電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

910件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

大企業が利用する場合、従業員への還元や取引先への配慮などの経営方針を公表した上で、取引適正化を宣言する「パートナーシップ構築宣言」を専用サイトに掲載する必要がある。日産は3月に公正取引委員会から再発防...

斎藤健経済産業相は日本自動車工業会(自工会)の片山正則会長(いすゞ自動車会長)らと会談し、取引先に対して上昇したコストを価格転嫁するなど取引適正化を...

自民党の中小企業・小規模事業者政策調査会は3月、下請けへの買いたたき規制強化などを提言した中間論点整理をまとめた。... 調査会では2024年夏までに提言を取りまとめる方針だ。... これまでに企業庁...

なお、公正取引委員会は、労務費などが上昇しているのにもかかわらず明示的協議をせず価格を据え置く行為は、優越的地位乱用の恐れがあるとしている。

その後、公正取引委員会の審査の結果、排除措置命令を行わない旨の通知を受け取り、追加出資に踏み切った。

法令順守、緊急点検 日本自動車工業会(自工会)は日産自動車が公正取引委員会から下請法に違反して勧告された問題を受け、会員企業の法令順守の状況を緊急...

公正取引委員会は15日、下請け中小企業との取引において、原材料費や人件費などのコスト上昇分を取引価格に反映する協議を行わず、取引価格を据え置いたとして京セラやダイハツ工業、三菱ふそうトラック・バスなど...

公正取引委員会は特別調査を実施し、取り組みが不十分な事業者について独占禁止法に基づき、事業者名を3月中に公表する方針だ。 ... 植田和男日銀総裁は13日の参院予算委員会で「企業の賃...

日産自動車の内田誠社長は13日、オンライン会見し、下請法に違反してサプライヤーに支払う代金を不当に減額し、公正取引委員会から勧告を受けたことについて「重く受け止めている。

今春闘は日銀の政策修正にも影響するだけに、取引適正化の行方も焦点になる。... 公正取引委員会は23年11月、転嫁を促す交渉指針を公表し、取引適正化を訴える。... 同日会見した全日本自動車産業労働組...

公正取引委員会は23年11月、価格転嫁を促すため、発注企業と受注企業に求められる行動指針を公表。公正な競争を阻害する恐れがある場合は独占禁止法などに基づき厳正に対処するとした。... 岸田首相は5日の...

自民党の中小企業・小規模事業者政策調査会と競争政策調査会は12日、中小企業の価格転嫁徹底を求める提言書を岸田文雄首相に提出した。... 提言では日産自動車が取引先に支払う代金を不当に引き下げたとして公...

だが限界があり、公正取引委員会は23年11月、中小企業の賃上げ分の価格転嫁を促す指針を公表した。

下請法違反の未然防止要請へ 公正取引委員会が自動車業界の価格転嫁に、監視の目を強めている。... 業界では取引適正化活動が進められているが、一層の加速が求められる。 ...

7日には公正取引委員会が、日産自動車に対し下請け企業への納入代金を一方的に減額したとして再発防止を求める勧告を出した。... 経団連は24年版の経営労働政策特別委員会報告(経労委報告)...

日産自動車が下請け業者への支払いを不当に減額したとして公正取引委員会から勧告を受けたことについては「労務費を含めた価格転嫁のガイドラインをしっかり守ってほしい」と述べるにとどめた。

公正取引委員会は7日、取引先の自動車部品メーカーに支払う代金、約30億円を一方的に減額したとして、日産自動車に下請法違反で再発防止を勧告した。... 下請法では取引先の同意があっても、代金の減額を禁止...

公正取引委員会は近く、自動車部品サプライヤーへの納入代金を一方的に減額させたとして、日産自動車に再発防止などを求める勧告を行う方針だ。... 日産は公取委の指摘を受けて、対象となった取引についてはすで...

【名古屋】公正取引委員会は4日、中部地区(愛知・岐阜・三重県)の大口の都市ガス供給でカルテルを結んだとして、中部電力と販売子会社の中部電力ミライズ(名古屋市...

林芳正官房長官は4日の記者会見で、公正取引委員会が下請法違反で日産自動車に勧告を行う方針を固めたことについて「(公取案件の)プロセス一つひとつにコメントは控える」と述べた。その上で一般...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン