31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

アステラス製薬は、米バイオ企業のシアジェンと共同で開発する抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤「パドセブ」(一般名エンホルツマブ ベドチン遺伝子組み換え)について、米国食品医薬品局(FDA)へ一部変更の...

患者1人は免疫療法で治っており、新しい治療法の開発が進むことが期待される。 ... 男児1人には免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」を投与。... 母親由来の細胞は子にとって自分...

進行性の固形がん患者を対象に、富士フイルムのFF―10832とメルクの免疫チェックポイント阻害剤「キイトルーダ」を併用する臨床試験を2020年度中に米国で開始する。... FF―10832は、膵臓(す...

小野薬品工業は、がん免疫治療薬「オプジーボ」と抗がん剤「ヤーボイ」との併用療法について、進行非小細胞肺がんに対し最初に投与するファーストライン治療薬(第一選択薬)として、米国食品医薬品局(FDA)から...

オンコリスバイオファーマは、抗がん剤「OBP―702」を、人に使えるグレードの品質で製造する具体的準備段階に入った。... 臨床試験は、免疫チェックポイント阻害剤との併用を想定している。

MSDは、がん免疫薬「キイトルーダ」(一般名ペムブロリズマブ)について腎細胞がんと頭頸部(けいぶ)がんを対象に適応拡大の承認を取得した。... 腎細胞がんはアキシチニブとの併用療法で、頭頸部がんは単剤...

「次世代シーケンサー」を使って検体を網羅的に調べると4種類に分類でき、免疫チェックポイント阻害剤が効く可能性があるグループがあることが分かった。... 比較的予後がよい二つの病型では、免疫チェックポイ...

一大市場の肺がん領域の抗がん剤は、免疫チェックポイント阻害剤の薬価引き下げにより、2023年をピークに市場は徐々に縮小すると予想した。 ... 米メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」や...

同財団のナノ医療イノベーションセンターの片岡・喜納ラボと、免疫チェックポイント阻害剤を併用した場合のデータを採取する。... 抗がん剤「エピルビシン」を内包したミセル化ナノ粒子製剤「NC―6300」は...

頭頸部(けいぶ)がんを適応症とする免疫チェックポイント阻害剤との併用臨床試験に集中したい考えだ。 NC―6004は抗がん剤「シスプラチン」をナノキャリアの独自技術であるミセル化ナノ粒...

「免疫チェックポイント阻害剤を開発していたことが大きい。現在は放射線療法と併用しているが今後は免疫チェックポイント阻害剤と併用した臨床試験が始まる予定。... 「中外製薬は抗がん剤を得意とする企業。

生体を構成する物質で包んだ抗がん剤と免疫チェックポイント阻害剤の併用投与により、生存期間が延長するメカニズムを解明する。がん組織において、免疫応答を制御する細胞を標的とした新しいがん免疫療法を開発し、...

慶応義塾大学医学部の吉村昭彦教授らは、がん細胞を攻撃する細胞「T細胞」表面の免疫チェックポイント分子「PD―1」が、T細胞の機能を低下させる分子的な仕組みを解明した。... PD―1のような免疫チェッ...

慶応義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の本田賢也教授らは、免疫細胞の一種「CD8T細胞」を活性化させる11種類の腸内細菌を特定した。... この物質の働きにより免疫細胞が活性化し、殺菌作用が強化される...

「ウイルスで溶かすと、免疫チェックポイント阻害剤ががんの抗原を見つけやすくなる」と明かす。

実現すれば抗がん剤の投与量を減らせ、さらに副作用を軽減できる」 ―ミセル化する抗がん剤はどのように選びますか。 ... 「抗がん剤市場には、免疫チェックポイント阻害...

ステージ3のがんが消える事例もあった」 ―免疫チェックポイント阻害剤と併用する治験も実施するそうですね。 ... 溶かして免疫力が回復した状態で阻害剤を入れた方が効...

例えば、ある免疫チェックポイント阻害剤は、抗がん剤治療を2種類終えてからでなければ使えない。「抗がん剤治療を受けていない人に投与した場合の治療効果に関するエビデンスがない」という理由だ。 &#...

富士フイルムは13日、卵巣がんなどを適応症とする既存の抗がん剤「トポテカン(一般名)」を新規開発のリポソームに内包した薬剤「FF―10850(開発コード)」の臨床試験を2019年に米国で始めることを目...

富士フイルムは12日、抗がん剤「FF―10832(開発コード)」について、がん免疫薬の一種である免疫チェックポイント阻害剤との併用投与により高い薬効を発揮することをマウス実験で確認できたと発表した。富...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる