

3Dプリンターは光造形・熱溶解積層方式の10台体制を備え、量産にも対応可能だ。

患者の血管の太さに合わせて造形でき、樹脂ステントの柔軟性や生分解速度を調整可能。... 生分解性樹脂のポリカプロラクトン(PCL)を光造形3Dプリンターで固めて立体構造を作る。樹脂は3...

光造形法と真空注型法を応用し、立体構造が複雑な子どもの心臓形状をリアルに再現した。... 同モデルは液体の光硬化性樹脂にレーザー光線をスキャン照射して硬化させ、層を積み重ねて製作する。

東レエンジ、3D造形機ラボを関西本社に移設 顧客提案を加速 (2023/6/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

造形物は幅375ミリ×奥行き375ミリ×高さ150ミリメートルのサイズまで対応可能。... 東レエンジニアリングが開発した造形方式は、光造形3Dプリンターで型となる枠を成形し、その...

造形重量や依頼回数に応じた7種類の月額料金プランを用意。... アクリル樹脂を材料とする光造形方式。... 従来、3Dプリンターによる造形を外部に発注する際は、造形品ごとに煩雑な発注手続きが必要だった...

金属イオン含有樹脂を立体造形して、この表面にメッキする。... 複数の樹脂を立体造形できる光造形3Dプリンターを開発した。標準の光硬化性樹脂と金属イオン含有樹脂を組み合わせて立体造形する。

光造形で光硬化性樹脂を立体造形してから後処理で導電性を持たせる。... 光硬化性樹脂に重合前のエチレンジオキシチオフェンを混ぜて立体構造を作り、酸化重合反応を起こして高分子とする。... 光硬化性樹脂...

熱方式と光方式を組み合わせて造形でき、それぞれの弱点を補う。... 造形スピードもつり上げ式で面として露光するため、一般的な光造形より2―3倍速い。... 以来、3D造形のノウハウを蓄積し、量産対応も...

新たに熱溶解積層法(FDM)、光造形方式の樹脂3Dプリンターや振動センサー、解析装置などを導入した。

振興財団、工作機械技術表彰に21件選定 来月贈賞式 (2022/5/31 機械・ロボット・航空機1)

(敬称略) 【論文賞】▽「Delamination-free drilling of carbon fiber...

光造形の3Dプリンターで樹脂をジャングルジム構造に造形し、焼成して賦活処理を施して立体的な細孔をもつ炭素電極を作製した。

第64回十大新製品賞/モノづくり賞 TKR (2022/2/21 機械・ロボット・航空機1)

「導入したばかりの機種より圧倒的にきれいで速い光造形だ」。... ビーム径の細さは、造形の精密さや光硬化型材料が固まる速度に影響する。... 造形物は、バット型容器に光硬化型材料を入れプラットフォーム...

製造業再生への針路 品質工学会(中)イノベーション (2022/2/3 機械・ロボット・航空機2)

02年にはMC複合型の金属光造形3Dプリンターの開発に成功。... 「当社は光造形など知らず、大反対した。... 光造形の安定化に苦労したが、開発や改良にフロントローディングの考えを生かした。

シンテックなど、患者負担少ない人工鼻を開発 23年春実用化 (2021/11/25 素材・医療・ヘルスケア2)

21年度は光造形の3次元モデルを作り、22年度に量産のための金型や機器を製作し、医療センターと評価を進める。

今回、ゲル状にした電解質材料に紫外線硬化樹脂を混ぜることで、光造形方式の室温3Dプリントに使えるインク材料となることが分かった。

ディーメック/車・家電部品など初期段階試作向け (2021/9/27 新製品フラッシュ2)

ディーメックは産業用光造形3Dプリンター「DARAM 3」を発売した。従来機と同様にSLA昇降方式で高精細な造形ができる一方、部品や工程の見直しで、従来の半分以下...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン